• love
  • 2013.01.18

彼女はなぜ裸になったのか? 『チェリーについて』

チェリーについて スティーヴン・エリオット アシュレイ・ヒンショウ ジェームズ・フランコ デブ・パテル ヘザー・グラハム クロックワークス
©2012 THE STEPHEN ELLIOT PROJECT, LLC.

 甘い誘いに乗り、無垢な女の子がヌードの世界に入り込んでいく……。ちょっぴり痛くて残酷な恋を描いた、女の子のためのガールズムービーが公開されます。
主演を務める新鋭アシュレイ・ヒンショウが大胆なヌードを披露。ジェームズ・フランコ、ヘザー・グラハムといった豪華な出演陣も人気の火付けとなり、2012年のベルリン国際映画祭出品された話題作です。スティーブン・エリオット監督により、純粋な少女の行く末が繊細にそして時に残酷に描かれています。

 18才のアンジェリーナ(アシュレイ・ヒンショウ)は飲んだくれの母のいるボロボロの家庭と、安い給料のアルバイト生活を抜け出したかった。ひょんなことからヌードモデルのバイト話が持ち込まれ、戸惑いつつも服を脱ぎ、カメラの前で裸になる。手に入れたお金でサンフランシスコを訪れ、都会の生活を夢見るが……。
やがて大金を稼げるという囁きに誘われ、ポルノ業界に足を踏み入れる。更なる過激な内容を要求されていき、そしてドラッグ中毒の弁護士フランシス(ジェームズ・フランコ)と恋に落ちていく――。

 どうして女の子はヌードになるのか?
同じ女性として疑問に思う人もいると思います。でもそんなあなたも、アンジェリーナの繊細な心を読み取れるはずです。
お金のために、幸せのために、ポルノ業界に入った彼女に待ち受ける運命とは一体何なのか。そして、純粋無垢な彼女が恋をしたフランシスとは、どのような日々を辿るのか。
甘いようで実はかなりほろ苦い、この“チェリー”についての映画を、ぜひできればひとりきりで目撃してください。

チェリーについて スティーヴン・エリオット アシュレイ・ヒンショウ ジェームズ・フランコ デブ・パテル ヘザー・グラハム クロックワークス
©2012 THE STEPHEN ELLIOT PROJECT, LLC.


2月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷 シネ・リーブル梅田ほか、全国順次ロードショー

監督:スティーヴン・エリオット
キャスト:アシュレイ・ヒンショウ、ジェームズ・フランコ、デブ・パテル、ヘザー・グラハム
配給:クロックワークス
原題:About Cherry/2012年/アメリカ映画/102分

URL:映画『チェリーについて』公式サイト(米)
URL:クロックワークス作品紹介



Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話