• sex
  • 2013.12.25

セックスの相性はよくなる!カップルの悩みを解決するベストな方法/愛され痴女


【第30回】女も「女目線」で考えず、男のエロスを理解しよう!

アルテイシア 愛され痴女 エロス セックス  レス 女目線 男目線 オナニー
by Robert Bejil

 男性に「男目線で考えるな」と訴えている私ですが、我々も女目線で考えず、男性を理解することが大切です。

たとえば<男はどんな時にセックスしたくなる?>というアンケートの結果は、以下の通り。

  1位 しばらくしてない時
 2位 雑誌やDVDでHなシーンを見た時
 3位 女性に体を触られた時


 このように、男のエロスは単純。単純すぎて屁が出るぜ、と思うかもしれません。しかし、女性誌にも屁が出るようなアドバイスが載っています。セックスレス対策として「間接照明でムードを演出」「アロマで官能スイッチをON」等など。
そんな努力をしても、彼らは反応しません。男女では“官能スイッチ”の場所が違うのだから

 男はシンプルに視覚と触覚で反応する生き物。だからまどろっこしいことをするより、一緒に風呂に入ってチンポを洗ってやる方がいい。セックスする日を決めておいて、オナ禁させるのも効果的。
また、セックスレスに悩む女性は「私のこと愛してないの?!」と訴えがちですが、ここも男女の違い。


男のオナニーは性欲を満たす即席麺のようなもの!

<自然に汁がストックされてムラムラするシステム=精子工場>がない女性にとって、セックスとは単に性欲を満たす行為ではなく、精神的な意味合いが大きい。
日本は風俗大国ですが、女性向けの風俗はほとんど見かけません。「愛のないセックスはしたくない」「好きでもない相手とはできない」と考える女性が大半だからでしょう。

 こういった違いを踏まえず「私のこと愛してないの?!」と感情をぶつけると、「それとこれと別だろ!」とケンカになります。それで地雷を踏んでしまい、別れ話に発展するケースも。

「どうして私がいるのにオナニーするの?!」と訴える女性もいますが、男性にとってオナニーとは、小腹が減った時にカップラーメンを食べるのと同じ。
「彼女の手料理よりカップラーメンが美味い」と思っているわけじゃなく、手っ取り早く性欲を満たすためにオナニーする。
だから「愛情が冷めた」「私に魅力がないの?」と女目線で考えて、シリアスに悩まないようにしましょうね。

 前回も書いたように、男性と話し合う時は、論理的に説明するのがベスト。

  「セックスするとオキシトシンってホルモンが出るんだって。これは幸せホルモンと呼ばれていて、愛情や幸福感を感じて、心が安定する効果があるらしいよ。欧米では自閉症の治療にも使われてるんだって」

「オキシトシンは男女共にオーガズムの瞬間にドバッと出るけど、好きな人と抱き合ってイチャイチャするだけでも出るらしい。セックスには精神安定剤っぽい役割もあるみたい。だから、たまにはセックスしたいな」

 …このように理屈で話した方が伝わります。
なにより、男は話の中身よりもテンションに反応するもの。冷静に話せばちゃんと聞くけど、彼女が「なんでわかってくれないの?!プギーッ!!」と豚っぽいテンションになると、委縮するか逆ギレします。
だからハート様じゃなく、ユリアのような微笑みを浮かべて、落ちついたテンションで話しましょう。

 女性は男性よりも、言語能力が高いと言われています。
言語能力を発揮して交渉上手になれば、セックス以外の場面でも役立ちますよ!

セックスの相性は、テクニックやフィジカルと関係ない

「相性が悪い」と嘆く女性もいますが、相性とはカップルで作り上げていくもの。マッサージと同じで「もっと右」「もっと優しく」と伝えながら、満足度を高めていきましょう。
生まれつきセックスが上手い男なんていないのだから、女性が教えない限り、彼らの技術は向上しません。愛され痴女になって、男性をテクニシャンに育ててください。

 一方、男性はフィジカル面を気にします。要するに、穴と棒の相性ですね。
ペニスのサイズ問題は、体位・角度・動かし方によっていくらでも調整できます(「愛され痴女のベスト体位と動き方」
早漏・遅漏といった問題も、「前戯で満足させてもらう」「挿入する前にフェラや手コキで早送りする」といった工夫で解決できます(「愛され痴女のセックスQ&A」

「ペニスの性能の違いがセックスの決定的差ではないということを教えてやる!」(*1)とシャアの心意気で、男性を導いてあげましょう。

(*1)モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないということを教えてやる!…ガンダムの登場人物、シャア・アズナブルのセリフ。圧倒的な性能を誇る連邦のガンダムに対し、「いかに高性能機であろうとパイロットのスキルが低ければ意味がない」と実戦で示した。


女性の“シチュエーション萌え”を正しく理解してもらおう!

 相性で問題になるのは、テクニックやフィジカルじゃなく、“エロスの嗜好”が合うかどうか。
「私はSっぽく攻められると萌えるけど、彼はそういうタイプじゃなくて…」といった場合。

 これも「こんな風にされるのが好き」と伝えることで、すり合わせは可能です。
ただし男性のエロスはAVで育まれているため、「Sっぽく攻められるのが好き」と言うと勘違いして、乱暴な手マンや高速ピストンといった勢いまかせ・力まかせなテクに走る。

 一方、女性が求めているのは「男らしく、ワイルドに、ちょっぴり強引に攻められたい」的なニュアンス。玄関で抱きしめられ、激しくキスされて、荒々しく服を脱がされ…みたいな。

 つまりは“シチュエーション萌え”です。

 男性はAV脳だけど、女性は少女漫画脳なんですね。
「彼に強引に攻めれて感じてるワタシ…キュン」みたいな。ぐいっと手首をつかまれたり、背中から攻められて首筋を軽く噛まれたりすると、ゾクゾクする女性は多い。でも、ぐいっとパンツに手をつっこみ、クリをガンガン攻められても痛いだけ。

 テクニックはあくまで基本に忠実に、ソフトな愛撫で十分に焦らしてほしい。それで「強引にされつつ焦らされて感じちゃってるワタシ…キュン」としたい。そんな複雑なファンタジーを理解させるには、視覚的に学ばせるのが一番。
女性向けAVメーカー・シルクラボさんの「俺様系男優さんによるSっぽいセックスを描いた作品」等をみせて、お手本にさせましょう。

 男性向けAVは、レイプモノや痴漢モノなど「本気で嫌がってる女性を無理やり犯す」系が多いけど、女性向けAVは根底にちゃんと愛がある。その違いを、全男性に理解してほしいものですね。

 昔、プレイのつもりで無理やり押し倒してきた相手を、とっさに撲殺しそうになりました。
不慮の事故を生まないためにも、AV洗脳の撲滅を願う私です。

     

エロスの嗜好が極端な男性には…?

 ある程度はすり合わせられるものの、エロスの嗜好が極端な男性は厄介。

 たとえば、普段はクールなのにセックスになると口調が豹変して 
「うんうん、そうかそうか、気持ちいいのかぁ~」と猫撫で声で話しだす男とか。
「気持ち悪ぃわ、テメーが!」と蹴りそうになるし、この“ギャップ萎え”のガッカリ感はすさまじい。
また、普段は男っぽい仕事ぶりの年上男性から 「乳首、つねって…もっと痛く」とおねだりされた時も、ヒィッとのけぞりました。

 ムカつく男の乳首をむしりとるのはやぶさかではないが、プレイの一環として求められると困惑する。
「この嗜好にマッチングする女性は少ないだろうなあ…ご愁傷様です」と思いながら、二度とするまいと心に誓いました。

 私はドS痴女系のビジュアルなので、誤解されがちなんですよね…リードするのは好きだけど、女王様の素質はないのに。SMバーに行った時も「女王様をやってください」とムチを渡され、天井から吊り下がったM男性を「ええい、はりつけ獄門に処してくれるわ!!」とビシビシしばきまくったら、フロアから笑いが起きました。
「超受ける!」「動きがコミカル!」とか言われ、ひょうきん女王様と化した夜。

 …ともあれ、極端な嗜好をもつ男女は、専門のバーなどでパートナーを探すのがオススメ。通常の範囲内の嗜好であれば、当記事を参考にして、すり合わせてくだされば幸いです。

 まあ正直「チンポ力・技術力・エロスの嗜好」とかが映るスカウターがあればいいのに、と思いますけど。そしたらマッチングも楽だし。宇宙世紀には開発されているだろうか…

 では、皆さまからの質問・相談もお待ちしています♪ AMのtwitterFacebookまでどうぞ~

Text/アルテイシア


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら