• love
  • 2012.08.30

男の言い分コラム・勝手にタレント名鑑 第5回:前田敦子はちらし寿司の具でいうと菜の花!?

第5回:前田敦子はちらし寿司の具でいうと菜の花!?


あっちゃん、ピンでやれんのか!

By mdpai75
©By mdpai75

 前田敦子がAKB48を卒業しました。

 弱冠21歳の女の子がアイドルグループをやめるというだけで、ライブは生中継され、ニュースにも取り上げられるなど、日本中が大騒ぎ。 まさにAKB48の国民的な影響力を見せつけるようなできごとでした。

 しかし、同時に私たちには、ある言い知れぬ不安がよぎります。
果たして彼女は、これからどうしていくのか/どうなっていくのか。
もっとハッキリ言ってしまえば、「あっちゃん、ピンでやれんのか?」ってことです。

 秋元康自身が語っているように、AKB48はもともと「クラスで5~6番目くらいにかわいい」女の子たちを集めて結成されました。
その「がんばれば俺にも手の届きそうな感じ」こそ、AKB48が人気を博した秘密のひとつ。

 つまり、もともと彼女たちはピン仕様ではなく、集団としてかっこよく踊ったり、仲良くイチャイチャしている、そのようす全体を見て愛でるようにできているアイドルグループです。
はからずも、第3回選抜総選挙であっちゃん自身が語っている通り、「私(=メンバー単体)のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならない」システムになっているのです。

 これを私は、「ちらし寿司システム」と呼んでいます。

“AKB48=ちらし寿司”理論

 ちらし寿司は、一般にひな祭りなどのお祝い事やパーティーの席で出される「豪華」な料理です。

 しかし、スーパーの弁当コーナーや、寿司チェーン店などに並んでいるちらし寿司は、よく見ると刺身や握り寿司のネタとしては使えない、切り落としや余り部分を巧妙にリサイクルして作られていることがわかります。

 中には、子持ち昆布といった地味な食材や、なんだかよくわからない魚の卵なども、彩りとして混ぜ込まれていますが、これらの雑多な具材のおかげで見た目が華やかに仕上がり、具だくさんだけど味の調和もとれたおいしい一品に仕上がっているわけです。

 そして、このちらし寿司をAKB48として考えたときに、偉大なる「不動のセンター」こと前田敦子は、果たしてなんだったのだろうかと考えさせられるのです。

 モデル並みの容姿を持つ篠田麻里子はエビ、花形の大島優子はマグロ、全体の立役者である高橋みなみは玉子、ギャル層の若者に人気のある板野友美はサーモン。
前回の総選挙で大躍進を果たした柏木由紀はイカ、次世代のエース最有力・渡辺麻友はイクラ、HKT48に移籍してしまいましたが、ヘタレキャラで異例の人気を獲得した指原莉乃はレンコンといったところでしょうか。

 そう考えていくと、意外にもあっちゃんのポジションって難しいんですよ。
ちょうどいいネタが見当たらないんです。
悩み抜いた末に、私が出した結論は「菜の花」でした。

ちらし寿司に入っていない菜の花に春はくるのか      

By photoskate
©By photoskate

 ちらし寿司における菜の花は、ひな祭りシーズンの“春らしさ”を一手に引き受ける大切な存在。
彩り的にもパッと目を引く緑色で、ちらし寿司全体のバランスを統率するのに必要不可欠ですし、堂々たるセンター感もあります。

 しかし、菜の花は食材としてはきわめて異色の存在です。
ちらし寿司の上では華やかな彩りを放っていた彼女も、酢飯という舞台を降りてしまえば、ちょっとクセのある食用の花。
おひたしや和え物にされることもありますが、いずれも「お通しかよ!」みたいな冴えない立ち位置であることは否定できません。

 レンコンでさえ、肉をはさんで揚げればメインのおかずになるのに……。

 ちらし寿司を好きな人はたくさんいるし、「ちらし寿司に入ってる菜の花が好き」という人もたくさんいますが、「好きな食べ物は菜の花」とわざわざ挙げる人はあまりいません。

 女性の魅力もまた同じです。
チアリーダーで踊ってるときはかわいかったのに、私服で会ってみたらそうでもなかった。
秘書課の中ではアイドル扱いなのに、実際は愛人体質を抜け出せない。
合コンでいちばん目立っていた女性が、結局お持ち帰りされない。

 集団や全体の中では特権的な魅力を放つのに、個としてはその資質が埋没してしまう。
世の中では、そういうことが往々にして起こるのです。

 前田敦子は、テレビのバラエティ番組などで、ときどきびっくりするくらい電池の切れた“無”の表情になっていることがあります。
しかし、実はそちらこそが、AKB48という重たい看板を下ろしたときの彼女の本質なのではないか、とも思うのです。

   野に咲く一輪の菜の花となった彼女の行く末を、いささか心配しつつ見守っていきたいと思います。

Text/Fukusuke Fukuda

■合わせて読みたい

関連キーワード

ライタープロフィール

福田フクスケ
フリーライター。“くすぶり男子”の視点から恋愛やジェンダー、セックスなどを考察。

今月の特集

AMのこぼれ話