• sex
  • 2014.01.14

6年間野外で触られ続けたけど…/宮崎あおい似の外資系投資OLの性事情(2)


 前回の外資系投資会社OLのLさん(26歳)へのインタビュー1回目「幼少時代はセックスにはあまり興味がなかった…」も合わせてどうぞ。

純情なキャラが定着して、エッチな物を見せてもらえなかった

遠藤遊佐 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――モテそうなルックスなのに「女の子」として見られることが多く、意外にオクテだったLさん。じゃあセックスのメカニズムについて知ったのは?

Lさん: えーと、中学生になってからですね。
それくらいになると男女問わず友達からエッチな本がまわってくるんですよ。
でも「あの子には見せちゃダメ!」みたいな風潮があって、あまりしっかり見せてもらえなかった。

――ははは、中学でも純情キャラが定着しちゃってたんだ。

Lさん: そのときも「私は見せてもらえない側なんだ……」ってちょっとショックを受けました。でもしょうがないから我慢して。

――セックスのメカニズムを知ったときはどうでした? ショックだった?

Lさん: いえ、スポーツ新聞のときと違って、自分から興味を持って見たものだったから大丈夫でした。

――恋愛感情の芽生えは早かったって言ってましたけど、実際の性体験はどんな感じでしたか。

Lさん: 初体験は22歳。社会人になってからです。

――相手は彼氏?

Lさん: そうですね。それまでも何人か付き合った人はいたんですけど、ちょっといろいろあったので、初体験に至ったのはその人が最初です。

――いろいろと言うと……。

野外で一方的に触られるだけの6年間


Lさん: 高校生のとき付き合った2歳年上の彼に「絶対にヤラせてくれないタイプだよね」って言われたんです。
で、彼がそのことを私も知ってる後輩に相談したらしくて、後から「彼氏さんが悩んでましたよ」って指摘されて。それですごいショックを受けちゃった。

――そんなプライベートなことを部外者に相談するなんて……っていう。

Lさん: ですね。それに、「ヤラせてくれないタイプ」とか言われるのも嫌だった。

――実際には、ヤラせないってわけじゃなかったんでしょ。

Lさん: すごく怖いとかもなかったし、付き合っていれば自然にそうなるんだろうなと思ってたんですけどね。で、結局別れちゃった。
次の彼氏とは高校2年から大学卒業まで付き合ったんですけど、その人とも何もなくて。

――えっ? 高校2年から大学までって6年間、生まれた子供が6歳ですよ!?
Lさんはともかく、ヤリたい盛りの男子は収まらないでしょう。そんなに長い間、彼はアプローチしてこなかったんですか。

Lさん: それがですね……これ言うの恥ずかしいなあ。
あの、セックスはなかったんですけど、野外で私が一方的に触られてたんです。

――野外で一方的にって、痴漢プレイじゃないですよね。どうしてそういうことに?

Lさん: 彼は甲子園を目指すようなバリバリの野球部員でなかなかデートの時間も取れなかったので、夜遅く、部活の練習が終わった後に近くの川の土手で話をするっていうのが日課だったんです。
で、なんとなく甘いムードになると、そのまま私だけが触られるの。

――局部や胸を直に触ってくるの?

Lさん: はい。で、それが終わると家に帰るんです。

――うーん……。Lさんがその気になるか反応を見てたのかなあ。
でも一度や二度じゃない、6年間でしょう? ちょっと謎ですね(笑)。
彼はどういうタイプだったの? 真面目でおとなしい感じ?

Lさん: 普通の野球少年。でも私が初めての彼女じゃなかったですよ。
私はもしかしたら経験済みなのかなと思ってたし。でも、仲はよかったんですよ。
私が大学に進学して彼が就職してからは、朝会って映画行ってご飯食べて、夜になったらそれぞれの家に帰る……みたいなデートをよくしてました。

経験人数一人。淡白なせいか今もあんまりしてません


――でも、6年付き合ったところで別れたと。

Lさん: そうですね。やっぱり活動時間が合わないとかいろいろあって、私が就職するタイミングで。
でも、その話って後日談があるんですよ。その人、私と別れて一年後くらいに結婚式の招待状を送ってきて、さっさと結婚しちゃったの。

――なんだそれ! まさか結婚式行かなかったでしょ?

Lさん: うーん、行こうと思ってたんですけど、よく聞いたら奥さんになる人は当時私のことを相談してた相手だっていうんで、やめといたほうがいいかなと。

――Lさんて、恋愛をなぜかよその人に相談されがちですよね(笑)。
純情キャラというか、ちょっと天然なところがあるから、直にいろいろ言いづらいのかも。
となると、その次に付き合った人が初体験の相手?

Lさん: はい。でも、私が淡白だからなのか、彼とも今はあんまりしなくなっちゃった。

――え、ってことは、その初体験の相手とは続行中なんですか。経験人数1人ってこと?

Lさん: そうです、そうです。
その前の6年間が一方的に触られるだけだったので、初めてのときはやり方がよくわからなくて苦労しましたよ。
フェラチオとかも友達が話してるのを聞いたことはあったんですけど、タイミングとかやり方とか詳しいことはわからないじゃないですか。なので彼の言うとおりに……。

――うわー、なんかこれまでにない箱入り娘感。やばい、ドキドキしてきた! 

 次回も引き続き、奥手なLさんの性事情についてお届けします。

Text/遠藤遊佐


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら