• sex
  • 2013.08.07

レズビアンのAVが好き!/アラサー銀行員の等身大の性事情(3)

シャワーオナニーは一石二鳥

遠藤遊佐 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――彼氏のオナニーを見るなんて聞くと痴女っぽいイメージがわくんですけど、実際にはSとM、どっち寄りですか。

H: 相手がいるセックスだと責めるのも好きなんですけど、妄想だとMですね。
「ああん、ダメダメ~!」っていうシチュエーションが好き。
でも、最近は年をとって落ちついてきたのか、オナニーするときもあんまりオカズ的なものを観たり妄想したりはしなくなりました。
もっと男らしく「抜いとくか!」みたいな感じ。

――肉体的な刺激だけでオナニーできます? 私はオナニー歴30年くらいですけど、いまだにオカズがないとできないんですよ。

H: 全然できますよ。
例えば大事な仕事があるときに「ちょっと集中力を高めとこう」って思ってすることもあるし、気分をスッキリさせたいときやお酒を飲んでちょっといやらしい気分になったときにもサクッとやっちゃいます。 だいたい週に一回くらいかな。

――道具は使わない?

H: 道具というか、シャワーでするのが一番好きですね。

――おっ、風呂オナだ! それならオカズなくてもできそうですね。

H: シャワーを当ててるとすぐイケるし、お風呂ですれば衛生的にもいいかなと。

――なるほど。一石二鳥であると(笑)。

女同士で楽しんでいるレズ物のAVが好き!


――AVって観ます?

H: たまに観ます。でも女同士のばっかりですね。

――レズビアンじゃないけどレズ物が好きなんだ。それは何故?

H: うーん、フェミニストだからかなあ(笑)。
AVって男性向けに作られてるから、女の人が楽しんでないように見えちゃうんですよね。
「この子搾取されてたりしないのかな」なんて余計なこと考えたり。だからフェラシーンもダメ。
女の子同士で楽しんでるのが、一番安心して興奮できる。

――そういえば、前回の女の子もフェラシーンは飛ばすって言ってたなあ。

H: 女性が積極的に楽しんでるのが好きなんです。
AVを観てるときはだいたい自分が責め役になってますね。 ペニバン(遠藤注・ペニスバンド。女性が股間にハリガタをつけて相手を責める道具です)付けてみたいとかすごい思いますし。

 でも、普段「楽しい」って思うのは、普通に彼氏とベッドの上で「そんなことダメだって~、イッちゃうイッちゃう」とかやってるとき。 笑っちゃうくらい平凡ですよ。

――SM物を観て「縛られてみたい~」とか思ったりしない?

H: あ、縛られるのはよくやってます。

――え? 

H: あと相手を縛ったり、目隠ししたりされたり。
セックスについてはパートナーとしっかり話し合うタイプなので、興味がわいたらけっこうチャレンジしてますね。
「じゃあやってみようか?」って。

――緊縛プレイが平凡かどうかは諸説あるところだと思うんですけど、明るく健康的にできちゃうっていうのが面白いですね。 それもやっぱり留学経験の賜物なのかなあ。

久しぶりにオナニーしたら、なぜか涙が……。


H: そういえば、最近いいなと思う人ができたんですよ。
私は好きな人をオカズにできないタイプなので、恋するとオナニーのペースが落ちちゃうんですけど、この前久々にオナニーしたらワッて涙が出てきちゃって……。

――え、それはどうしてですか。

H: うーん、慣れ親しんだ人が待っててくれたような、ふるさとに帰ってきたような気持ちになったんですよね。
片思いで一喜一憂する日々が続いて、それなりに緊張してたんだと思うんです。 でも久々にオナニーしてその感覚を味わったら、なんかすごい安心したんですよ。 「ああ、私のことをずっと待っててくれたのね」って。

――待っててくれた? オナニーがですか?

H: はい。「オナニーって、私が求めさえすればいつでもここにいてくれるんだな。いてくれてありがとう」って……。なんか変ですけど。

――いやいや、イイ話じゃないですか。その感じ、わかるわ~。オナニーって癒し効果ありますもんね。


 次回はHさんのインタビューを終えた遠藤遊佐さんの考察をお届けします。

Text/遠藤遊佐


■アラサー銀行員・Hさんのインタビューをまとめて見る

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

7月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話