• sex
  • 2015.07.21

オナニー好きの処女はグッとくる!?/27歳処女の性事情(4)

今回取材したのは、27歳で処女だと言うRさん。白いブラウスが似合うお嬢様っぽいルックスなのにも関わらず、彼女は処女だから自信をもてないと言います。でも、処女だからって気にする男性って本当にいるんでしょうか? 個人的にグッとくる話を聞かせてくれた彼女のインタビューを振り返ります!


 今回「30代処女の実態を知りたい!」という私の個人趣味入りまくりな募集に名乗りをあげてくれたのは、社内SEとして働くRさん。
清楚で育ちの良さそうなお嬢さんです。

 前回インタビューしたTさん(人妻なのに処女という変わり種!)に比べると、Rさんは私が思い描いていた高齢処女のイメージに近いタイプ。
「経験ないから、あんまり面白い話はできないんですけど……」と言いながらも、27年間のヰタ・セクスアリスをまるっと語ってくれました。

1回目「職場でオナニーが日課!?ムラムラした処女の大胆な行動」
2回目「自信がないから処女喪失できないし、処女だから自信が持てない」
3回目「処女なのに「そろそろ孫の顔が見たい」と言う母…今年中に彼氏が欲しい!」も合わせてどうぞ。

オナニー好きの処女はグッとくる!

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
Maria Morri

 白いブラウスが似合うお嬢様っぽいルックス。セックスはもちろん、キスしたことも男性と付き合ったこともないといいます。

 性的にオクテな女性なのかと思いきや、意外にもオナニーに目覚めたのは早く、小学生の頃からパンツが破れるくらい毎日アソコをこすりまくっていたんだそう。(ちょっと萌えますね……!)

 中でもグッときたのは、この話。

************************************************
R: ある電動歯ブラシの歯ブラシ部分を外してクリトリスを刺激すると、職場で使うのにちょうどいいんですよね。

――え、職場?

R: デスクワークなので、たまに仕事しながら膣トレしてるんです。そうすると気持ちよくてムラムラしてきちゃうんで、仕事に刺し障らないように昼休みに歯を磨く用の電動歯ブラシ持ってトイレに駆け込むんです。
ほら、膣トレってノーハンドオナニーみたいなものじゃないですか。
************************************************

 いやあ、処女が職場のトイレで電動歯ブラシオナニーだなんて、そんなAVみたいなことが本当にあるとは……。
私の中のエロオヤジがワッショイワッショイと踊りだしましたよ!

 好きな妄想は凌辱系、ムード溢れるセックスには興奮しないという硬派(?)な性癖のRさん。
ヤリマン女子から処女までいろんな女性の話を聞いてみて「性欲の強さと性経験の豊富さは関係ないんだな」とつくづく思いました。

自信喪失が先か、処女喪失が先か?

 そして、今回もう一つ心に残ったのはこのくだり。

*************************************
R: 自信がないから処女喪失できないし、処女だから自信が持てないんです。いざそういうことになったとき「めんどくさい」って思われたらイヤだなって考えちゃう。
****************************************

 今のイメージからは想像できないけれど、10代の頃は外見にコンプレックスがあり、男子にイジメられていたというRさん。

 その時の経験のせいで自分に自信が持てず、セックスに飛びこんでいけないんじゃないかと彼女は自己分析しています。
そして、いい年齢になっても処女だという事実は女としての自信をさらに奪っていく。負のループってやつですよね。

 実家暮らしで、休みの日に遊びに行く友達もいる。処女だからって差し迫って困ることはないし、その気になりさえすればセックスくらい、いつでも経験できそうです。
でも「処女だから恥ずかしい」という気持ちが足かせになって、せっかくのチャンスを逃してしまったら……悔やんでも悔やみきれません。

 ちなみにあるアンケートによると「処女は面倒だ」と答えた男性はわずか14%。残りの86%は「気にならない」「むしろ嬉しい」と答えています。
一夜限りの関係ならともかく、ちゃんと付き合った相手が処女で嫌がる男はいないはず。

 だから、いざそういうことになっても「処女だから」と及び腰になる必要はなさそうですよ。

 次回は、「男子の心ない言葉が女としてのトラウマに…」という30歳処女の方のインタビューをお届けします。

Text/遠藤遊佐

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話