• love
  • 2012.07.14

File6 あなたもご注意!男性からの復讐編

今回はいつもとは逆パターンである、男性たちから復讐されてしまったという女性をご紹介いたします!

 前回は複数の女性から復讐されてしまうという哀れな男性たちをご紹介しました。そして今回はいつもとは逆パターンである、男性たちから復讐されてしまったという女性をご紹介いたします!

CASE1 オークションで売られていたのは・・・妻!

Wrapped Gifts Retirement Party 7-8-09 8 By stevendepolo
©Wrapped Gifts Retirement Party 7-8-09 8 By stevendepolo

 世界最大級のインターネットオークション上で起こった事件。とある男性Pさんは、自分の妻が同僚と不倫をしているのではないかと疑いを持ちました。 一度疑いだすともう止まらない! というのは男女共通なのでしょう。なんとPさんは、彼女をオークションで売り出すことにしたのです。“嘘つきで卑怯者の不倫女。軽薄なビッチ妻”という説明をつけて出品し、写真はもちろん住所氏名も公開。さらには「どうか高値は付けないでください。そんな価値のある女ではありません」なんてコメントも。

 出品後、数日のうちにネット上でも話題となり、なんと最高価格は500,100ポンド(6,450万円)にもなったのだとか。ただ、そのうちPさんは自分の行いが間違っていることに気付き、静かに取り下げたそうです。このソーシャルメディアが浸透した時代に、これは罰の重い復讐です・・・! 気軽に彼に画像を渡すのはやめたほうがいいかもしれませんね。

CASE2 寝て起きると背中にはなんと“○○”のタトゥーが

Jerm By Bryan Gosline
©Nurture By rickyqi

 それはオハイオ州で起こった、取り返しのつかない事件。刺青アーティストRさんの元彼女Lさんは、なんと彼の長年の親友と浮気をしてしまい、別れることに。しかし、別れたあとになって、なぜかはわからないのですがその彼女はRさんに背中の刺青を依頼したのです。これが悲劇の始まりでした。男性同士の友情を壊し、裏切った罪は重いのです…。 酔っ払ったまま施術を受けにきたLさんは『ナルニア国物語』のワンシーンを絵柄に依頼し、そのまま寝てしまいます。ところが出来上がっていた絵柄は、なんと『うんこ』のタトゥーだったのです! 憤慨した彼女はライアンさんを訴えますが、彼女は酔っ払っていた際に「刺青のデザインはアーティスト(それを彫る人)の裁量による」と書かれた同意書にサインをしてしまっていました・・・。無念としか言いようがありません。これは、ひどい振り方をしたのに、なんやかやと彼を便利屋扱いしている女子を見かけた際には積極的に語り継ぐべき事件です。

今回は、男性たちの復讐劇を紹介いたしました。浮気をしてしまっても、別れるだけでは終わらず、こんな罰を受けるのは絶対避けたいですね。くれぐれも気をつけましょう!

Text/AM編集部

今月の特集

AMのこぼれ話