• sex
  • 2014.01.29

恋愛は選挙じゃない!「本命の1票」を手に入れる正しい方法/愛され痴女

 前回の「喪女から愛され痴女へ!恋愛とセックスで幸せになる方法」もあわせてご覧ください。

 先日AM編集部にうかがって、出張講座(笑)をしてきました。
恋愛とセックスについて語ったので、参考にしていただければ幸いです!


【第35回】本命を手に入れる「一本釣り」と「香水瓶の理論」

アルテイシア 愛され痴女 エロス セックス  レス 女性器 オナニー 小陰唇 性器 喪女 こじらせ 一本釣り 香水瓶の理論 選挙
by y sokoban_cn

AM編集部(以下、AM):前回記事の<恋愛は選挙じゃない>という言葉に目からウロコが落ちました。

アルテイシア(以下、アル):そう。恋愛は選挙じゃないから「多数の票を集める=男受け」を目指すんじゃなく「自分にピッタリの1票」さえ手に入れればいい。
だから一番大切なのは、好きな男に出会うこと。その「好きな1人」に好かるために、努力すればいいんです。

でも「多数の票を獲得する=男受けする女にならなきゃ」と努力する女性が多い。それで別キャラを目指して疲れ果てて、「男受けしない自分はダメだ」と自信を失って、本来の魅力まで失っていく。で、ますます本命から遠ざかる。

そういう女性には、まず前提を疑ってほしいです。「私、政権与党になりたかったんだっけ?」って。
それでじっくり考えたら「違うよね、たった1人の支持者が欲しいんだよね」「それなのに男受けを目指すのは、目的も手段も間違ってる」と気づくから。

AM:前回も書いていた「自分の頭で考える」ってことですね。

アル:うん、モテ本を鵜呑みにしちゃいけない。<合コンで受けるのはこんな女子>って記事とかも(笑)。その手の記事を読んだら「でも合コンで受けたからって、本命と結婚できるの?」と考えた方がいい。

AM:たしかに、そういう子が結婚できてるとは限りませんよね。

アル:結婚できてないから合コンに参加してるんだよね?(笑)

編集部のみんなもそうだけど、コミュ力も高いし、オシャレで魅力的だし、飲み会で気づかいもできる。そんな女子にモテ本は必要ないし、それ以上、男受けテクを磨く必要もない。むしろ、磨くことですり減ってることに気づいてほしい。
私も独身時代「女子アナみたいなキャラを目指すべきか?」と、とち狂ったこともありました。でも、そんな私は魅力的だと思う?

AM:いや…アルさんの魅力が減っちゃうと思います(笑)。

アル:結局、女子アナの劣化版、三級品にしかなれない。で、それに惹かれる男も三級品なんですよ。無駄モテするだけで、ザコしか釣れない。それで「私が欲しいのはザコとは違うのだよ、ザコとは!ウワーン!」と泣くハメになる(笑)。

AM:(笑)。少しの票も欲しくて、撒き餌をまく努力をしたところで…

アル:その方法だとザコしか釣れない。
本命は底引き網漁じゃ釣れなくて、一本釣りしなきゃいけない。そもそも漁の仕方が違うんです。

AM:…その話、今すぐ周りの友達にも伝えます!

アル:ハイ、ぜひ伝えてくださいね(笑)。

フェイクの匂いに誘われるのは所詮ザコ!

アル:コンパで無駄モテしても「私にはこんなザコしか寄ってこない」と自信をなくすだけだし、「世の中にはつまらないザコしかいない」と希望もなくすし、「コンパなんか行ってられるか!」とやる気もなくすし、いいことは何もない。

AM:身につまされ過ぎて、心臓が痛いです(笑)。

アル:私は<香水瓶の理論>を唱えてるんだけど。
全ての女の子には、その人が本来もつ「オリジナルのいい香り」がある。でもそれは、香水瓶のフタを開けないと出てこない。コンプレックスをこじらせて「私には魅力がない」「本当の自分はモテない」とフタをしていると、マッチングする相手に出会えない。フェイクの匂いに釣られるのは、しょせんザコだから。
その人本来の魅力で勝負するのが、一本釣り。

だから、自分を信じる・自分を好きになる・自分の魅力を認める…って努力をした方がいい、モテテクを磨くよりも。そしたらフタが開いて、ピッタリの1票が手に入る。
伴侶って、おせんべいをパキッと割った片割れなんですよ。相手に合わせて自分を削らなくても、ピッタリと合う人。

AM:それには「自分を認めること」が大切なんですね。でも自信がないと、それが難しくなってしまう。 


     

満たされたい欲求が不足していると…

アル:<承認のコップの理論>があって…ってこんな話ばかりして、坊主の説教か?私、ウザくない?

AM:いえ、聞きたいです!(笑)

アル:自分で自分を認めてる人、つまり自己承認できてる人は、コップが8割くらい満たされてる。だから「他者からの承認」を必死に求めずにすむ。
そういう人は余裕があって魅力的だから、他者からも承認されて、つねにコップはいっぱい。

自己承認できてない人は、コップの中身が少なくて不安だから、ガツガツと他者承認を求める。
そういう人は「重い」と引かれがちだし、支配したい男につけこまれがち。いつまでも他人の評価に振り回されて、本当の自信が育たない。Facebookのイイネ!の数が少ないと不安になる人とか。自分で自分をイイネ!と思うことが大切なのに。

AM:そういう女子には前回の「喪女から愛され痴女へ!」を読んでほしいです。「SNSを控える」「キャラを意識しない」とかすごく納得しました。

アル:SNSにハマると「他人にどう見せるか」って思考パターンがクセになるから、他者評価に依存するし、自分で考えるクセも身につかない。だから、携帯をおいて旅に出るのはいいと思う。一旦、思考パターンをリセットするために。

私はネットもテレビもあんまり観ないんです。仕事で必要なモノと本当に好きなモノ以外は。じゃないと、考える時間を確保できないから。
「情報に遅れるんじゃ?」って不安になる人もいるけど、友達の<エッグベネディクト食べました>みたいな近況とか、特に知る必要ないでしょ(笑)。

AM:実はそんな情報が大半ですよね(笑)。
よく考えたらモテたいわけじゃないのに、女子アナキャラを演じて、婚活鬱になりかけてる友達もいます。

アル:婚活本って「女子アナ=おじさん受けするお嬢さんキャラになれ」って本ばかりだもんね。あれを素直に信じると鬱になる。
それじゃ、坊主が希望をもてる話をしましょうか(笑)。

底引き網漁ではなく「1本釣り」を!

アル:年上の女友達のエピソードなんだけど。
彼女は38歳の時に「子どもが欲しい、家族が欲しい…!」って声が腹の底から轟いたんだって。声というか、獣の呻きのようなものが(笑)『銀魂』の高杉のように。

で、彼女は十代の頃からアーティストの○○の大ファンなんだけど、仕事で○○の取材をねじこんだのよ。彼と結婚できないかな?と狙って。

AM:えっ、本気で狙ったんですか?(笑)

アル:うん。私も「あつかましいわ!」ってつっこんだんだけど―――
結局、彼女は○○のマネジャーさんと結婚しました。

AM:えええーーー?!すごい!!

アル:その彼女はいわゆる美人じゃないし、性格もガラッパチ系。
「結婚の決め手は何だったの?」って聞いたら「私も彼も酒が大好きで、お互い『こんな酒の強い奴と結婚したら楽しいだろう』と思った」って。

AM:いい話ですね……。

アル:もし彼女が「酒の強い女はモテない」と信じて「あんまり飲めないんです~」って女子アナキャラを演じたら、絶対マッチングしなかった。
やっぱり底引き網漁じゃなく、一本釣りなんですよ。

彼女はまさに海賊のようなんだけど。飲み会でも一升瓶をラッパ飲みしてて、「片手フックですか?」みたいな(笑)。
結婚してすぐ年子でポンポンと2人産んで、<半分の年のママ友がいます>ってメールをくれます。今もすごく幸せそうですよ。

AM:その話、婚活鬱になりかけの友達に伝えます!

アル:ハイ、ぜひ伝えてください。海賊でも幸せな結婚ができると(笑)。


     

モテ本は本命を遠ざけるだけ?

AM:アルさんもさんざん迷走して旦那さんに巡り会えたんですよね?

アル:ええ、瀕死でしたよ。戦場で頭に矢がささって「もはやこれまでか…ガハッ!!」みたいな。生き延びて結婚できたのは、キン肉マンやジョジョのおかげ…いや冗談じゃなく本気で(笑)。
キン肉マンから「パンツや屁を使って脱出する」って知恵を使うことを学んだし、ジョジョから「逆に考えるんだ」って発想の逆転を学んだし、多くを学びました。

AM:「おせんべいの片割れ」をゲットするには、モテ本よりも漫画を読めと(笑)。

アル:そう、モテ本は読まなくていい。ヘタに信じると本命から遠ざかるから。
私は大学生に「就活本を信じちゃダメ、ヘタに自己分析すると失敗する」ってアドバイスしてるんだけど、婚活と就活って似てるんですよ。

…続きは、次回<自己分析はNG!ピッタリの本命に出会う方法>でお届けします!

 質問や感想は、@artesia59までどうぞ~
そして、2/7(金)に、新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売されます!
ぜひお手にとってもらえると嬉しいです。      

Text/アルテイシア


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら