• love
  • 2014.03.14

ジョセフ・ゴードン=レヴィット初監督作品!彼女がいてもポルノを見続ける男が知る、“真実の愛”とは?『ドン・ジョン』

 彼氏がポルノを見ていたら許せますか?
残念ながらポルノを見たことがない男なんていないでしょう。この映画の主人公もそう。しかもイケメンのプレイボーイ。美人の彼女がいるのに毎日パソコンの画面で最高のセックスを求めてしまう。
そんな彼がやがて、タイプの異なる二人の女性と出会い大きく変化していく。

「イイ男は、女がつくる」
これは一体、どういう事なのか。その一部始終を覗いてみよう。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ドン・ジョン ポルノ ジョセフ・ゴードン=レヴィット セックス 恋愛映画 真実の愛
© 2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved.

『(500)日のサマー』『インセプション』『ダークナイト ライジング』など話題作に次々と出演し、世界中の女性ファンを虜にしてきた俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィットの初監督作品。彼が自ら演じる主人公はなんと、ポルノ無しでは生きられないプレイボーイ。
しかし、さすがは才気溢れる塩顔短髪イケメン俳優。単なる性欲丸出し映画を撮るはずがない。スカーレット・ヨハンソン、ジュリアン・ムーアといった実力を兼ね揃えた女優を前に、主人公ジョンがどう変わっていくのか。その行く末は、ポルノとは程遠い“真実の愛”なのだ。


最高のセックスはポルノにあると信じた男の“真実の愛”とは

 【簡単なあらすじ】
 女性に対して連勝、無敗。プレイボーイのジョン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は家族とも仲良く、毎日教会に通い、女性には何一つ不自由のない生活を送っている。
そんな彼のことを仲間は“ドン・ジョン”と呼ぶ。しかし、彼の日課はパソコンでポルノ動画を見ること。現実の女性とのセックスでは満足できず、最高のセックスはポルノにあると思っている。

 そんな彼が絶世の美女・バーバラ(スカーレット・ヨハンソン)と恋に落ちる。ゴージャスな風貌とは裏腹に、堅実な家庭に育ち、恋愛映画のような美しい恋に憧れる彼女。しかし、ジョンは相変わらずポルノ動画を見る日々。
そんなある日、ポルノ動画を見ているところをバーバラに見られてしまう。彼は「二度と見ない」と取り繕うが……。

 時を同じくして、ジョンは夜学の授業で年上の女性・エスター(ジュリアン・ムーア)とも出会う。ポルノ鑑賞についても積極的に話題にしてくる彼女をはじめは煙たがるが……。
タイプが異なる二人の女性から、ジョンは今まで気付かなかった大切な事を学んでいく——。

男の教科書はポルノ、女の教科書は恋愛映画?

 ジョンにとってMacの起動音はポルノを見始める合図。“ドーーーン”という音は彼のリビドーを意味する。
冒頭、軽快なナレーションとカットの連続で映し出されるジョンのポルノ・ライフ描写に笑いが止まらない。だけど、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの描き方はどこか愛おしい。彼の行動に多くの男性は「そうだよね〜、なるよね〜」と同調するだろう。
男にとってセックスの教科書はポルノ。それは一つの真実。男性の悲しき性でもあるのだ。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ドン・ジョン ポルノ ジョセフ・ゴードン=レヴィット セックス 恋愛映画 真実の愛
© 2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved.

 一方、バーバラが恋愛映画から影響を受けているように、映画や少女マンガを恋愛のお手本にしている人も多いのでは?
やがて男女の恋愛が発展した先に、お互いの理想にお互いが「それはあり得ない」と口を揃えてしまう。この現実こそが、本作のテーマなのだ。これは初監督作品とは思えない観察力。
ポルノと恋愛映画を題材にして、メディアが男女の理想を作り出している事を、分かりやすく描いているのだ。


二人の女性から見えてくる理想の恋愛、理想のセックス

 ポルノ・ライフに明け暮れるジョンに訪れる転機を、二人の女性が作り出す。
セックスだけが目的のジョンにとって、恋愛映画好きの美女バーバラと、恋愛対象にかすりもしないエスター。実はそのエスターは大きな悲しみを抱えて生きていて、日々現実と対峙していたのだ。
恋に恋するバーバラと、現実と向き合うエスターという二人の対比になっている。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと ドン・ジョン ポルノ ジョセフ・ゴードン=レヴィット セックス 恋愛映画 真実の愛
© 2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved.

 ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、男女の関係でお互いを性的な「モノ」として見ていることに気づいたという。人はポルノや恋愛映画をはじめとするすべてのメディアから影響を受けて、相手を自分の理想に当てはめ、こういう人間だと決めつけてしまう。実際の現実は、もっと微妙なものなのに。
バーバラとエスター二人の違いから垣間見える、彼が描きたかった理想の恋愛と理想のセックスを、ぜひその目で確かめて。

イイ男を作るヒントがいっぱい?

 バーバラとエスターがジョンに与えたことは、あなた自身がより良いセックスと恋愛を築く手がかりになる。 恋愛映画に憧れる少女のままでいるのは、ジョンがポルノのようなセックスに憧れるのと同じこと?
今までの恋愛観を捨てて、一筋縄ではいかない恋愛映画『ドン・ジョン』を観よう。
イイ男を作るヒントを得られるかもしれない。


2014年3月15日(土)角川シネマ有楽町、シネマライズ他全国ロードショー

監督:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
キャスト:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、スカーレット・ヨハンソン、ジュリアン・ムーア、ロブ・ブラウン、グレン・ヘドリー
配給:KADOKAWA
原題:Don Jon/2013年/アメリカ映画/90分/R15+
URL:映画『ドン・ジョン』公式サイト

Text/たけうちんぐ

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら