• sex
  • 2013.10.22

暇つぶしにバーで出会った兄弟と3P/菅野美穂似人妻の性事情(2)


 今回インタビューに答えてくれたのは、「ヤリマン」を自称する31歳の専業主婦・Rさん。
どんなイケイケ女子かと期待していたら目の前に現れたのは意外なほどのゆるふわ美人で、ドキドキしながらのエロトークになりました。
第一回目「美人ヤリマンの誕生秘話」も合わせてどうぞ。

定期的にエッチする相手は6人

遠藤遊佐 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――Rさんは自称ヤリマンですけど、露出も高くないしゆるふわ系だし、あんまりそういうイメージないですよね。ちなみに現在はどんなヤリマン活動を?

Rさん: 専業主婦なので基本的に暇なんです。主人も忙しくて留守が多いので、定期的に遊べる相手を見つけて暇つぶしを……。

――専業主婦で暇つぶしにセックス……羨ましい!(身悶え)
相手はどこで見つけるんですか。出会い系?

Rさん: ネットで見つけるのは苦手なんです。元々アナログ人間だっていうのもあるんですけど、根が小心者なので「ネットで出会うような相手は怖い人」だっていう思い込みが抜けなくて。ホテルで殺されたらどうしようとか……。
だから、知り合いの知り合いやバーで飲んでて知り合った人が多いかな。結婚をきっかけに上京してきたので今はそんな感じですけど、地元にいた頃は会社の上司や小中学校の同級生。あとキャンギャルみたいなことをしてたんで、毎週毎週違う場所に行けて新しい出会いがあるんです。そういうところで探してました。

――今、定期的に遊べる相手ってどれくらいいます?

Rさん: 今は……6人

――おお、月曜から土曜まで大丈夫だ! Rさん美人だから入れ食い状態なんじゃないですか。

Rさん: いえいえ、小心者だし見た目もハジけた感じじゃないから、バーで自分から声をかけるのは絶対にできない。酔ったフリしたり会話の中にスキを見せるような言葉を挟んだりして、すっごい頑張ってますよ。

女子一同: 学びたい!!

イケメンがタイプ。でも本命にはグイグイ行けない……


――初体験も早かった?

Rさん: 18歳かな。

――あ、そこはけっこう普通なんだ。

Rさん: 今よりもずいぶん太ってて自分に自信がなかったし、同級生の中でもイケてるグループじゃなかったから。
自分が好きになるような相手からは絶対に相手にしてもらえないだろうなと思ってたんです。

――どういう人がタイプなんですか。

Rさん: 絵に描いたようなかっこいい人が好きなんです……。でもそういう人はイケてる女の子が好きじゃないですか。

――じゃあ、初体験の相手は?

Rさん: 彼氏じゃない同級生。でもこのへん、けっこう記憶が曖昧なんですよね。
私、処女喪失のタイミングが2回あったんですよ。1つは小学校のときの同級生とベロベロに酔っぱらったときで、もう1つは同じクラスだった2人組の家に呼ばれてお酒飲まされたときなんですけど、どっちが先だったのかはっきりしなくて。

――えっ、初体験が3Pだったかもしれないの?

Rさん: そう。それくらい処女喪失に夢を持ってなかった。ずっとコンプレックスだらけだったし、ヤリたいって気持ちが強かったせいかな。好きな相手には身体を見せられないって思ってたんですよ。

――なるほど。セックス好きだけど、本命に対しては恥ずかしくてあけっぴろげになれないと。屈折してるなあ。
じゃあ彼氏と呼べる人とセックスしたのはもっと後?

Rさん: ちゃんと付き合ってセックスしたのは20歳頃かな。キャンギャルのバイトで見つけた彼氏と。

――なんか順番がごちゃごちゃですね。ちなみに旦那さんはどんな人なんですか。

Rさん: うーん。変わった人。大学生のときにナンパで知り合ったんです。
でも即付き合ったわけじゃなくて、ずっとセフレだったんですよ。

――セフレから本命になって結婚するって、けっこう珍しいパターンじゃないですか。

Rさん: 知り合って5年くらいで結婚したんですけど、そのうち「付き合ってる」って認識してたのは1年くらいかな。
向こうも私とセックスしながら他の子と遊んでたりしてたんですけど、最終的になんとなくそういうことになって。
でも男友達と話してると、最初はセフレでも「この子と付き合ってもいいな」っていうことあるみたいですよ。
自然に恋人同士になっていったり「僕ら付き合ってるよね」って確認しあったり。

――いろんな相手とエッチしてきた中で印象に残ってる人っています?

Rさん: この間、すっごくアソコが大きい人に出会ったんですよ。私の手首よりも、以前付き合ってた外国人のよりも大きい。で、日本人だからそこまで大きくても固いんです。すごいなあと。で、その時はバーで知り合った男の人2人とそのまま3Pしたんですけど、後で聞いたら2人は兄弟で。

――え、穴兄弟じゃなくてリアルな兄弟!?

Rさん: そう。で、兄弟だから顔は似てるんだけど、弟のアソコは大きくてお兄ちゃんのは普通なの。

――遺伝子は同じなのに……お兄さんはちょっと切ないですねえ。


 次回は、Rさんに気になる現在のオナニー事情について伺います。


Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話