• sex
  • 2014.09.02

実話!残業中に上司と会議室で…燃える社内セックス事情/バリキャリお嬢様の性事情(2)

 今回、ヰタ・セクスアリスを語ってくれたのは、メーカー勤務のMさん28歳。
仕事に恋愛に大忙しだという、お嬢さまっぽい見た目のスレンダー美人です。
一回目「モバゲーで出会った彼とのカーセックスで初めて電マを使ってみた」も合わせてどうぞ。

同じ相手に8回告白したピュア(?)な高校時代

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――見た目に反して奔放なMさんですけど、初体験は?

M: 高校一年のときに付き合った2コ上の先輩でサッカー部のキャプテン。でも、彼が受験勉強で忙しくなって別れちゃいました。
その後、一週間だけ付き合った相手が忘れられなくてすごく引きずって……モバゲーに走ったのは、その頃ですね。

――あの、一週間ってかなり短期間のお付き合いですよね。なのにどうしてそんなに引きずったの?

M: 別れ方がひどかったんですよ。
廃墟化した団地の非常階段に敷物持ち込んで、一週間毎日セックスしてたんです。でも突然「飽きた」ってふられちゃって。

――えー! こんな綺麗な子にそんなこと言う男いるのっ!

M: もともと飽きっぽい人っていうのは知ってたんですけど、そういうふうにふられるのはやっぱりショックで。
それから荒れて、中学時代の知り合いの男の子にちょっかい出したり、モバゲーで出会いを探したりするようになったんです。
でも、そんなこんなでヤンチャしながらもその人のことが忘れられなくて……。私、結局8回くらい告白してるんです。

――同じ人に!?

M: そう。ふられてもふられても、しつこくアタックして。

――パワフルだなあ。それはやっぱり、ふられたのが納得いかないみたいな?

M: それもあるし、今よりはピュアだったんですよね。
高3の4月にようやくOKが出てその人と付き合えたんですけど、当時の日記を見ると「神様、本当にありがとう。もう何もいらないからこの人と一生一緒にいさせて!」みたいなことが書いてあるの(笑)。
そういう、自分のことは棚に上げて盲目になれる性格は今も残ってるみたいで、たとえば4人の人と同時に付き合ってても4人全員を「本当に好き!」って思えちゃう。

――うわ。今、さりげなくすごいこと言いましたよ。4股ですか!

M: 私、根本的に八方美人というか、誰からも嫌われたくない気持ちが強いんです。
常にそういうふうに振る舞ってるから、たぶん誰も「この女に自分以外の男がいる」なんて思ってないんじゃないかな。

最近は会議室セックスにハマってます!


――Mさんて、まあ言っちゃえばヤリマンなんですけど、鬱屈した性欲みたいなのは感じられないですよね。オナニーも人並みだし、過激な妄想もしないみたいだし。
どうしてセックスにのめりこんでいったんでしょう?

M: うーん、なかなかイケなかったからっていうのはあるかな。「こんなはずじゃない、もしかしたら別の人なら」って……その気持ちはいまだに続いてますね。

――ちなみに今までの経験人数ってどれくらい?

M: このあいだ友達と数えてみたら80人でした。ちゃんと付き合ったのは、そのうちの20人くらいかな。一回ヤッただけの人は3分の1くらい。

――すごい! それだけヤッてたら武勇伝もあるでしょ。

M: 武勇伝かわからないですが、最近だと会社の会議室ですることにハマってます(笑)。

――AVじゃん!(笑) 見つかったりしないの?

M: 深夜、2人きりで残業してるときにするから大丈夫なんですよ。
今同じフロアにエッチしてる相手が3人いるんですけど、幸いにも口の堅い相手を選んできたようで、お互いにバレたりはしてないですね。あと、使う会議室も人によってわけてますし(笑)。

セックスはスタンプラリーみたいなもの


――飲み会帰りに酔った勢いで……っていうならわかるけど、残業中にいきなりセックスでしょ? 具体的にどうやるんですか?

M: 基本的に相手は全員上司や先輩なので「頼りにしてます感」を出してると、向こうから「俺のこと好きなんじゃないの?」みたいにアプローチしてくるんです。
私はわりと間口が広くて、この人は絶対ダメみたいなのがないから、それに乗っかる感じかな。どんな人から視線を送られても「とりあえず一回」っていうのがポリシーなので。

――殿方にとっては菩薩のようなヤリマンですね。

M: ふふふ。で、深夜に2人だけになったときに上司の席に行って、相手のスイッチが入るようにもっていく。しゃがんで、胸元をちょっと見せる感じで「これがわからないんですぅ」って上目づかいに……。そこで、必勝のキメ顔をするの。(キメ顔をして見せるMさん)

――ははははは! かわいい~!! 好きだからセックスするというよりは、興味があるからヤッてみたいって感じなんですね。

M: ですね。言い方悪いんですけど、スタンプラリーみたいな感じ。
タイプでも立ち場でも性格でも出身地でも、今までいなかった新しい異性に合うと「攻略したい!」って気持ちになるんです。触りたくなっちゃうの。

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス
ポケットモンスターXY ポケモン全国大図鑑/小学館
スタンプラリーを楽しむようにポジティブヤリマン街道を驀進するTさん。楽しそうに話す顔を見ていたら、頭の中を『ポケモン言えるかな?』が鳴り響きました。


――ははあ、新しいポケモンがいたらとりあえずゲットだぜ!みたいな。でも出身地はどうでもよくない?(笑)

M: いやいや。出身地もね、方言とかいろいろ面白さがあるんですよ~。

 次回は、Mさんの「セックスはスタンプラリー」エピソードについてお届けします。

Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら