• love
  • 2012.06.14

AM読者が語った!「人生で一番輝いていた言い訳」(第2回)

先週に引き続き、今週もAM読者のみなさんが恋人についた言い訳のVOL.2をご紹介します。全4回に渡りご紹介させていただきますので、来週もお楽しみに!

VOL2/矛盾はパワープレイでカバー!?

一歩間違えれば一日険悪になりかねない遅刻にまつわる言い訳

コンプレックスも言い訳のネタに

Lace Lingerie By The Lingerie Addict
©Lace Lingerie By The Lingerie Addict

デートの約束をしていた日に、うっかり寝坊。時計を見ると待ち合わせの時間15分前…。
とりあえず、すぐに「ごめん、ちょっと遅れる」とメール。それから急いで準備をするも30分ほど遅刻をしてしまいました。
彼から「ちょっとじゃないだろ何分待たせるんだよ~」と不機嫌に責められ、何とかイイ言い訳が無いかとモジモジ…。言葉の出てこない私を見て「何かあったの?」と、彼が聞いてきたので、半分冗談で「実はちょっと言うの恥ずかしかっただけど…、ノーブラだったのに気がついて一度家に帰ってたの。ほら…私、貧乳だからさ。気がつかなくて」と言ってみると、「あー、君の場合はそうかもね」と、大爆笑。
失礼にもすんなり信じていました…。言い訳するんじゃなかったー!!!!
(てこ/26歳/営業)

<編集部からのヒトコト>
咄嗟の機転でコンプレックスまで武器にしてしまう、捨て身の言い訳には頭が下がります。

不思議ちゃんを装え! ファンタジックな言い訳

彼も私も大雑把な性格なので、デートに遅刻するのはお互い当たり前になっていましたが(笑)、朝起きたら彼が枕元に立っていた時は、さすがに焦りました。約束の時間を2時間も過ぎていて…。
言い訳しても無駄だと思いつつ、寝ぼけ眼で「時間泥棒に時間を盗まれた…」と。まるで被害者のように言う私に、彼は爆笑でした。
(miku/27歳/商社)

<編集部からのヒトコト>
寝起きで発したとは思えないほど、SF風ですね。迷言が飛び出す彼女、彼も手放せないのでは?

咄嗟のときも、彼の喜びそうなワードで責める

時間に厳しく「時間にルーズなやつは、金にもルーズなんだ」というのが口癖の彼。しかし、朝方まで飲んでいたある日、気がついたときには約束の時間でした。
あわてて彼に電話、「デートが楽しみすぎて、全然寝付けなくて…。朝方、やっと眠れたと思ったら、約束の時間になっていたの」と言い訳。
不機嫌だった彼もデートが楽しみだったというのが、うれしかったのか「遠足の前日の子供か!(笑)」と逆に喜んでいました。
(なお/28歳/銀行員)

<編集部からのヒトコト>
ほんとかよーと多少は疑っても、うれしくなっちゃうのが男の性。信じたくなっちゃう言い訳というのもミソですね。

突拍子もない言い訳もおもしろければOK!?

昔から、デートにはもれなく遅刻。彼もそんな私には慣れっこだったので、適当な言い訳を使いまわしていました。「家の中に鳩が入ってきて、捕まえていたから遅れた!」とか、
「アメリカの時間で過ごしているから時差で遅れた」とか、「急いで歩いていたら、蟻と事故を起こして揉めている」とか…。今思い返してみると意味不明ですね。 (saya/25 歳/美容関係)

<編集部からのヒトコト>
ひとつひとつの信憑性やクオリティよりも、数を打って勝負するスタイルですね。
それにしても「蟻と揉めている」というのは常人には考えつかないセンスを感じます。

うっかり女子力ダウンの巻

Self I woke up beside the sea, By soundlessfall
©Self I woke up beside the sea, By soundlessfall

彼との3回目のデート。楽しみにしていたのに、起きたら約束の時間…。お風呂にも入りたいし、お化粧もちゃんとしたいし、洋服にアイロンもかけたいし…。ざっと計算しても1時間半は遅れる…。なんて言い訳しようかと寝起きの頭で考え、「おなかが痛くてトイレから出られない」とメールしてしまいました。
女を保つために遅れるのに、言い訳で女子力を下げてしまったと気づいたのはメールを送った後でした…。
(ゆか/31歳/出版)



<編集部からのヒトコト>
女同士だと、トイレ事情まで話してしまいますが、男の子はとてもセンシティブなもの。いきなりピーピー宣言をされてしまったら、引いてしまうこともあるかも…(笑)。

目覚まし時計が壊れやすい体質の女を装う

寝坊のため、彼を2時間も待たせてしまった時の言い訳です。「頭から電磁波が出ているのか、昔から目覚まし時計がよく壊れるんだけど。今日も時計が止まっていたんだよね。また、時計買わなきゃ」と。彼は半分呆れながらも「買ってあげようか?」と、笑って許してくれました。
(ひとみ/30歳/IT)

<編集部からのヒトコト>
ここまで、言い切られると怒る気も失せるというもの。戦意消失させるのも一つの手かも…。
Text/AM編集部

バックナンバー

関連キーワード