• love
  • 2013.02.03

たとえ借金地獄になっても、幸せを追い求めたい?『よりよき人生』

よりよき人生 セドリック・カーン ギョーム・カネ レイラ・ベクティ スリマン・ケタビ ブリジット・シィ パンドラ
©Jean-Claude Moirea

 愛する者同士、将来の目標を考えることはどんなカップルにもあると思います。しかし、お金や生活など現実をちゃんと見ていないと……。これは、本当に幸せになりたい2人のための映画です。
2011年東京国際映画祭で多くの観客から支持を集めた本作が、ついに日本で公開されます。監督は『チャーリーとパパの飛行機』のセドリック・カーン。ギョーム・カネ、レイラ・ベクティの2人がレストランの開業を夢見るカップルを演じ、幸せとは何か、人生とは何かを考えさせます。

 自分のレストランを持つことを夢見るコックのヤン(ギョーム・カネ)は、ウェイトレスのナディア(レイラ・ベクティ)と恋に落ちる。共に一夜を迎えた翌朝、ナディアは自分がシングルマザーであることを告げ、9歳の息子スリマン(スリマン・ケタビ)とヤンはすぐに打ち解ける。
2人はレストランの開業を夢見て資金集めのために消費者金融に手を出すが、多重債務者になってしまったことで、借金返済のためナディアは海外へ働きに出ることに。やがてヤンはナディアと連絡が取れなくなってしまい……。

 ただ2人で幸せな日々を過ごしたいだけなのに、この映画は残酷にも容赦ない現実を描いています。
ヤンとナディアの恋の先にあるものは、決して輝いたものばかりではありません。誰も悪いことをしていないのに、夢を追い求めた結果、苦しむこととなる2人の結末とは……。
幸せは、夢見るだけでは実現しないのでしょうか?
この映画を観て、今直面している現実と少し向き合ってみるのもいいかも知れません。

よりよき人生 セドリック・カーン ギョーム・カネ レイラ・ベクティ スリマン・ケタビ ブリジット・シィ パンドラ
©Jean-Claude Moirea


2月9日(土)より新宿武蔵野館にてロードショー

監督・脚本:セドリック・カーン
キャスト:ギョーム・カネ、レイラ・ベクティ、スリマン・ケタビ、ブリジット・シィ
配給:パンドラ
原題:Une Vie Meilleure/2011年/フランス・カナダ映画/111分
URL:映画『よりよき人生』公式サイト



Text/Michihiro Takeuchi

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話