• sex
  • 2013.12.04

エロスが枯れ始めた!自分のやる気がないセックスレスを解決する秘策は?/愛され痴女


【第27回】「最近、エロスが枯れてるかも…」と悩める女性たち、必見!

アルテイシア 愛され痴女 エロス 銀魂 セックスレス
by chispita_666

 週刊誌の記者さんからこんな話を聞きました。
「主婦向けのアダルト動画サイトって、朝の8時過ぎに一気にアクセスが増えるんですよ」

 ほほう。世の中の主婦は朝「いってらっしゃい」と夫を送りだした後、オナニーでスッキリしてから、日テレの『スッキリ』を観つつ家事をするのか。

 私のまわりは働く妻が多いのですが、この話をしたら
「うらやましい…私なんて最近エロスが枯れ果てて、オナニーしようって気にもならない」とおっしゃる。
官能小説に出てくる人妻は、しょっちゅう『体がカッと火照り、秘園がズクズクと疼く』ものですが、まわりの人妻たちは「秘園は微動だにしない」「体が火照ったとすれば、それは早めの更年期だ」と断言します。

 とくに子育て中の友人は「下の子に授乳してたら、旦那が『ボクちんもオッパイ欲しいでチュー』とか寄ってきて、ウザくて殺しそうになる」とボヤき、「あの旦那そんなこと言うの?キモーッ!」と盛り上がる。
そして「やっぱりセックスより女子会の方が楽しいよネ♪」という結論になる。


   

セックスレス最大の課題はメンタル

 以前、数年来セックスレスの友人が
「旦那がヤリたがってて、セックス復活しようと思うんだけど…今さら異物を受け入れる自信がない」と話した時は…

「事前に穴を拡張したら?ソーセージとか、人体に近いモノを入れて」
「細めのソーセージから試して、太めのハムに変えていったら?」
「あそこのスーパーは食肉加工食品のコーナーが充実してるよ!」
とスーパーの情報交換会になりました。

 穴はどうにか拡張するとして、最大の課題はメンタル。
「旦那に対して今さらその気になれない…」と相談してくる友人には「四の五の言わず、一発ヤれ」とアドバイスします。相手は「そんな乱暴な~」と言うけど、その気にならなくても、仕事だったらやるんだから。「どうせやるなら楽しくやろう」とモチベーションを高める努力もするし、イヤイヤ始めてもやってるうちにノッてきたりするもの。

「でもセックスと仕事は違うじゃない!」と反論されるけど、この“セックスは努力してまでするものじゃない”という考えが、セックスレスを招きます。


セックスの火を消さないために

 女性誌には<いつまでも男と女でいたい><夫婦になってもエロスを忘れたくない>とか書いてあるけど、あんなのは綺麗事。
長く付き合えば新鮮味が薄れて、ムラムラしなくなって当然。刺激やトキメキは薄れて、家族としての情や安らぎが育っていく、それが自然な流れです。

 アメリカ人の男友達は「アメリカではセックスしないと離婚されるから、ロマンチックなデートを仕込んだり、子どもと夫婦の寝室を分けたりして、セックスできる環境を整えている」と言います。
つまり、セックスを継続させるために努力している。

 セックスレスは<予防は比較的たやすいが、治療は難しい>と言われます。
いったんセックスの火が消えてしまうと、ふたたび火をつけるのは難しい。だから<火を消さない努力>が大切。

 もともと日本人は、セックスの火が消えやすい民族なのでしょう。モンゴイロイドは性欲が薄いと言われるし、日本には家族になるとセックスしなくなる文化があるから。
女性はとくに<自然に汁がストックされてヤリたくなるシステム=精子工場>がないため、間があくと「セックスってどうやるんだっけ?」「今さら恥ずかしいし面倒くさい」「もう一生セックスしなくていいかも」ってな気分になりやすい。

 以上を自覚して、セックスを復活したければ“自分でヤル気を出して、火をつける努力”をしてください。1回火をつけさえすれば、どうにかなるから。
「とりあえず一発やるぞ!」と目標設定して、旅行に行くなりデートするなり2人でAV観賞するなりして、シチュエーションを作りましょう。


「セックスのために欲情する」モードに切り替える

 準備体操として、エロスを注入するのもオススメ。
枯れ果てたエロスを復活させるため、好みのオカズ(エロティックな書物や映画など)に触れて「セックスっていいものだなあ」と気運を高めておく。
脳内彼氏を作って、トキメキを補充するのもよし。そのうえで、オナニーで自主錬するとなおよし。

「パートナーに対してその気にならないとセックスできない」という考えを変えないと、「今さらそんな対象に見られないから、やっぱ無理」と堂々巡りになりがち。
「相手に欲情するからセックスする」のではなく「セックスするために、みずから欲情する」という方向へスイッチしましょう。

 そして本番前にはオカズをフル活用して、エロスイッチをONにしてください。オナニーで寸止め状態にしておくもよし。
いざ本番中は「○○さんに犯されてる設定で」とか妄想すると、さらに気分が高まりますよ。


アルテイシア 愛され痴女 エロス 銀魂 セックスレス
『銀魂 1』/出版社:集英社/作者:空知 英秋/

 私は“銀魂の銀さんにヤラれてる設定”(*1)がお気に入りなのですが、さらに気分を高めようと、銀さんのコスプレ衣装を買ってみました。
夫は「よしきた!」と快諾してくれたけど(出自がオタクなので)、いざ着せてみたら体がでかすぎて入らない。しかたなく、私が着用してヤリました。なんでやねん。

 それはさておき。作家の岩井志麻子さんが「私には確実に欲情できるイメージがあって、そのイメージさえ思い浮かべれば、誰とやっても興奮できる」と語ってました。
このように“みずからエロスイッチを入れられる人”が、いくつになってもセックスを楽しめるのでしょう。

 

(*1)本作の主人公。何でも屋を営む侍で普段は甘党・無鉄砲・無気力なダメ男だが、いざというときの行動力や説教の重みには定評がある。通称「銀さん」「銀ちゃん」など。

     

「セックスはこうあるべき!」な理想に振り回されないで

 私が結婚8年目にして実感するのは「パートナーを性的対象として見られるのは、たまにセックスするからだ」ということ。ずっとやってないと、友達や兄弟みたいになるのは自然なこと。それはそれで居心地がいいし。
でもセックスしてる時だけは、相手の性的な面を垣間見られる。つまり四の五の言わずセックスすることで、その気が生まれるのです。

 過去のセックスレスをぶっとばす記事にも書いたけど、セックスのハードルを高くしないことも大切。
セックスが続いてる夫婦に聞くと「プロレスごっこから雪崩れこむ」「あんまりエロくなく、日常の延長って感じ」という声が多い。セックスはこうあるべき的な理想に縛られず、「とりあえず、さくっとやるか!」と気軽にセックスしてください。

 また、食欲のない人も美味しい物なら「また食べたい」と思うもの。同様に、気持ちのいいセックスなら「またヤリたい」と思うもの。過去記事を参考にして、セックスの満足度を高めてくださいね!


   

エロスや性的魅力よりも大切なこと

 仕事や家事育児に忙しい現代女性。女性誌には<つねに女でいることを忘れず、エロスを意識して>とか書いてるけど、そんなの実践してたら過労死します。

 私は家ではエロスなんか忘れていたいし、性的対象として見られる方がリラックスできない。
ソファに座ってボーッと下唇の皮をむいてる時に迫られたら、「下唇の皮くらい落ち着いてむかせてくれや!」と暴れたくなる。自宅でくつろげないなら、独身でいることを選ぶ。

 エロスや性的魅力よりずっと大切なのは、思いやりや想像力。
その気になれずセックスを拒否している人は「拒否された方は不満がたまるし、傷つく」ことを忘れないでください。

 たとえば夫に「月に一度は外で食事したいな」と言って「その気になれない」と拒否されたら、「ハアッ?!私はしたいって言ってるのに、なんだそれ!」→「この人、私のこと大事じゃないのかな」「もう二度と誘わない、他の人と食事に行こう」と思いますよね?

 つねに相手の立場を思いやることが、いい関係を続ける秘訣。
「女でいることは忘れても、思いやりさえ忘れなければ、どうということはない!」
シャアの声でそう宣言したい、アルテイシアなのでした。

 皆さまからの質問・相談もお待ちしています♪AMのtwitterFacebookまでどうぞ~


Text/アルテイシア

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら