• love
  • 2014.04.20

いまだかつて描かれなかった“恋愛映画のその後”とは?『恋愛の温度』

 付き合い始めの頃は別れた時のことなんて想像できない。
だからこそ失恋はノウハウってものが用意されていない。未曾有の大災害に遭遇したように右往左往し、相手を傷つけ、そのせいで自分を責める。

 この映画の男女は今日別れる。愛し合っていた分、それがすべて憎しみと悲しみに変わり、感情をぶつけ合う。それも全部、好きって証拠。その感情がやがて二人を繋ぎ、物語を動かす。
しかし、彼らには免れない事実がある。

「別れた男女の復縁率は82%。そのうち、上手くいくカップルはわずか3%」
二人はこのデータを乗り越えられるのか?

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ノ・ドク イ・ミンギ キム・ミニ キム・ガンヒョン 恋愛の温度 ツイン 失恋 ラブコメディ ノウハウ 破局 カップル ラブストーリー 韓国 愛 憎しみ
©2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 ラブコメディながらもきちんと「これって私のこと?」と錯覚し、心をヒリヒリさせる。
あらゆるシーンで観る者に共感を与えてくれるのは、本作で第16回上海国際映画祭の最優秀作品賞を受賞した新人ノ・ドク監督。破局したカップルの顛末をインタビュー形式で見せ、お互いの心情を分かりやすく追っていきます。

 出演は、『恋は命がけ』のイ・ミンギ、『火車 HELPLESS』のキム・ミニ。この二人が別れた直後のカップルを演じ、ロマンチックを一度全部取っ払ってから始まる“恋愛映画のその後”を描いた全く新しいラブストーリーに仕上がっています。


愛は憎しみに変わるのか?それとも…

 【簡単なあらすじ】
 同じ銀行で働くドンヒ(イ・ミンギ)とヨン(キム・ミニ)は付き合って3年のカップル。周囲に内緒で社内恋愛をしていたが、今日破局。二人は互いに相手の大切にしていたものを壊したり、ストーカーまがいの行動に出たりと、相手への執着に余念がない。
愛情がすべて憎みに変わったかと思いきや、互いのことを心のどこかで思いやる二人。やがて本心に気づいたドンヒとヨンはヨリを戻し、愛し合う日々が再び始まるが……。

この世に“上手い別れ方”なんて存在しない?

 始まった途端、互いの愚痴で始まる恋愛映画って珍しいです。
でも、現実世界では当たり前。相手がいない場所で互いの悪い面をたくさん掘り下げて、家に帰って一人になると遠い目をする。もしくは泣く。さらにはLINEのデータを削除。Facebookで相手の近況を覗き見する。それはドンヒとヨンも同じ。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ノ・ドク イ・ミンギ キム・ミニ キム・ガンヒョン 恋愛の温度 ツイン 失恋 ラブコメディ ノウハウ 破局 カップル ラブストーリー 韓国 愛 憎しみ
©2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 でも、この二人はある意味現実では“叶わない夢”を叶えている。ドンヒがヨンのSNSのパスワードを探り当ててログインしたり、ヨンがドンヒの今カノを尾行したり、普通やってはいけないことを次々と実行する。
こんなに感情を露にして、互いに不満をぶつけ合う失恋はなかなかありません。だけど、再びヨリを戻した後の二人が向かう先は果たして“叶わない夢”なのでしょうか。
その結末は、あまりにも現実的で厳しいもの。

「これが“別れ”ですか? 愛し合ってた頃は美しいのに、その結末はあまりにも醜い」

 ドンヒのセリフにあるように、愛が憎しみに変わる描写があまりにも生々しく、笑いながらもハッとさせられるシーンが多いのです。


“上手くいくカップル3%”の狭き門へ

 ドンヒとヨンが勤める銀行にドキュメンタリーのカメラが入り、インタビュー形式で登場人物たちの独白するシーンを物語の途中に散りばめている。これにより、リアルタイムで二人の感情が言葉に変換されていくのでとても分かりやすい。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ノ・ドク イ・ミンギ キム・ミニ キム・ガンヒョン 恋愛の温度 ツイン 失恋 ラブコメディ ノウハウ 破局 カップル ラブストーリー 韓国 愛 憎しみ ©2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 再び付き合う事になった二人は、統計として立ちはだかる「再びヨリを戻したカップルで上手くいくのは3%」を乗り越えようとする。その障害となるのが、ずっと変わろうとしないドンヒ、いつも自分だけが頑張ってることをアピールするヨンだったりする。

 この愛を大切に、壊さないようにしたい。
二人の気持ちは一緒なのに、考えれば考えるほど亀裂が生まれていく描写がとてつもなくリアル。冒頭から恋愛が終わり、また恋愛が始まり、そして……。

 こんな風に、ある意味3度恋愛映画が楽しめるのは映画の中だけにしてほしい。現実でこんなに気持ちの上昇&下降が繰り返されると苦しいですから。
高まるだけじゃなく、ちゃんと冷める。そんな“恋愛の温度”を時に冷たく、時に温かい恋をしたことがあるすべての人の心を包み込んでくれるのです

     

失恋後に抱く感情と、あるあるエピソードが満載!

 嫉妬とトキメキが入り交じる、別れた後の感情。きっと誰もが身に覚えのある失恋後エピソードの嵐です。
その証拠に、本作の原題は『Very Ordinary Couple』。そこに描かれるのはとても普遍的で、どこにでもいて、ありふれた恋愛なのです。
だからこそ、彼らの『恋愛映画のその後』は胸に響くのでしょう。


たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ノ・ドク イ・ミンギ キム・ミニ キム・ガンヒョン 恋愛の温度 ツイン 失恋 ラブコメディ ノウハウ 破局 カップル ラブストーリー 韓国 愛 憎しみ ツイン
©2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

4月5日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開!

監督:ノ・ドク
キャスト:イ・ミンギ、キム・ミニ、キム・ガンヒョン
配給:ツイン
原題:연애의 온도/EMPERATURE OF LOVE/VERY ORDINARY COUPLE/2013年/韓国映画/112分

Text/たけうちんぐ

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら