• love
  • 2013.12.13

確実に今年1番の3D映画!宇宙空間に一人漂う孤独を味わえます『ゼロ・グラビティ』

 孤独になる瞬間って、誰にでもあると思います。
残業で、真っ暗なオフィスに一人きり。恋人と別れて、真っ暗な部屋に一人きり。暗闇の中でスマホの光だけを頼りに、SNSに逃げ込んでみたり、手当たり次第メールしてみたり、でも返事は全然来なかったり。

 そのような“孤独”を表現するときに、よく映画などで使われる言い回しがある。
「まるで宇宙空間を一人漂ってるみたい……」
でも、この映画は本当に宇宙で一人きり。ホンモノの真っ暗闇に放り込まれた、孤独以上の孤独を体験する一人の女性のお話です。

 観終わった後はその衝撃にしばらく立ち尽くす。こんな映像体験は、いまだかつて無いのですから。
地球で「グラビティ=重力」を体感する全人類必見の映画が生まれてしまったのです。

たけうちんぐ アルフォンソ・キュアロン サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー ワーナー・ブラザーズ映画 ゼロ・グラビティ  宇宙 孤独 重力 無重力 3D
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

『天国の口、終わりの楽園。』で一躍脚光を浴び、『トゥモロー・ワールド』の緊張感溢れる長回し撮影で世界を驚かせたアルフォンソ・キュアロン監督が今回挑んだのは、「宇宙」。無重力空間の再現とも言える圧巻のカメラワーク。まるで観る者まで宇宙に漂っている気分になる体験は、間違いなく映画史に刻み込まれることでしょう。

 この歴史的作品の主人公を演じるのは、サンドラ・ブロック。彼女をサポートするベテラン宇宙飛行士役をジョージ・クルーニーが演じます。
ここで重要なポイントがあります。なんと、この映画のキャストはほぼ二人のみ。それ故に、宇宙空間における孤独感がより際立っているのです。


     

日常で恐怖や孤独を感じているすべての人に贈る超大作

 【簡単なあらすじ】
 地表から60万メートル離れた宇宙空間。そこで作業をするメディカル・エンジニアのストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士のマット(ジョージ・クルーニー)は、予期せぬ事態に見舞われてしまう。
人工衛星の破片が彼らを襲い、乗っていた宇宙船は大破。二人はたった一本のロープに繋がれ、酸素も残り僅か。真っ暗闇の宇宙空間で孤独に漂うことになる。
絶望的な状況で、二人は果たして無事地球へと生還することができるのか――。

     

鑑賞ではなく、体験する映画

 観終わった後はもう、「凄い」としか言えません。それほど、今までに味わったことのない映像体験に満ちています。
冒頭13分間は、映像のカット割りが一切ない。船外で作業しているストーンとマットをまるで浮遊するように捉えるカメラワーク。長回し撮影だからこそ、目撃感と体験性がある。その場にいるような錯覚に陥り、3Dメガネをかけていることすら忘れる。
これは鑑賞ではなく、宇宙空間を体験する映画なのです。

たけうちんぐ アルフォンソ・キュアロン サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー ワーナー・ブラザーズ映画 ゼロ・グラビティ  宇宙 孤独 重力 無重力 3D
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

   だからこそ、ストーンが感じる恐怖と孤独が手に取るように感じられる。人の身体を貫通する破片が飛び交い、一人漂う宇宙空間。そこに、まるで皮肉のように映りこむ美しい地球と壮大な宇宙。9.11のニュース映像で見た崩壊するビルと綺麗な青空の如く、恐怖と絶景の対比が凄まじい。
スリリングと映像美を合体させた91分間は、緊張状態と感動が同時に押し寄せて意識がこんがらがってしまう。だけど、それが心地いいのです。

 映画館がアトラクション化する。それでいて物語がちゃんとある。さらに感動する。これ以上のエンターテイメントは他にあるのでしょうか。映像の可能性を拡げてしまった。すべての人が宇宙に行けることはないかもしれないけど、『ゼロ・グラビティ』では誰もが宇宙を体験できる。そのくらいの位置にこの映画は立っています。無重力だから立てないですけど。


重力と無重力が作り出す“孤独”は、地球も宇宙も関係ない

 本作は、“孤独”を真正面から描いています。
あたり一面が真っ暗。地に足が着かない。息苦しい。地球でも、同じような状況があると思います。劇中、ストーンはマットに自らの孤独を打ち明ける。それは地球における彼女の日常。愛する者を亡くし、生きがいを失った一人の女性の孤独だった。
「目が覚めて、運転して、仕事して、寝る」そんな毎日は、まるで宇宙空間に一人放り出された気分なのかもしれない。

たけうちんぐ アルフォンソ・キュアロン サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー ワーナー・ブラザーズ映画 ゼロ・グラビティ  宇宙 孤独 重力 無重力 3D
© 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 原題は『Gravity(重力)』。『ゼロ=無』ではないのです。
厳密に言うと、この映画の重力はゼロではないかもしれない。ストーンが日常で背負うものがある限り、無重力状態でも“重さ”が存在する。人が生きていく中で抱えるものはいつだって重い。地球も宇宙も関係ない。ただの宇宙映画ではなく、人類すべてに共通する“重力”についての映画なのです。
だからこそ、ストーンの生き抜こうとする勇気に心が動き、彼女を重ね合わせてしまうのかもしれない。宇宙だからといって、決して地球とかけ離れた世界の映画作品ではありません。

 彼女が受ける、酸素が残り10%という危機感は半端ない。それは携帯の充電が残り10%とはワケが違う。携帯ですら切羽詰まった思いをするのだから、酸素がなくなるなんて想像を絶する。これは最高のカタルシスでもあり、自分が今地球に生きていることを改めて実感できる。

 息を吸い、吐く。歩いて、走る。立ち止まる。重力が生んだ行為は、地球在住の生き物たちに許された大きな自由。今、この地で感じている重力はありがたい賜物だと思えるでしょう。

「そうか、生きているんだ」を感じずにはいられない!

 観終わった後は、思わず夜空を眺めてしまう。
「そうか、自分はここに生きているんだ」って地球で生きていることを実感し、自分の現在位置を確認してしまいます。

 単に宇宙の恐怖を描いた作品なら、エイリアン物の作品を観れば事足ります。
この映画でストーンとマットを脅かしていた破片は、人間が造り出したものです。結局、人間は人間の手によって恐怖と孤独がもたらされるのかもしれません。

 でも、オフィスで、部屋で、宇宙空間にポツンと佇む星のように光る人間が造り出したスマホにだって希望を感じてもいいでしょう。 そこに繋がれているのは、さすがにたった一本のロープではないのですから。
宇宙を体験した分、地球をより敏感に味わうことができる革新的な映画です。
一見男性向けの作品に思えますが、ストーンの孤独と重力に打ち勝つ勇気はぜひ女性に見てほしいです。


12月13日(金)全国ロードショー<3D/2D同時公開>

監督:アルフォンソ・キュアロン
キャスト:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
原題:Gravity/2013年/アメリカ映画/91分
URL:映画『ゼロ・グラビティ』公式サイト
URL:公式Facebook

Text/たけうちんぐ

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら