• love
  • 2014.02.12

高級ホテルで働く40歳独身女性のラグジュアリーな生活…この人生に星はいくつ?『はじまりは5つ星ホテルから』

 その女性は今日も一人で空を飛ぶ。フランス、スイス、イタリア、モロッコ、ドイツ。一度は旅してみたい国に仕事で行く。しかも目的は高級ホテル。
毎日がラグジュアリーな料理に、ベッドに、景色。仕事とはいえ、誰もが一度は憧れるホテルに泊まれるなんて夢みたい。こんなの、想像するだけでうっとりする生活です。

 ただし、私生活では40歳の独身……。彼女は一体、“幸せ”なのでしょうか?
それは、この映画を観てから判断してみてください。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと マリア・ソーレ・トニャッツィ マルゲリータ・ブイ ステファノ・アコルシ オープンセサミ アルシネテラン はじまりは5つ星ホテルから 40歳 女性 独身女 一人旅 自由 孤独 覆面調査 幸せ 物差し 結婚
© 2013 Biancafilm Licensed by RAI S.p.A. – Rome, Italy. All Rights Reserved.

 世界各国の実在の高級ホテルを舞台に次々と繰り出されるのは、絶景の観光地、料理、おもてなし。観ているだけでお腹いっぱいの高級感が味わえます。

 主演は、本作でイタリアアカデミー賞を受賞した実力派女優マルゲリータ・ブイ。仕事、恋愛、家族について悩み、迷いながら自分らしい生き方を模索する女性をたくましく演じます。
女性監督マリア・ソーレ・トニャッツィが今を生きるすべての女性に投げかける、新しい人生観と結婚観とは?


     

他人の物差しでは測れない自分の“幸せ”とは?

 【簡単なあらすじ】
 ローマに住む独身女性・イレーネ(マルゲリータ・ブイ)は、高級ホテルの“覆面調査員”。世界中の高級ホテルのサービスを厳しくチェックする毎日を送っている。
誰もが羨む生活だが、家に帰れば一人寂しく冷凍食品で食事。ふたりの娘を持つ妹のシルヴィア(ファブリツィア・サッキ)に「その年で独り身のあなたが心配」と言われても、「姪っ子たちがお世話してくれるから大丈夫」と軽くかわす。

 イレーネは誰もが築き上げていく“家族”と、“自由”を選んだ自分との生活の違いに悩んでいく。友人として付き合っている元婚約者のアンドレア(ステファノ・アコルシ)との関係はどうなる?
あらゆる人々との出会いと別れの中で、イレーネは自分らしい生き方の答えを模索していく——。

元彼の幸せを素直に応援できない

 毎日のように高級ホテルに泊まるなんて贅沢すぎる。全部経費って。料理もタダって。それが仕事って。
イレーネを見て、この上ない人生を謳歌していると誰もが思う。ただ、傍に誰もいないってことだけが引っ掛かる。
次々と現れる高級ホテルに惑わされてはいけない。だからといって、独身を簡単に悲劇扱いしてはいけない。
かくも“幸せ”とは、外見で判断できないものなのでしょうか。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと マリア・ソーレ・トニャッツィ マルゲリータ・ブイ ステファノ・アコルシ オープンセサミ アルシネテラン はじまりは5つ星ホテルから 40歳 女性 独身女 一人旅 自由 孤独 覆面調査 幸せ 物差し
© 2013 Biancafilm Licensed by RAI S.p.A. – Rome, Italy. All Rights Reserved.

 “幸せ”を計るために、自分と周囲の違いを物差しにしてしまうのが厄介です。
アンドレアの彼女に子どもが産まれるので、一緒に新居を探す。父親になることを拒んでいた彼が次第に責任を持ち始める姿に、なぜか心から応援できない。挙げ句の果てに、“家族”としての生き方を貫くシルヴィアと意見が合わず大げんか。
その物差しがあまりにも大きい事に気付き、イレーネは自分の生き方を見つめ直すことになるのです。


     

“覆面調査員”の生き方をチェックするのは?

 本作の原題は『一人旅』。一人旅はいつだって自由で、優雅で、孤独。しかし、一人でいることに、イレーネの周囲では様々な意見が飛び交う。
イレーネはホテルのサービスを厳しく監視できても、自分の人生を深く見つめられていなかったのです。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと マリア・ソーレ・トニャッツィ マルゲリータ・ブイ ステファノ・アコルシ オープンセサミ アルシネテラン はじまりは5つ星ホテルから 40歳 女性 独身女 一人旅 自由 孤独 覆面調査 幸せ 物差し
© 2013 Biancafilm Licensed by RAI S.p.A. – Rome, Italy. All Rights Reserved.

「スタッフはお客様の名前をはっきりと認識し、発音できたか?」
「ルームサービスの朝食は指定した時間を5分以上超えなかったか?」
「レストランに入ってから30秒以内に案内されたか?」

 これらの調査はできていても、自分の人生はそう簡単にはチェックできない。

「誰かと食事をしているか?」
「家に帰ったら、冷凍食品じゃなくてちゃんと料理をしているか?」
「元彼の幸せを素直に応援できているか?」

 イレーネの生き方に星はいくつ付くのか。
高級ホテルと私生活のギャップに苦しまないよう、彼女はしっかりと自分の人生を謳歌できるか。

“女の生き方に”正否を問えない

 何が正しくて、何が間違ってるかではない。
ただ一つ重要なのは、イレーネが一人でいることに満足しているのか。それだけなのです。
初めて孤独と向き合ったイレーネの“女の生き方”のリサーチ結果を、あなたはどう捉えるのでしょうか。

 人生のチェック項目はホテルのようにはいかない。美味しい料理も最高のおもてなしも、待っていては一生出てこない。人生の“覆面調査員”はいないけど、周りの人たちの生き方こそが、自分を見つめなおす鍵かもしれません。
イレーネの生き方は何も特別ではなく、当たり前でもない。
生き方の5つ星は誰かが付けるものではなく、自分自身で付けるものなのだから。


2/1(土)、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー

監督・原案・脚本:マリア・ソーレ・トニャッツィ
キャスト:マルゲリータ・ブイ、ステファノ・アコルシ
配給:オープンセサミ、アルシネテラン
原題:Viaggio sola/2013年/イタリア映画/82分
URL:映画『はじまりは5つ星ホテルから』公式サイト

Text/たけうちんぐ

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら