• sex
  • 2015.02.03

男性に好かれるのは嫌!でもSEXはしたい…/新成人の性事情(4)

今回のインタビューは、大阪在住のHさん(20歳・アパレル販売員)。自分から好きになるのはいいけど、相手に好かれるのは嫌という「融通の利かない」女の子。そんな彼女のように、小学校時代のクラスメートをオカズにオナニーしている人は意外と多い…?ポジマン女子集合!

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
本人近影

 今回のインタビュー相手は、募集を見て応募してきてくれた20歳のアパレル販売員・Hさん。
Kさんの過去のインタビューはこちら(第一回目第二回目第三回目

 この連載初スカイプを使ってのインタビュー。
東京と大阪という遠く離れた場所、しかもノンアルコールでうまく打ち解けられるか不安だったのですが、お相手のHさんが積極的にいろいろ話してくれたおかげで、いろいろと面白い話が聞けました。うーん、スカイプ取材、アリだな……。

 さて、今回興味深かったのは、まずこの部分。

男性からガツガツこられると「うわー、気持ち悪い」って思っちゃうんです

************************************
H: どういうわけか異性に好かれることに嫌悪感を感じちゃって……

――嫌悪感?

H: 自分から先に好きになるのはいいんだけど、相手に好かれるのが我慢できないんですよ。好きだと思ってこっちから告白した相手でも、いざ付き合うと嫌悪感がわいてきて、結局一度も二人きりで会うことがないまま別れちゃったり。
その後にセックスが控えてるから怖いとかじゃなく、とにかく向こうから好かれるのがダメなの。
*************************************

 えー、特別好きじゃない相手でも「好きだ」って言ってくれるならいいじゃん、このゼータク者め! って気がするんですが、こういう風に思ってしまう女性、実はけっこう多いみたいです。
高校時代の友人にも、すごくモテて告白もされるのに「私を好きになるような男はろくなもんじゃない!」と一度も彼氏を作らない女の子がいました。そういえばあの子どうしてるかなと思って久しぶりに電話で話したら「でも遠藤さんも昔、同じようなこと言ってたよ!」と言われてびっくり。

 そ、そうだっけ……??

 えー、自分ではすっかり忘れていたのですが、どうも私自身もHさんと同じタイプだった模様です。ゼータク者とか言ってすみません。

 しかし、どうしてその頃の私達は、好きだと言ってくれる人に興味が持てなかったんでしょうか。
当時のことを思い返したら、ちょっと思い当たることがありました。

 私も彼女も、良く言えば真面目。悪く言えば融通の利かないタイプなんですね。
好きになってもらったら、それ相応の気持ちを返さないといけない。向こうが好いてくれるのと同じくらい、自分も相手のことを好きにならなきゃいけない。そんな若さゆえの強迫観念があったんじゃないでしょうか。
面白いことに、彼女も私も頭が堅いくせに、不倫やセフレ関係に拒否反応はありませんでした。「軽い気持ちで付き合える相手のほうが責任とらなくていいから気楽だよね~」なんてことを話した記憶もあります。
男性経験もない女子高生のくせに、なんとまあ生意気な! 思い出すと顔から火が出る……。

 ちなみに彼女は、15年ほど前に結婚したそうです。相手はまったく彼女のタイプじゃない体育会系の同僚。猛アタックに負けて付き合ったけど、子供が2人できて今でも仲良くやっているとか。
Hさんとはちょっとパターンが違うかもしれないけれど、「自分から好きにならないとダメ病」は、時間が経てば治る場合もあるようです。

TDLのアトラクションにしてもいいレベルの話ばかり!

 そして、今回一番盛り上がったのは、なんといってもこのくだり。

*************************************
H: 最近はいろいろふっきれて、ポジマン化してます。中学の時の先生にクンニしてもらったりとか、バイト先の憧れの人と一夜を過ごしたりとか、小学校の同級生と明るいセフレ関係を結んだりとか……。
*************************************

 大人になった自分に憧れの先生が言い寄ってきて、アソコを舐めてくれる。もう、身悶えしすぎて死ぬかと思いました。しかも場所は学校の相談室って……なんなんですか、この神がかった萌えシチュエーションは!!

 その他にも、ずっと憧れてたバイトの先輩と一夜の関係を持ったり、小学校時代の同級生(ヤリチン)と明るいセフレ関係を築いたり。

 どれもこれも、TDLのアトラクションにしてもいいレベルです!

 実は私も、合コンや出会い系で知り合う初対面の相手より、昔の同級生に萌えちゃうタイプなんですよね。この話を聞いて、うっすら記憶に残っている小学校時代のクラスメイトをオカズにオナニーしてしまいました。

 「ポジマン活動してると楽しいしオナニーのオカズも増えるから、今はこの状態を楽しみたい」というHさん。
不倫やセフレを推奨するわけじゃないですが、こんな経験ならお金払ってでもしてみたいなあと思ってしまいました。
いやあ、どこかに明るいヤリチンの同級生、落ちてないですかねえ……

次回は、「まわりにヤリマン話ができないのがストレスだったんです」と話す、ショートカットが可愛らしいSさん(24歳・銀行員)のインタビューをお届けします。

Text/遠藤遊佐



遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話