• love
  • 2014.01.15

恋愛ド素人な“ラブドクター”は「真実の愛」を解明できるか…!『New York 結婚狂騒曲』

 占い、悩み相談、カウンセリング。
幸せを追い求め、藁にもすがる思いでそれらに駆けつける人も少なくはないでしょう。結果的に藁ごと燃やされて炎上、消滅、残念。って人も少なくはないはず。

 恋愛には答えがないから恐ろしい。
そのアドバイザーに罪はあるのでしょうか。そもそも、恋愛アドバイザーはどうやって恋を学んでいるの?
一つのアドバイスが一組のカップルを消滅させ、また別のカップルの幸せを妨げ、新たなカップルを誕生させる。そんな奇妙な恋愛メカニズムの一例を紹介します。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと グリフィン・ダン ユマ・サーマン コリン・ファース ジェフリー・ディーン・モーガン サム・シェパード イザベラ・ロッセリーニ リンゼイ・スローン ファインフィルムズ New York 結婚狂騒曲 三角関係 恋愛アドバイザー ラブドクター 既婚者 婚約破棄
© 2008 Accidental Husband Intermediary, Inc. All Rights Reserved.

 主演を務めるのは長身美形の女優、ユマ・サーマン。『キル・ビル』などでは決して見せなかったコミカルな演技で、悩める女性たちの恋愛アドバイザーを演じます。
彼女と、『英国王のスピーチ』で一躍脚光を浴びたコリン・ファース、多くのテレビドラマで活躍中のジェフリー・ディーン・モーガンというなんとも奇妙な三角関係。それを俳優業もこなすグリフィス・ダン監督が、笑いあり涙ありのラブコメディに仕上げました。


“ラブドクター”の化けの皮が剥がれる?!

 【簡単なあらすじ】
 ニューヨークで“ラブ・ドクター”と呼ばれ、恋愛相談の人気パーソナリティ・エマ(ユマ・サーマン)。自著『真実の愛』も売れ行き好調で、更には婚約中の恋人・リチャード(コリン・ファース)もいて人生絶好調の毎日。その一方で、人生絶不調の消防士・パトリック(ジェフリー・ディーン・モーガン)はエマの「別れたほうがいい」というアドバイスで、婚約中の恋人に振られてしまった。
腹いせにネット上で戸籍情報を改ざんし、エマと結婚しているようにしてしまうパトリック。婚姻届を出しに行ったエマは異変に気付き、見ず知らずの戸籍上の「夫」・パトリックに会いに行く——。

   

エマは「既婚者」に人生を変えられてしまう

“ラブ・ドクター”の化けの皮が剥がれていくのがスリルです。
ラジオで「恋愛の事ならなんでもお任せ!」って顔でスラスラと女性たちの悩みを解消していくエマが、実は一番恋愛に素人だったというオチ。
リチャードとの婚約が仕組まれた「既婚者」の存在で一気に揺らぎ、さらにはその「既婚者」へ気持ちが揺らいでしまう可笑しさ。新しいタイプの三角関係が始まります。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと グリフィン・ダン ユマ・サーマン コリン・ファース ジェフリー・ディーン・モーガン サム・シェパード イザベラ・ロッセリーニ リンゼイ・スローン ファインフィルムズ New York 結婚狂騒曲 三角関係 恋愛アドバイザー ラブドクター 既婚者 婚約破棄
© 2008 Accidental Husband Intermediary, Inc. All Rights Reserved.

「パトリックと婚約している」と嘘をつかなければならない状況になったエマの慌てっぷり。本人からしてみると笑い事じゃないですが、かなり可笑しな光景です。
戸籍データを変えるだけで人生すら変えさせてしまうのだから、結婚とインターネットは恐ろしい……。
リチャードが消防士である事はキチンと伏線になっている。
炎上した三角関係の“火消し”を行うのは、一体誰なのでしょうか?


恋のアドバイザーにアドバイスするのは……

 エマはパトリックに恋い焦がれていくうちに、自分のアドバイスがもたらした事の重大さに気付いていく。
アドバイス一つで婚約を破棄してしまうことだってあり得る。そして、それに恨みを持つ相手だって確実にいる。パトリックはエマと恋に落ちることで、おのずと「自分の婚約を台無しにした奴の婚約を台無しにする」作戦が成功していく。パトリックからしてみたら、ある意味一石二鳥な展開が見事です。
エマは自分の蒔いた種によって、幸せをがんじがらめにさせられる。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと グリフィン・ダン ユマ・サーマン コリン・ファース ジェフリー・ディーン・モーガン サム・シェパード イザベラ・ロッセリーニ リンゼイ・スローン ファインフィルムズ New York 結婚狂騒曲 三角関係 恋愛アドバイザー ラブドクター 既婚者 婚約破棄
© 2008 Accidental Husband Intermediary, Inc. All Rights Reserved.

 結局恋に指南書はなく、『真実の愛』はどこにも載っていない。恋愛は体験することで学んでいくしかないようです。
どんなに恋愛の知識があっても、イコール恋のプロフェッショナルじゃない。現実の恋は、本気になればなるほど、取り乱し、泣き叫んでしまうのですから。
“ラブ・ドクター”は自らが患者になることで、恋の病の重さを知る。恋のアドバイザーをアドバイスするのは、彼女の恋そのものなのでしょう。

「真実の愛」は解明されるのか…?

 一種の復讐劇なのに悪い人が一人も出てこない。全員がただ幸せを追い求めているだけなのに、ギスギスした三角関係が出来てしまう。

 この難題がどのように解決できるか、恋のアドバイザーは教えてくれない。むしろ、教えてもらいたいくらいって喚いている。

 でも、私たちはラッキーなことにこの物語の外側にいます。つまり、私たちにとっての恋愛のアドバイザーはこの映画そのものですね。
人の恋を追体験できることこそ、映画の喜び。ぜひ劇場に出かけてみてくださいね。


1月18日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷他公開

監督:グリフィン・ダン
キャスト:ユマ・サーマン、コリン・ファース、ジェフリー・ディーン・モーガン、サム・シェパード、イザベラ・ロッセリーニ、リンゼイ・スローン
配給:ファインフィルムズ
原題:The Accidental Husband/2008年/アメリカ=アイルランド映画/90分
URL:映画『New York 結婚狂騒曲』公式サイト

Text/たけうちんぐ

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら