• sex
  • 2014.10.28

辛い恋から抜け出すために第一次ヤリマン期に突入!/癒し系美女(29歳)の性事情(2)

  今回インタビューさせてもらったのは、デザイン事務所勤務のOさん(29歳)
くっきりした顔立ちに甘い喋り声、いかにも「モテそう!」な感じの癒し系女子であります。いわゆるキラキラ女子なんだろうなと思いきや、じっくり話を聞いてみると実はけっこうヘビーな恋愛経験をしていることが発覚。
そしてさらには、びっくりするような告白も……。

第一回目「友達の前でセックス、他のセフレと3P…初恋相手との危ないセフレ関係」も合わせてどうぞ。

辛い恋から抜け出すために一気にヤリマン化!

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


O: 片思いの後半はもう自分でも「これはダメだな」って思ってたし、どうしてそんなに彼に執着してしまうのかわからなくなってたんですよ。
だからなんとかその彼を忘れようとして、他の男の人と遊ぶようになった。言ってみれば第一次ヤリマン期に突入したんです(笑)。

――それはまた一気に花開きましたね! どういうふうにヤリマン化したの?

O: その彼を忘れようと思って、彼と正反対の、おぼっちゃんで今までに一度もエロに興味を抱いたことのない人と付き合ったり。
あと、ちょうどその頃クラブ通いが楽しくなって、レゲエ好きの肉食女子達と仲良くなったのが大きいかな。女同士のあけっぴろげなエロトークっていうのを初めて経験して、自発的にオナニーするようになったり、ヤリマンに拍車がかかったりしましたね。

 正直、スケーターの彼とのセックスはそんなに良くなくて最後のほうは彼が終わるのをじっと待ってる感じだったから、自分以外の人のセックスやオナニーの話を聞いて試してみたら、もう性欲が一気に爆発しちゃった(笑)。

――オナニーも、それまでは彼の教え通りにやってたんですもんね。

O: ですね。ずっと仰向けに寝て膝を立てて……っていう、彼が見やすい体勢でずっとしてたんですけど、女友達に教わった足ピンスタイルに変えたら、めちゃめちゃ気持ちよくて。
あと、「電マがいいよ」って聞いてドンキホーテで買ったりもしましたね。ヤリマン化して女としての自信がついたことで、肉体的にも開花していった気がします。

――そういえば、25歳頃からルックスが変わったって言ってましたよね。それは何かきっかけがあったんですか。

O: 男の人とセックスできるようになったら、今度はちゃんとしたお付き合いがしたいって思うようになったんですよ。で、だんだん本命になるにはこういう格好がいいんだろうなとか、こういう人と付き合うにはこういうファッションがいいんだろうなとか考えるようになりました。

 やっぱり、ちゃんとした人って派手すぎなくて小ぎれいOL系の格好が好きなんですよね。
それで、変われた一番のきっかけは、美容師さんと付き合ったこと。私、付き合った男性の好みに合わせて着るものもコロコロ変わっちゃうほうなんですけど、美容師さん好みの格好してたときは他の男の人にもモテたから、それに味をしめて。

――なるほどなあ。元・原宿少女だって言ってたから、ファッションは個性第一みたいなこだわりがあるのかと思ったら、意外とそうじゃないんですね。

O: そういうのは全然ないですね。もう、モテるならなんでもいいです!(笑)

恋愛のきっかけはつかめるけど、すぐ振られちゃう


――スケーター君と別れてからは「これだ!」って人はいなかったの?

O: うーん、好きになると一直線なタイプなので、毎回毎回「この人と結婚する!」っていうくらいの気持ちではいるんですけど、いつも長続きせずにフラれちゃうんです。
今までで一番長く続いた彼は、さっき言った童貞おぼっちゃまなんですけど、それでも1年しか続かなかった。

――え、フラれるの? こうやって話してる印象だとモテそうだし、結婚向きの癒し系に見えるんだけど。

O: スケーター君との5年間の影響で、なんでもかんでも「めんどくさくないようにしよう」って思っちゃうからかもしれない。気づくと「気にしなくていいよ」とか「どっちでもいいよ」って言ってるんですよ。付き合って少しするとデートのお店の予約とかも全部私がするようになってるし……。

――すごくいい彼女のように思えるけど、付き合って数か月で恋愛モード真っ只中の男性にとっては、物分かりがよすぎるのかなあ。

O: 自分で言うのもなんですけど、第一印象を良くすることはできるんです。弁護士やお医者さんとも付き合ったし、きっかけは十分すぎるくらいつかめるの。でも続かない。

――これまでの恋愛遍歴は何人くらい?

O: ちゃんと付き合った人は5~6人。セフレやゆきずりや不倫も含めると……でも100人はいってないんじゃないかな。
実は先週末も2人別々の相手としたんですけど、片方は新橋のスナックで知り合ったスウェーデン人で(笑)。

――それはまたレアな(笑)。でも、むしろスウェーデン人いいかもしれないですよ。愛とセックスで包んでくれそう。

O: でも、そのスウェーデン人、日本人の奥さんがいたんですよ~。

――え、セックスする前に結婚してるかどうかって話はしないんだ。

O: しないです。それも一番最初の彼の影響が残ってるんですよね。つい、めんどくさいことは言わないほうがいいかなって思っちゃう。

――ああ、最初の恋ってのは根深いですねえ……。

O: でも最近、結婚願望がムクムクとわいてきたんですよ。だからゆきずりじゃなく結婚につながるような恋愛がしたいんですけど、どうすればいいのかわからなくて。
ほら、アラサーになると男性もみんな忙しいじゃないですか。合コンしても、次につなげるためのアクションって結局お持ち帰りセックスくらいしかないんですよ。
連絡先交換してLINEで好き好きアピールしても、興味持ってもらえなかったらそれっきりだし。一緒にいるうちに自然に好き合って気持ちが高まって……なんてことはもうないんじゃないかって、ちょっと焦ってますね。

 次回は、Oさんが最近受けた秘密の手術についてお届けします。

Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら