• sex
  • 2014.05.28

“連帯”が幸せな未来のカギ!夫と過ごす老後がいいとは限らない


【第52回】サザエさんのフネさんは48歳、現代なら美魔女?!

アルテイシア 官能女子 エロス セックス 結婚 友情 スピリチュアル 恋愛時代 フランス 友達 家族愛 青い鳥
by Lírica Aragão

AM編集部(以下、AM): 前々回の<支え合うパートナーは夫じゃなくてもいい>という記事の反響がとても大きかったです。
「結婚せずに女友達と暮らしたい」という女性が増えているなと感じました。

アルテイシア(以下、アル): 現実に30代前半の男性の2人に1人、女性の3人に1人が未婚ですからね。 
「結婚して子どもを産むのが普通」という価値観は崩壊していると思います。

AM: それでも「結婚しないと老後が不安、寂しい」と考える女性も多いですよね?

アル: 昭和のイメージが残ってるんじゃないかな。“老後は家族と孫に囲まれて…”っていう、サザエさん一家みたいな。
でもサザエさんの原作ではフネさんは48歳、サザエは27歳なんですよ。

AM: えっ、そんなに若いんですか?!

アル: 私も「フネの方が年が近い!」と衝撃でした。現代ならフネさんは美魔女ですよ(笑)。 
波平さんも70代のイメージだけど、55歳で石田純一より5つも年下なんです。現役の会社員ですからね、波平。
でも一番衝撃だったのは、アナゴさん27歳。

AM: あれで27歳は貫禄ありすぎますよ(笑)!

アル: サザエさんは昔話なんです。
現代のお婆さんって若くて元気じゃないですか。夫は妻に先立たれるとガクッとくるけど、妻は夫の死後シングルを謳歌するとか言われていますよね。

40代の女性から聞いた話で、70代のお母さんが夫の死後に弾けちゃって、女友達と遊びまくって彼氏もできたと。
それで「彼とBまでいった」とか報告してくるらしく(笑)、「生々しい話はやめてくれ!」と叫んでいました。

AM: 親のBは聞きたくないかも(笑)。
でもフネさんタイプより、シングルを謳歌するお婆さんが主流なのかもしれませんね。

養われるのも、自分で養うのも難しい社会

アル: 現時点で65歳以上の女性の55%がシングルだから、私たちの老後は8割以上がシングルになっているかもと思います。未婚の女同士で同居するケースも多いんじゃないかな。
周りでも「結婚はもういい、女友達とシェアハウスして暮らす」って計画を立てる女子が増えていますよ。老後が不安だからって、気の合わない夫と何十年も暮らす方がよっぽど不幸じゃないですか。

AM はい、そのストレスには絶対耐えられないと思います。

アル: 婦人公論とかの<夫の死を願う妻>系の記事を読むと、「早く死ねと願っている人間と住むって地獄だよな」と思う。それに耐えているのは、経済的に自立できないからですよね。
経済力さえあれば、生き方を自由に選べるから。 ただ、労働者の3人に1人が非正規雇用だし、未婚男性の4人に3人が年収400万以下。成人未婚者の8割がパラサイトという調査もある。
現代のパラサイトは、実家を出たくても経済的に出ていけない人達だそうです。
つまり男に養われるのも、自分で自分を養うのも厳しい世の中なんですな。

AM: なんだか目の前が暗くなってきました(笑)。

アル: 私だって不安ですよ!フリーランスだし。
だから、めっちゃ金勘定していますよ、『プロゴルファー猿』(by藤子不二雄Ⓐによる日本のゴルフ漫画作品)のように。
私は猿のように稼げないけど(笑)。

AM: 女友達も「石にかじりついても会社は辞めない」って言う子が多いです。

アル: たしかに正社員として働いて厚生年金と退職金を受けとるのがベストだけど、みんなが正社員になれるわけじゃないから。パイは決まっていて、女性は特に就職が厳しい。
そんな世の中だからこそ、連帯がカギだと思うんです。

たとえば月5万円貯めたら、17年後には1,000万の貯金ができる。
1,000万じゃ不安でも、女友達3人で集まれば3,000万になる。それでシェハウスすれば、老後は暮らしていけると思います。

親から住居を相続する人もいるだろうし、人口減少で中古物件も安く買えるだろうし。子どもがいないってことは、そのぶん貯金できるわけだから。
贅沢はできなくても、気の合う女友達と楽しく暮らせたら幸せですよね。

分断ブームは間違っている!

AM: 前々回も『日本は女性の経済的自立が難しいけど、女は話が合えば友達になれる。
だからマウンティングやヒエラルキーとか、分断するような発想にイラッとくる』と仰ってましたね。

アル: 連帯しなくてどうするんだ!と思うんですよ。
それに見栄の張り合いに興味のない女もいるのに「女はマウンティングするもの」と括られるのは迷惑だなと。 それって「男社会の思うツボじゃねーか」って。

オッサンは女の戦いとか大好物だし、「女は陰湿」「男の友情こそ本物」とか言いたがるでしょ?
私も女から陰湿なイジワルをされたこともあるけど、それは「そいつ」が陰湿なだけであって、「女は陰湿」と一括りにできませんよね?

女友達と集まると「マウンティングとかって面倒くせえな」「そんな本音で話せない関係、友達じゃないでしょ」って話すんですけど。
未婚でも既婚でも子持ちでも専業主婦でも、気の合う子は合うし、合わない子は合わない。話していて楽しい子は楽しいし、つまんない子はつまんない。
単なる属性であって、本質じゃないんだから。

AM: たしかに仲のいい友達は、未婚とか既婚とか関係ないですね。
属性で判断する人がマウンティングにハマるのかもしれません。

アル: 昔、仲のよかった女子がいたんです。私は独身の頃から、彼女の恋愛相談によく乗っていたんですよ。
で、結婚した後も相談に乗っていたら「上から目線やわ!」ってキレられて。話しいてる内容は前と全く変わらないのに、「はっ?何がじゃ」みたいな。
それで言い合いになった時に「自分は結婚しているから!」って言われて。

それで「ああ、この子は<独身より既婚が上>と思っているんだ」と気づいたんです。
私じゃなく彼女自身が自分を見下して、ヒエラルキーで自縄自縛になっていたんだなと。

AM: そのお友達とはどうなったんですか?

アル: 結局、疎遠になりました。価値観の合わない人と無理して付き合うとかできないから。
私は<既婚が上>なんて思ったことないし、「夫がいるから、子どもがいるから幸せ」なんて単純なものじゃないでしょ。幸せの基準は人それぞれなんだから。

私は属性で判断する人や、上下のモノサシで考える人とは合わないです。
そもそも「自分より下の存在を見つけて満足したい、優越感を味わいたい」って思想は、差別の根源でしょ?私はそういう価値観には関わりたくない。

AM: マウンティング、ヒエラルキー、カースト…そういうのに縛られる人と縛られない人の違いは何なんでしょう?

アル: 他人と比べて、他人にどう見られるか?をつねに気にするタイプは「人は人、自分は自分」と思えないのかも。
あと、視野が狭くて近視眼的だと思う。アフリカやアマゾンに行って「世界は広い、ちっぽけな自分!」と実感するといいかも。

でもそういう人は<ちっぽけな自分を実感しました>ってfacebookにUPしてイイネを求めるのだろうか。

「世の中、助け合いが基本だろーが!」

アル: ベビーカー論争なんか、分断ブームの最たるものでしょ?
ああいうの聞くと「ガタガタうっせえわ!世の中、助け合いが基本だろーが!」と思う。
ひと昔前は「車椅子の人はあんまり外出するな、ラッシュ時に電車に乗るな」と言われる風潮があったそうだけど、それと似ていますよね。

AM: 分断が進むと、ギスギスした住みにくい世の中になると思います。

アル: ほんとそうですよね。
「年下女子にアネゴ扱いされるのがイヤ、自分の方が若いアピールを感じる」的な意見を聞くと「どんだけ器がちっせえんだ」と思う。年上が年下の面倒みるのは当然だろって。
私は女の先輩達に面倒みてもらったから、自分も返したいと思う。

先日も、広告時代の8つ上の先輩と飲みに行ったんですよ。
彼女は小学生の息子がいるから、昼12時から居酒屋に行って、2人で日本酒8合飲みました。

AM: 8合!(笑)

アル: 2人で「昼酒サイコ~」ってバカスカ飲んで。

子どもができると話が合わなくなるとか言うけど、面白い人は子育ての話も面白いんですよ。真面目な話もすればバカトークもするしね。

AM: ほんとその人次第ですよね。同じ属性でも合わない人とは合わないし。

アル: 合わない人と無理して付き合う必要ないと思う。
私はそんな薄い繋がりよりも、濃い繋がりを持ちたい。女友達は少数精鋭でいいって主義です。

その「上から目線やわ!」の友達みたいに、別れもありますけど。
でも、ちゃんと残る友達は残りますよね。遠距離でたまにしか会えなくても、会えば一瞬でいつもの空気になるし。

AM: アルさんは女友達に恵まれている印象があります。

アル: 私は根っこが百合だから(笑)。
元彼に「俺と女友達どっちが大事なんだ?!」と聞かれて「女友達に決まってんだろが、笑止!」みたいな。

「元彼の男友達の彼女」として出会って、親友になった子もいます。
お互い当時の男とはとっくに別れているけど、我々の友情は続いてる。やっぱり恋愛より友情の方が信じられますよ(笑)。

女は話が合えば仲良くなるから、何歳になっても友達ができるでしょ?
彼氏や夫よりも、女友達を作る方がずっと簡単だし。
同性との出会いと繋がり大切にして、助け合っていけば、女の未来は明るいと思います!

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

Text/アルテイシア


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!


ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら