• love
  • 2012.07.28

File8 番外編:浮気を許した女たち!

思い切りひねった復讐をするのもいいですが、今回は番外編として、“許した女たち”をご紹介します! 

 ユニークな復習方法を行った女性たちのように、思い切りひねった復讐をするのもいいですが、今回は番外編として、“許した女たち”をご紹介します! 

CASE1 真摯に謝る彼の浮気を許した彼女を待っていたのは…

Jersey test By sleystl
©Jersey test By sleystl

 現在は通訳の仕事をしているAさんが学生時代の頃体験したお話です。彼女は、当時ラグビー部に所属していて、明るく優しい彼と付き合っていました。順調な付き合いを重ねる内、Aさんが1年留学することを決意するのですが、彼は号泣して別れを悲しんだそう。
しかし、クリスマスに一時帰国した際、彼女は彼の顔を見てピンときます。問い詰めるとなんとラグビー部のマネージャーである下級生と付き合っている、と白状。それでも彼は「お前の顔を見たら、大切なものが何かわかった。彼女とは別れる」と言ったそうなので、Aさんはムカつきながらも、許してしまったのです・・・! しかもその時、ダイヤの指輪も差し出され、さすがに突っ返したそうですが、やっぱり頬が緩んでしまう彼女。
ところが・・・1年の留学を終えて帰国した彼女を待っていたのは、まだ下級生とズルズル続いていた彼だったのです・・・! Aさんは即別れ、あんな優柔不断の男のことをずっと考えていたと思うと悔やんでも悔やみきれなかったといいます。やはり、浮気を許すと決していいことはないのでしょうか…? 思わず男性の“性”を考えてしまう事件ですね。

CASE2 許すっていうのはこういうことです!

please forgive me for my distance By Isabel Bloedwate
©please forgive me for my distance By Isabel Bloedwate

 その衝撃的なシーンは1996年フランスの大統領フランソワ・ミッテランの葬儀で起こりました。 ミッテランには夫人であるダニエルのほかに長年の愛人であるアンヌがいたのです。しかも、彼女にはミッテランとの隠し子・マザリーヌがありました。その葬儀に、ダニエルはアンヌとマザリーヌを出席させたのです。この時点でも尊敬モノなのですが、ダニエルはさらにマザリーヌをその葬儀の場で優しく抱きしめたというのです。
この“彼女が許した”というエピソードはフランス全国に広がり、「マザリーヌ効果」という言葉まで生まれたのだとか。ダニエルの心の中まではわかりませんが、彼女の行為はとても美しいものだといえるのではないでしょうか。許すという行為は、周囲の人間の心を驚くほど温めるものなのです。

といっても浮気をされて傷つくのは本人。浮気した彼を許す、許さないは女性にとって大きな問題ですが、どっちが幸せなのかは本当に難しいですね。復讐した人々、また今回の許したふたりの女性、それぞれの姿はあなたにどう映りましたか? 浮気が起こったあと前に進むためには、自分自身が一番悔いのない方法をとるのが一番なのかもしれませんね。

Text/AM編集部

※参考文献
『ELLEJapan』ハースト婦人画報社 1997年5月号