• sex
  • 2014.07.15

美女が「今日暇」スレの男とセックスをする理由/アダルト業界で働く女性の性事情(3)


 今回インタビューに応えてくれたのは、アダルト系企業に勤務するNさん(27歳)
昨年までは地元の一般企業に努めていたけれど、ずっと興味のあったエロ系の仕事をしたいと思い、一念発起して上京したというアグレッシブな女性です。
第一回目第二回目も合わせてどうぞ。

セックス活動の場は2ちゃんねる

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――初体験でセックスに目覚めたそうですけど、それ以降のセックス遍歴も聞いてもいいですか。

N: 基本、相手はインターネットで探すんです。
だから初体験の次の人もネット経由。(考えている)んーと、20代後半の会社員だったかな。ははは、数が多いんでわからなくなっちゃう!

――え、そんなにお盛んなんですか!?
ちなみにインターネット・ラブはどれくらいのペースで……。

N: 初体験済ませて、ヤリたくてたまらなかったときは週3くらい。

――それは、別々の人と?

N: はい。

――すごい! 週に3回もインターネットで相手見つけて連絡とって会って……って、なかなかできませんよ。
インターネットでセックス相手探す場合って、どういうふうにアプローチしてくんですか? 

N: 私の活動の場は主に2ちゃんねるなんですけど、「今日暇な人会いましょう」みたいなスレッドがあるんですよ。そこに年齢とかアドレスとか書きこんで。

――「今日暇?」でイケちゃいますか!

N: いけちゃうんですよ、これが。
もちろん会っても100%セックスするわけじゃないですけど、私はわりと守備範囲が広いのでしちゃう確率高いですね。

2ちゃんねるで出会ってきた様々な男性


――偏見ですけど、2ちゃんねる経由でなんの予備知識もない相手と会うとなると、コミュ障っぽい人が来ちゃう場合もあるんじゃないですか。

N: ありますね。でもコミュ障でも誘ってくれたらしちゃうかな。童貞の人が来たこともありましたよ。

――Nさんは昨年上京してきたわけですけど、地元を離れて環境が変わったことでセックスライフにも変化ありました? 今もやっぱり2ちゃんねるでインターネットラブ?

N: そうですね。仕事が忙しくて土日しか動けないので回数は減ったけど、田舎にいるときよりも相手は増えたかな。
今は4~5人を週末ごとにまわしてるって感じです。伸べ人数だと50人~100人くらい。

――アグレッシブだなあ。やっぱり、毎週ヤリたい?

N: ……ヤリたいですねえ。
でも最近、前よりも広く浅くってなってきてるかなとは思う。相手を責めるのにハマってるので、2ちゃんねるで相手を探すときもまわりくどいことはせず、最初からそういう人たちをターゲットにしてます。

――セックス目的でそれだけの相手と会うと、いろんな人がいたんじゃないですか。今まで会った人で、変わった人っていた?

N: うーん、セックスのときにAVを流す人がいましたね。それ自体は全然いいんですけど、その人、どういうわけかAVで男優が言ってるセリフと同じセリフをオウム返しっぽく言うんですよ。

――な、なんで?

N: わかんない。でも、全然集中できなかったです!(笑)

――ははは。だろうなあ。じゃあ一番良かった人は?

N: 良かった相手というか興奮したプレイは、縛られて電マで責められたことですね。

――あー、そういうことは、普通に付き合ってるカップルだとなかなかやりにくいですもんねえ。ちょっと羨ましくなってきた!(笑)

一瞬で相手との壁が取り払われるのがセックスの魅力


――恋愛のほうは、どういう感じ? 初体験を済ませるまでに付き合ったり好きになったりした相手っていたんですか。

N: ほんのり「いいな」と思うくらいの人はいても、告白するとか付き合うとかいう現実的なアクションを起こすほどの相手はいませんでしたね。
ネットで知り合ってセックスした相手とも、やっぱり付き合うって感じにはなかなかならなくて……。
だから、彼氏ができたのはもう少し後。22歳くらいのときに知り合いの紹介で付き合ったのが初めてです。
20歳くらい年上の当時40歳過ぎの人で、3年くらい付き合ったかな。相手の浮気が発覚して別れちゃったんですけど。

――インターネットで知り合った人とのセックスとは、やっぱり違った?

N: うーん、そうですね。「愛があるセックスは気持ちいい」みたいなことはそれほど思わないけど、付き合ってる相手のほうがコミュニケーション取りやすいというか、いろいろ言いやすいっていうのはありますよね。ここが気持ちいいからこうしてとか、イケないからオナニー手伝ってとか。

――彼氏がいるときは、インターネットラブは控えてるの?

N: 基本的にはしないけど、絶対にとは言えない。
でも、彼氏ができたら落ち着かなきゃって気持ちはあるんです。だから、今はもうちょっと自由に遊びたいですね。実は明日も約束が……。

――Nさんを、そこまでセックスに駆り立てるものって何なんでしょうね。

N:「この人はどんなセックスをするんだろう」っていう好奇心かな。
私、自分自身にも人見知りというか、コミュ障的な部分があると思ってるんです。
でもセックスするとそういうのって一瞬にして取り払われるじゃないですか。それが面白いというか、気持ちいいというか。

――なるほど。恋愛感情でも、肉体的に気持ちよくなりたいっていうのともちょっと違う。別の自分になれる……みたいな感じなのかな。

N: そうかもしれないですね。

 次回は、Nさんの取材後の遠藤さんの考察をお届けします。

Text/遠藤遊佐


遠藤遊佐さんの取材を受けてみたい方、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら