• sex
  • 2013.12.18

男を真のテクニシャンに育てる!「最高のセックス」のための3つのポイント/愛され痴女


【第29回】最高のセックスをする鍵は、男女の違いを知ること

アルテイシア 愛され痴女 エロス セックス バイブ 数字 データ 具体例 アンパンマンのマーチ 待って
by chantel beam photography

 前回<独りよがりにバイブをぶっこんでくる男は最悪だ>と書きました。

 昔、私も男に勢いよくバイブをぶっこまれて
「今のは痛かった…痛かったぞーーー!!!」とフリーザ様のように叫び、界王拳40倍返ししそうになりました。

 AV洗脳を受けている男性は「勢いまかせ・力まかせな愛撫」をしたがる。一方、女性が感じるのは「ゆっくり優しく丁寧な愛撫」。これだけ違いがあるのだから、女性が「もっと優しくして」「ゆっくり動かして」と言っても、男性はイマイチ理解できません。

 男性に理解させるポイントは<数字・データ・具体例>を出して、わかりやすく説明すること。

 私は男性向けにセックス記事を書く時、
<国内の調査によると、15%の女性が「セックス中いつも痛い、大抵痛い」と答え、60%の女性が「たまに痛い」と答えている>と数字とデータを出します。
すると男性は「そんなに痛がってるんだ!優しくなきゃダメなんだな!」としっかり脳に刻む。
<女の子の体はとっても繊細★だから優しくしてネ!>とか書いても、彼らの脳には響かないんですよ。

 それ以外にも、
・膣は入り口から1/3までに神経が集まっている
・Gスポットは膣口から約5センチのお腹側の壁にある
・膣の奥(ポルチオ)が感じる女性は、10人に1人程度しかいない

と説明すると「なるほど、奥よりも手前の方が感じるのか!」としっかり理解できる。

「優しく、ゆっくり」といった抽象的な言葉じゃなくて、
<クリはトラックボールを回す強さで、『アンパンマンのマーチ』のテンポで触ろう> と書いた方が「それが正解だったのか!目からウロコが…ッ!」と大きな反響が寄せられる。
お陰さまで、私の男性向け記事は「わかりやすい」と好評なのですが、それは説明の仕方を工夫しているから。

<男は理屈で動き、女は感情で動く>
<男は論理的思考力に優れ、女は共感力に優れる>

とよく言われます。もちろん個人差はあるけど、全体的にはその傾向が高いのでしょう。


セックスに繊細な男性には「待って!」で正しく指導

 皆さんも彼氏とケンカになって「なんで察してくれないの?!」と言ったら、
「そんなの、言ってくれなきゃわからないよ!」と返されて、
「いちいち言葉で説明しなきゃわかんねーのか、面倒くせえ!」と脳内シャウトした経験はあるでしょう。

 女同士なら言わなくてもわかるけど、男は言わなきゃわからない生き物。
でも言葉で説明すれば理解できるんだから、チンパンジーよりは楽じゃないですか。
セックスについても、わかりやすく説明してあげてください。
「ネットでこんなの読んだんだけど~」と、当記事から引用してくだされば幸いです。

 ただしチンパンジーより厄介なのは、彼らはセックスにおいてやたら繊細という点。
女性が「痛い!」と言うと「俺ってやっぱ下手なんだ…」と心とチンポが折れてしまう男性もいます。ほんと面倒くせえな。そのため、女性は気をつかって「痛い」と言えなかったり、痛い愛撫を終わらせたくてイク演技をしたりする。

 そんな女性たちにオススメなのが「待って」というフレーズ。

 私は下手クソな愛撫をされた時、「待って」と優しく相手の手に手を重ねます。そして「こうされるともっと気持ちいい」と自分の手を動かして、正しい愛撫を教えます。これは言葉で言うよりさらにわかりやすいし、視覚的にもエロいため、男性は「エ・ロ・い・ぞー!!」と叫んでペニスを巨大化させます、味皇のごとく。

 また、中イキするためにはクリの愛撫から切り替えるタイミングが重要。まだタイミングじゃないのに、相手が指やペニスを入れようとしたら、
「待って…もう少し続けて」とエロく言います。

 脳内では「まだイケねーわ!勝手に動くな!」とダメ出ししていても、この言い方だと先方は“おねだり”と受けとって喜ぶ。その後、満を持して「入れて…」とエロく指示を出します。
同様に「がっつかないで!」じゃなく「待って…もうちょっとイチャイチャしたいな(はーと)」と言った方がうまく伝わる。

男性をテクニシャンに育てるには<数字・データ・具体例>がポイント

<脳の作りから、女の方が言語能力が高い>とも言われます。女性が言い方を工夫して、男性をテクニシャンに育てれば、最高のセックスができますよ。
また、彼氏に「イッた?」と聞かれるのがプレッシャーという女性も多い。男性は「射精=クライマックス」なので「女性にもイッてほしい、イカせなきゃ!」という思いが強い。だから、AVの潮吹きに憧れるんですね。大量の汁が吹き出す=超絶オーガズム、と誤解しているから。

 今まで「やっぱ潮吹きって気持ちいんですか?!」と何人から質問されたことか。若い男子の多いバーとかで。
そのたび「あれは気持ちよくて膣から愛液が吹き出してるわけじゃなく、尿道と膀胱の裏をゴシゴシ刺激されて、尿道口からオシッコが吹き出してるだけ。あれだけの水分を蓄えられるのは膀胱しかないから」と説明して、憧れを叩き潰してきました。

 そのうえで、
「男性は9割以上がセックスでオーガズムを体験してるけど、女性は4割しかいない。
つまり、5人に3人の女性はセックスでイッたことがないの

「アメリカで大学生に調査したら、初体験でオーガズムに達した男性は79%だったのに対し、女性はわずか7%って結果だったのよ」

と説明すると「ええっ、そんなに少ないんですか?!」と衝撃を受けて「そうか、AVやエロ漫画はファンタジーなんだな…」と洗脳が解ける。そこから、
「女性のオーカズムは『こすったら出る』という男性と違って、繊細で複雑。『この刺激が気持ちいい=イケる』と経験を重ねながら、学習していくもの」

「それにクリでイク派が7割で、膣でイク派が3割。AVみたいに挿入でイケる女性は少ない。だから、キミたちはまずクリの愛撫をマスターしなさい…ところで、ちゃんとクリの位置は知ってる?」

 とお店のコースターの裏とかに、女性器の図を描いて説明します。
後日、その店に行ったらコースターが飾られていて、「先生が来たぞー!」と男子に囲まれました。
こうして草の根的に、テクニシャンを育てるべく活動している私です。セックス満足度ワーストの国の汚名を返上してほしくて。

 皆さんもバーで教えなくてもいいから、ベッドで彼氏に指導してあげてください。
その際は<数字・データ・具体例>を出して説明するのがポイント(面倒くさかったら、私のニコニコ動画の記事を彼氏に読ませてくださいね)

「相性が悪い」「彼氏が下手」ならカップルで作り上げていこう!

「彼氏が下手」「相性が悪い」と嘆く女性がいますが、習ってない科目はできなくて当り前。それに、相性とはカップルで作り上げていくもの。
マッサージも「もっと右…うん、そこ!」「もうちょっと優しく…そう、それ!」と伝えながらやりますよね?同様に、セックスでもインタラクティブ(双方向・対話型)な姿勢が不可欠。
彼氏が聞く耳をもたないなら、それはテクニックや相性じゃなく、人間性の問題。そんな男はさっさと見切りをつけて、次にいきましょう。

 読者からも<「もっと優しく触って」と言ったら「注文多いな」とキレられた><「おまえが不感症なんだろ」と暴言を吐かれた>といった声が寄せられます。
そんな男とは別れるべきだし、ついでに金玉をグーパンチしてあげるとよろしい。 (キックよりパンチの方が正確に狙えます)

 ネットに<金玉をぶつけるのは、地球の位置がちょっとずれるくらい痛い>というコメントがありました。それを夫に話すと「その通りだ、あれ以上の痛みはこの世にない…」としみじみ。
格闘家の夫はいつもケガだらけで、今もヒジを痛めてウンコもろくに拭けない状態なのに、「あれ以上の痛みはない」と断言する。

 男性は金玉を攻められたら「痛かったぞーーー!!!」と界王拳40倍返しもできず、無言でうずくまるしかないのでしょう。その時の戦闘力はきっと、ウーロン(*1)以下。いや、ウミガメ以下かもしれない(スカウターで測ったウミガメの戦闘力は0.001)

 つまり「タマを攻めれば、女は無敵」。そんな化粧品のキャッチコピーがありましたね) 無敵精神を胸に秘め、暴言を吐くような男には強気に出ましょう。
聞く耳をもつ優しい彼氏には、べつの意味でタマ攻めして、昇天させてあげましょうね。

 かくいう我々も女目線で考えず、男性を理解することが大切…というテーマで次回は書きます。
皆さまからの質問・相談もお待ちしています♪AMのtwitterFacebookまでどうぞ~

(*1)ウーロン…ドラゴンボールに登場するスケベな子ブタ。好きなものは女、嫌いなものは男とブスと豚肉。
ピラフが世界征服の願いを神龍に叶えさせようとした際、とっさに「ギャルのパンティーおくれ!!」と願いを叫び、世界を救った。



Text/アルテイシア


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら