• love
  • 2013.03.29

愛の言葉は辞書に載っていない? 『舟を編む』

舟を編む 石井裕也 松田龍平 宮﨑あおい オダギリジョー 黒木華 渡辺美佐子 池脇千鶴 鶴見辰吾 松竹 アスミック・エース
©2013「舟を編む」製作委員会

 恋をするとその相手の前では言葉に詰まったり、上手く喋れないことってありますよね。それはたとえ言葉に詳しいはずの辞書の編集者でも……。
2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。本オタクの主人公・馬締を松田龍平、彼の恋の相手役を宮崎あおいが演じます。インターネット社会に適用するための辞書を編纂する編集部員たちの物語を、『川の底からこんにちは』で国内外から評価される若き実力派監督・石井裕也が演出。原作の世界観そのままで、より一層深みのある作品に仕上がっています。

 玄武書房の営業部に勤める馬締光也(松田龍平)は、その卓越した言葉のセンスを買われて新しい辞書『大渡海(だいとかい)』を編纂する辞書編集部に異動する。個性豊かな編集部員たちに囲まれ、作業にのめり込む馬締。そんなある日、彼はひょんなことから知り合った女性(宮崎あおい)に一目惚れしてしまう。
何とか想いを伝えようとする馬締だが、なかなかふさわしい言葉が出てこないでいる。二人の恋の行方はいかに……。

 どれほど言葉の知識と能力があっても、好きな人の前では何も喋れない……。
そんな馬締のキャラクターが松田龍平によってなんとももどかしく、チャーミングに描かれています。
好きな人を射止める言葉は、辞書をいくらめくっても載っていません。
ぜひこの映画を観て、あなた自身の辞書に刻み込むべき愛する人への言葉を思い浮かべてみてください。

舟を編む 石井裕也 松田龍平 宮﨑あおい オダギリジョー 黒木華 渡辺美佐子 池脇千鶴 鶴見辰吾 松竹 アスミック・エース
©2013「舟を編む」製作委員会


4月13日(土) 丸の内ピカデリーほか全国公開

監督:石井裕也
キャスト:松田龍平、宮﨑あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾
原作:「舟を編む」三浦しをん(光文社刊)
配給:松竹 アスミック・エース
2013年/日本映画/133分
URL:映画『舟を編む』公式サイト



Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話