• love
  • 2013.03.25

両脚を失った私に、君は希望を教えてくれた『君と歩く世界』

君と歩く世界 ジャック・オーディアール マリオン・コティヤール マティアス・スーナーツ ブロードメディア・スタジオ
©Why Not Productions - Page 114 - France 2 Cinéma - Les Films du Fleuve – Lunanime

 人生の希望を失ったとき、いつも隣で支えてくれる人がいた――。新しい出会いと別れの春、この季節にぴったりな感動作を紹介します。
主人公のステファニーを『エディット・ピアフ 愛の讃歌』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤールが演じ、絶望の淵から希望を見出す彼女の姿は、すべての女性に勇気を与えます。『予言者』のジャック・オーディアール監督による繊細な人物描写により、ステファニーのみならず、あなたの人生さえも輝いて見えるに違いありません。

 シャチの調教師・ステファニー(マリオン・コティヤール)は、シャチのショー最中のステージ崩壊により、両脚を失う大怪我をしてしまう。ハンディキャップを負った彼女は仕事もできなくなり、人生に絶望する。そんな中、シングルファーザーのアリ(マティアス・スーナーツ)に出会う。夜警の仕事をする彼は不器用で、どこか野生的。両脚がないことを知りながら、ステファニーを海に導く。
同情心ではなく真っ直ぐに想い続けるアリと触れ合っていくうちに、ステファニーはやがて生きる喜びを感じ始めていく――。

 何もかもに絶望したステファニーが、純粋なアリに次第に惹かれ、人生に希望を見つけ始める姿に、ときめきと感動を覚えずにはいられません。
太陽が反射し、美しく光り輝く海。その神秘的な景色とともに、ステファニーの人生が再び煌き始める瞬間を、ぜひ目撃してください。それはきっと、あなたの人生の希望にも繋がるはず。
この愛の海を、あなたは誰と一緒に泳ぎますか?

君と歩く世界 ジャック・オーディアール マリオン・コティヤール マティアス・スーナーツ ブロードメディア・スタジオ
©Why Not Productions - Page 114 - France 2 Cinéma - Les Films du Fleuve – Lunanime


4月6日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

監督・脚本:ジャック・オーディアール
キャスト:マリオン・コティヤール、マティアス・スーナーツ
配給:ブロードメディア・スタジオ
原題:RUST AND BONE/2012年/フランス・ベルギー合作映画/122分/R-15
URL:映画『君と歩く世界』公式サイト



Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話