• sex
  • 2015.07.14

処女なのに「そろそろ孫の顔が見たい」と言う母…今年中に彼氏が欲しい!/27歳処女の性事情(3)

今回取材したのは、処女の募集を観て応募してくれた、Rさん(27歳・SE)。好みのタイプはあまり干渉してこない人?親から孫の顔を見たいと言われている?など、彼女の恋愛や家族との関わり方に迫ります!


 今回お話を聞かせてくれたのは、某企業で社内SEをしている27歳のRさん。セックス経験無しの女性です。
白いブラウスにリボンのついたスカートがお似合いのしっかりしたお嬢さんで、女性としての魅力は十分のように思えるのですが……。
1回目「職場でオナニーが日課!?ムラムラした処女の大胆な行動」
2回目「自信がないから処女喪失できないし、処女だから自信が持てない」も合わせてどうぞ。

好みのタイプは“干渉してこない人”?

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
Maria Morri

――大人になってから恋愛してないって言ってたよね。じゃあ、次に恋をするとしたらどういう人がいい?

R: 見た目はこだわらないけど、干渉してくる人は嫌かな。
27年間も一人でいると休日の過ごし方がうまくなってきて、来週はここへ行こうとか、この友達と遊ぼうとかいうのがたくさんあるじゃないですか。でも誰かと付き合うと行動が2人仕様になっちゃうから。

――まあ、相手に合わせることも必要になってきますよね。

R: 「最低でも週に1回は会いたい」とか言われると、自分の時間がなくなりそうで怖いんです。
3年くらい前に私のことを「好きだ」って言ってくれた人がいたんですけど、遠くに住んでるのに頻繁に会いたいっていうタイプだったんで、これはないなと思って断っちゃいました。

――相手のことを好きになれれば、2人仕様も楽しいと思うけどね。
Rさんは、性欲が高まって「とにかくヤリたい!」って思うことある?

R: ホルモンの関係だと思うんですけど、生理前なんかはやっぱりムラムラしますね。毎月ではないんだけど年に何回かビッグウェーブが来るので、そういうときはオナニーで解消してます。
でも、考えてみると私がオカズにするのって凌辱ばっかりなんですよね。もし彼氏ができたとしても、普通のラブラブなセックスでちゃんと気持ちよくなれるのか、ちょっと心配。

――Rさんの理想の初体験ってどんなのですか?

R: あんまり理想ってないんですよね。特にロマンチックな初体験がいいとかは考えてない、普通になりゆきでできればいいです。
で、実際にそういうことになっても「初めてです」っていうのは言いたくないんですよ。できることなら血がでても、「生理になっちゃったかも」とか言ってごまかしたい。

――Rさんて、セックスって行為自体に対する憧れはあんまりないんですね。実家暮らしで寂しくないし、私生活やオナニーも充実してるからかな。休みの日は友達と遊んだりしてるし、別に行動範囲が狭いってわけじゃないんだもんね。

R: ですね。まあ、一緒に遊ぶのは女の子やオクテな子が多いですけど。

母親に「そろそろ孫の顔が見たい」と言われて

――ぶっちゃけ、まだ初体験してないことに焦りはあるの?

R: どうだろう……恥ずかしいっていう気持ちはあるけど、差し迫って困ってはいないんですよ。だからそんなに焦りはないかな。

――まだ27歳だもんね。

R: それよりも、最近母が「そろそろ孫の顔が見たい」って言っているのが気になって。
出産のこと考えたらそろそろ結婚に向けて動かないとまずいのかな~、とか考えちゃうんです。男性経験もないくせに!(笑)

――ははは。でもまあ、孫の顔を見せるにしても順番があるじゃないですか。
まずは女友達と遊ぶだけじゃなく合コンぽい場にも顔出すとか、SNSで新しい出会いを探すとかから始めてみたら?そういえば以前取材した女の子は飲み屋で知り合った人と結婚してましたよ。お酒が入ればフットワークも軽くなるんじゃない?

R: そうですね。処女喪失もなんですけど、今はなんとか今年中に彼氏が欲しいと思ってます。
実は今ちょっと気になってる相手がいて、大学時代の知り合いなんですけど、ちょくちょく連絡取り合って相談に乗ってもらったりしてる人で。

――「ちょっと気になる」っていうのはどれくらい? 誘われたらヤッちゃいたいくらい?

R: それは……ヤリたいですね。実は来月、その人と遊びに行く約束をしてて。

――おお、いいじゃないですか! チャンス!

R: でも、2人きりじゃないんですよね~。彼の友達も来ることになってるから3人で。

――気になる彼のほうにそれとなく気持ちを伝えとくといいんじゃないですか。「好き」って言うのは無理だとしても「会えるのすっごく楽しみにしてます」とか。何もしないよりは2人っきりになるチャンスが増えるかも。

R: うーん、でも私、それまで好きだった人を急に嫌いになっちゃうことがけっこうあるんですよ。自分から好意を示しといてイヤになったらすごい気まずい。

――心配症! 嫌になったら嫌になったでいいじゃないですか。それはしょうがないし、人間の感情なんて誰にも保障できないもん。多少ずうずうしくならないと、恋愛とかセックスなんてできないですよ。

R: そうですよね。うん、がんばってみます。

 次回は、Rさんの取材後の遠藤さんの考察「オナニー好きの処女はグッとくる!?」をお届けします。

Text/遠藤遊佐

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

特に30代後半でまだ経験がないバージンの方からのご応募お待ちしております!

アンケートはこちら