• sex
  • 2015.04.28

セフレとの恋を成就するコツは「相手に恋をしないこと」/24歳若妻子持ち(4)

今回のインタビューは、お酒の勢いで応募してくれた、一児の母・Mさん(24歳)。元カレとの永遠の別れ、セフレ関係だった旦那と結婚できた秘訣など、インタビューの気になる点を振り返ります!


  若くして結婚し、今は子どもを育てながら、アルバイトもいくつかかけもちしているというMさん(24歳)。聞けば取材の日もチャットレディの仕事後だったとか。

 いやあ、若いだけあって心も体もパワフル! 頭が下がります。
疲れた様子も見せず、「こんな繁華街に飲みに来るのは久しぶりなので、楽しみにしてたんですよ」といろんな話をしてくれました。

 Mさんへのインタビューはこちら

辛い経験が世界を広げるきっかけに?

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
slava


パッと見はおとなしい印象なのに、短い間にいろいろな経験をしているMさん。

 まず衝撃を受けたのは、このくだりです。

****************************
M: 大学に入ってできた彼氏は、趣味の劇団で一緒だった3歳年上の人。二人とも学生でお金がなかったから、デート代を削ってホテル代に当てたり、地元の海でいちゃいちゃしたり……。

――いいですねえ。青春って感じ!

M: それが……私がバイト先でセクハラにあったときも助けてくれたすごくいい人だったんですけど、大学卒業後に精神を病んで自殺しちゃったんです。
*****************************

 仲良しだった恋人が突然いなくなってしまう。しかも原因は自殺。想像するだけでも辛いですよね。

 自分のせいじゃないとわかっていても、あのときああしておけば、あのときこう言ってあげていれば……と、後悔は次から次へとわいてくるもの。
Mさんは気丈に話してくれたけれど、言葉の端々に今も残っている心の傷が見てとれました。

 でも、この出来事がきっかけで夜遊びデビューし、旦那さんと出会って、今では一児のお母さんにまでなっているんだから、人生って不思議。

 彼女自身も「この経験がきっかけで今の旦那さんと出会えたんです」と言っています。
私くらいの年齢になると数年なんてほんの一瞬だけど、Mさんにとっては辛い経験をして、立ち直って、新しい恋をして、悩み、楽しみ、お母さんになることができるだけの長い長い時間。

 Mさんの話を聞きながら、「人間って常に前に進んでいるんだな。そして何があっても前に進まないといられない“若さ”って素晴らしいな」なんてことを思いました。

セフレとの恋を実らせる方法とは……

 そして、もうひとつ。
今回、事前にMさんから届いた取材応募メールの内容を見て、私には是非聞いてみたいことがありました。

*****************************
――旦那さんとはどうやって知り合ったの?

M: まあ平たく言うと、酔った勢いでセックスしちゃったセフレなんですけど。
************************************

 そう。それは「セフレとの恋を成就するにはどうすればいいのか」ということ。
これまでの取材によると「好きな人にセフレ扱いされて貴重な青春を無駄にした」という女子はけっこう多かったように思います。
もしセフレ関係を本気の恋にもっていける方法があるなら、ご教授願えないかと思ったわけです。

 しかし、よくよく話を聞いてみると、Mさんの旦那さんは「自分に気のある女の子をセフレにしたがるヤリチン」ではなく、「彼女となかなか会えなくて近くにいる女性に心変わりしたさみしがりの男性」だった模様。
うーん、やっぱりうまくいくもいかないも相手のタイプ次第ってことなんでしょうか。

セフレとの恋を実らせるコツは、「相手に恋をしないこと」


 とはいえ、Mさんと旦那さんとのエピソードをじっくり聞くと、必ずしもそれだけじゃない気がするんですよね。

***********************************
M: あと、今考えるとタイミングも良かったのかなって。
関係持ったのが向こうもこっちも相手がいるときだったから、ハマッたり依存しないですんだ。あんまり気負わず、期待せず、一緒にいたのが良かったのかもしれないです。
***********************************

 最初はお互いに恋人がいる、いわばW浮気の関係。だから熱くならなくてすむし、客観的に相手を見ることもできると。なるほどなあ。

 もしセフレとの恋を成就させるコツなんてものがあるとしたら、それは「相手に恋をしないこと」なのかもしれません。(ああ、なんというアイロニー!)

 次回は、「初体験の相手はニンジン」だと言う、地方都市に住む会社員のRさん(39歳)のインタビューをお届けします。

Text/遠藤遊佐

遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!特に30代でまだ経験がないバージンの方からのご応募お待ちしております!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話