• love
  • 2012.12.30

人生を考えさせるピッカピカの丸の内ビルとイルミ(前編)

 こちらの連載では、少年アヤちゃんが東京各地を散歩しながら、その時に感じた・見たものを写真日記風に語っていきます。ぜひアヤちゃんと一緒に散歩気分を味わってみてくださいね♪ 
読み進めていくうちに、各地域別の男女の様子が浮かび上がってくるかもしれません。
池袋前編『第3回:執事喫茶で出会った男の子と巨大なビーフ』や後編『第4回:アヤちゃんも逃げ出す池袋のカオス』も合わせてどうぞ!

丸の内とのあまりにも遠い距離感
でもなぜそこにBEAMSが…?

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内

 今回は、イルミネーションきらめく12月の丸の内に行ってきました。
実はこれまで、丸の内という場所が具体的にどの辺にあるのかがよく分かっておらず、行きの電車でyahooの路線検索に「丸の内」と入力して出て来た結果が「丸の内(愛知県)」だった時は本当に仰天しました。片道10,270円とかいって。
しかし、実際の東京・丸の内は愛知県のそれを上回る距離感で、人生とはなにか、AMとはなにか、ギャラとはなにか、源泉徴収とは…等、悲しくなるくらいいろいろなことを考えさせられてしまったのでした。

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内

 どこかハリボテ感の漂う東京駅を背に行くと、すぐ目の前に丸の内ビルディング…通称丸ビルが現れます。
最初はこれがあの…と構えていましたが、かなり目立つ所で呑気にピカピカ光っているBEAMSのロゴを見たら少しホッとさせられました。というより油断させられました。
あまりにもおなじみのブランドだったので、つい「ヒカリエに毛が生えた程度の場所かも♪」なんて思ってしまったんです。これがそもそもの間違いでした…。

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内
少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内

 完全に油断したまま中に入ると、そこには見たこともない程モダンな空間が広がっており、「わあ~」と声を漏らした自分が貧乏人丸出しで早速惨めな気持ちに。
それから、うっかり感動しそうになるのを抑えつつ上に登って行ったのですが、どうしてこんな息苦しくなってるんだろう?という問いの答えは「貧乏だから」以外に思い当たらず、すれ違う丸ビルユーザーの、いかにも高そうな素材のコートを見ていたら劣等感が爆発して叫び出しそうになりました。
恐らく、「むしゃくしゃしてやった」に至る心理がこれでしょう。
…って犯罪心理をこんなところで体感させられるとは……。

 そんな中、やっぱりBEAMSの存在は浮いており…いや、私からしたらBEAMSだって充分なハイブランドですが、
そういう事じゃなくて、だって持とうと思えば高校生だって持てるブランドじゃん!
天下の丸ビルがあんな一等地にBEAMSを招き入れた理由がさっぱり分からないよ!

「癒着でもしてるのかな?」

 そう言いながら一通り見て回り、やがて目当てのレストランフロアに到着。庶民に媚びる気など一切無い様子のレストランはどこも敷居が高く、いかにも業界人っぽい様子の人たちがしれっとした顔でサラダを食べている所を見ていたらなんかよく分かんないけど傷付いた。
そして貴重品のようにゆっくりと転がされるコロッケを見ていたら、「私だってそんなに大事にされたことない!」と叫び出しそうになった。ものすごい敗北感です。

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内

 夏はナンパスポットにもなるというテラスにも出てみましたが、寒風吹きすさぶ中ではさすがに誰もおらず、
観光に来た老人グループが東京駅を見て「なつかしい」等と言っている光景があるのみでした。

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内
少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内

 ものすごく低いイスの並ぶレストラン。びっくりして思わずイメトレ…。

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内
少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内

 それからまたフロアを下る途中、なんとなくBEAMSに入ってみたら、丸の内セレブがまるでヒートテックでも買うかのようなノリで何枚もセーターを買っているのを目撃!
あまりの軽さに、もしかして丸の内では、BEAMS=ファストファッションってことになってるの!!?と衝撃&合点が行きました。

これが富裕層の実力…癒着とか言ってほんとにすみませんでした。
お金ください。

【次回丸の内後編に続きます!】

少年アヤちゃん 東京散歩 AM 画像 丸の内
物凄く小さい音のクラシックが流れるスピーカーに凄むアヤちゃん

プロフィール
大泉りかさん 少年アヤさん 犬山紙子 脱ブス

少年アヤちゃん

平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。 ヤフオクで生計を立てる傍ら、ブスと環境をテーマにしたトークイベントなどを主催。モテない女に関するツイートやブログの文章が、現在多くの女性から支持を集めている。
ブログ:少年アヤの尼のような子
ツイッター:@omansiru



関連キーワード

ライタープロフィール

少年アヤちゃん
平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。

今月の特集

AMのこぼれ話