• sex
  • 2013.11.12

火を起こす様なきりもみ式オナニーをうつ伏せで/柴咲コウ似秘書の性事情


 前回の自称ヤリマンの31歳の菅野美穂似美人主婦・Rさんのインタビューも合わせてどうぞ。

 いやあ、今年のハロウィンは凄かったですね。
繁華街をちょっと歩いただけで次々遭遇する魔女やカボチャやお化けの群れ。
いつの間にこんな華々しいイベントになったんでしょう。

 実はこのインタビューが行われたのは、ハロウィン当日。
せっかくだからハロウィンを満喫してやろうと取材場所に監獄風居酒屋を選んだために、コスプレイヤーだらけの店内で「オナニーが!」「クリトリスが!」と大声で叫び合うという、忘れられない一夜になりました……(笑)。

 そんな過酷なシチュエーションでインタビューに応えてくれたのは、27歳の美人秘書・Mさんです。

ノーハンドオナニーに興味があるんです

遠藤遊佐 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
大きな目で上品な笑顔が素敵でした(※写真は店内ではなく、待ち合わせの場所にて)


M: 私、この連載に書いてあったノーハンドオナニーに興味があるんですよ。あれってどういうふうにやるんですか?

――ははは。私もまだイッたことないんで有効なのか定かじゃないんですけど、要はアソコに力を入れるんだそうですよ。こう、オシッコしてるときに途中で止めるような感じでギュッギュッと力を入れると、中のほうが気持ちよくなるんですって。気になりますよねえ。

M: 手が汚れなくていいなーと思って(笑)。

――マスターすれば、道端でイケメン見かけたときもそしらぬ顔でオナニーできますしね。

M: あ、そうか! すごい!

――あはは。10分前に会ったばかりの美女にオナニーのやり方聞かれるとは思わなかった。
ところで、Mさんの性の目覚めって?

「オシッコするのって気持ちいいな」と思って触ってみた


M: 性に関心が出てきたのは小学校の4年か5年の頃。記憶に残ってる中で最初に見たエロいものは、お父さんが持ってた週刊誌のグラビアです。女の人が縄で縛られてて。

――おお、いきなりSMですか。それはいわゆるエロ雑誌?

M: いえ、週刊ポストとか週刊大衆みたいな一般誌。
思えば他にも裸っぽい写真はあったんでしょうけど、縛られてる女の人っていうのは普段見たことなかったから妙に興奮したのを覚えてます。それはたまたま見つけたんですけど、それ以来お父さんの買う週刊誌が気になって気になって。どんなエロいものが載ってるんだろうって見つけるたびにドキドキしてましたね。

 あと、その頃はよく「オシッコするのって気持ちいいな」と思ってました。

――え、なんでオシッコ……? 

M: うーん、どう言ったらいいんだろう。
とにかくオシッコするときに快感があったんですよね。逆に我慢するのも気持ちよかったから、よくトイレに行きたくても行かずにじっとしてたりとか。

――その頃から自分の股間のあたりを意識しだしたってことなのかな。そういえば、私も記憶ありますよ。
ほら、クリトリスと尿道って位置が近いじゃないですか。だから子供の頃って、トイレでオシッコ拭くたびに「なんかアソコがムズムズするな」って思ってた。

 でも、小学校5年生で股間に興味が出るって、今まで聞いてきた中だとわりと遅めかも。
それくらいになると学校での性教育もあるし、もうセックスってどういうことをするのかは知ってたでしょ?

M: あんまりよくわかってなかったかも。
でも、男子にスカートめくられて「やめてよ!」って言いながらちょっと嬉しかったりする気持ちは芽生えてましたね。
セックスについてはっきり知ったのは中学に入ってからかな。
ビデオや雑誌やインターネットで、エッチなメディアに触れてなんとなく。

――そうか、27歳っていったら子供の頃にインターネットがある世代ですもんね。

M: あとは、エルティーンとかポップティーンとかの体験談とか、家のポストに入ってる宅配ビデオのチラシとか。
男の兄弟がいなかったので、ネット以外だとそんなものですね。
特に宅配ビデオのチラシは「借りてみたいなー」ってムラムラしてました。

――子供の頃に見てドキドキしたものって、今の性癖に影響してると思います?

M: 思います。セックスはノーマルなんだけど、オナニーだと女の子が虐げられてるシチュエーションに興奮しちゃう。

――最初に目にしたのが緊縛だもんね。

オナニーは、両手でクリトリスを挟んで……。


――じゃあ、そんなMさんがオナニーするようになった経緯は。

M: 「オシッコすると気持ちいいな」って思っているうちに、だんだんアソコを触ると気持ちいいってこともわかってきたんですよね。で、なんとなくいじってるうちにイクっていう感覚を知って……。

――えっ、なんとなくやってたら自然にイッちゃったんですか?

M: はい。オナニー始めたらイクのは早かったですね。

――う、うらやましい……ちなみにどういうやり方でしてたんですか?

M: えーとですね、クリトリスの両側を持ちながら……。

――クリトリスの両側を持つ?? つまむって感じですか。

M: つまむっていうか、両手でこうクリトリスの脇を挟んで前後に動かしてると、なんともいえない快感が溜まってきてイクの。

――なるほど、両手を使うんだ。えーと、こうですか?(手でやってみせる)

M: はははは、そうそう。

――つまむというよりは「きりもみ」って感じですね。
原始人が火を起こすときのような手つきというか、けっこう激しい。なるほど、きりもみオナニーかあ。
そういうやり方は初めて聞きました(笑)!

M: それをうつ伏せのポーズでやってたんです。かっこわるいですよねえ。

――いや、そもそもオナニーなんて基本かっこわるいですよ。
単体AVに出てくるような、上下揃いのセクシー下着着て小指を立ててアハーンなんていうのは嘘ですからね。
あ、もしかして今もうつぶせですか?

M: いえ、今はもう仰向けで。最初に気持ちいいって思ったのがそのやり方だったから、もうそういうものだと思って、そればっかり繰り返しやってたんですよ。

――子供の頃からずっと布団にアソコをこすりつけるオナニーしてて、今でも毎回イクのに30分かかってる人の話とか、聞いたことありますよ。でもどういう体制でオナニーするかって人それぞれですよね。
他のポーズだとなかなかイケなかったりしませんか。

M: 実は私、足をピーンと張ってオナニーするのが癖なんですよ。
曲げてるとイキにくいんです。快感の動線が切れちゃうというか。

編集部女子: わかります~。私もそう。

――え、そうなの? 足ピーン体勢、意外な人気ですね。
じゃあ今はどんなポーズでしてるの?

M: パソコンでエロ動画を観ながらオナニーすることが多いから、パソコンの前で椅子に座って……っていうのが一番やりやすいかな。

――椅子に座ったまま足をピーンて伸ばして……って、エクササイズみたいだなあ。筋肉付きそう(笑)。


 次回は、Mさんの最近のオナニーネタについてです。

Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら