• love
  • 2012.11.03

秋が深まる今見たい!AMの新作映画セレクション

 秋になると、人恋しい気持ちになるのはなぜ? そんなあなたにピッタリな恋愛タイプ別、秋の新作映画をピックアップ! あなたの恋愛観が磨かれるだけでなく、大切な彼、意中の相手がどんな感想を抱くか、映画館に誘って一緒に考えてみて。

恋愛 映画 新作 デート 秋
By studio.es

忘れられない恋の思い出がある

絶望したバイオリン奏者の、叶わなかった愛とは『チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~』

チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ 映画
©2011Celluloid Dreams Productions - TheManipulators - uFilm Studio 37 - Le Pacte - Arte France Cinema - ZDF/ Arte - Lorette Productions - Film(s)

ナセル・アリ(マチュー・アマルリック)は天才バイオリン奏者。絶大な人気を誇る彼だが、バイオリンを壊されて人生に絶望する。自ら死を選ぶ最期の8日間、彼は今までの人生を思い出す。(~中略)誰もが涙する、アリの音色の秘密とは一体何なのか。そして、知られざる彼の恋の物語とは――。(記事本文より)

 07年カンヌ国際映画祭審査員商受賞した監督が、自身 のコミック「鶏のプラム煮」を実写映画化に挑戦。「叶わなかった恋が、一番美しい」とする今作のテーマは、生涯忘れることのできない恋愛を知っている(経験している)大人だからこそ、バイオリン奏者の心に秘められた恋の傷に涙し、彼が選んだ切なく愛しい選択に心揺さぶられることでしょう。
11月10日(土)よりヒューマン トラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

世界を敵に回しても愛したい人がいる

あなたには世界を敵に回しても愛せる人はいますか?『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 映画
©2011 W.E. COMMISSIONING COMPANY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

1998年、ニューヨークに住むウォリー(アビー・コーニッシュ)は夫との関係に悩みを抱えていた。そんなある日、彼女は英国王エドワード8世(ジェーム ズ・ダーシー)とその妻ウォリス・シンプソン(アンドレア・ライズボロー)の遺品オークション展覧会を訪れる。そこで2人の愛の結晶ともいえる数々の芸術 品に触れ、同じ女性としてウォリスの愛の物語に惹かれていく。しかし、自由奔放で、世紀の愛を手に入れたウォリスにも、いまだ知られていない苦悩があった――。(記事本文より)

 英国王エドワード8世が、王位を棄てるまで愛したウォリスとのラブストーリーに興味をいだき、2年の歳月を経て執筆したマドンナが監督・脚本を務める。セレブリティな立場ゆえに、安定のための結婚を選択した結果、愛を渇望するようになったウォーリーが、イギリス王室最大のスキャンダルとしてバッシングを受けたウォリスの知られざる葛藤や愛を貫き通した姿に、自身の境遇と重ねていく。王位を棄てるまで愛されたウォリスの女性としての魅力を、この機会に探ってみて。
11月3日(土)より新宿バルト9、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

長く寄り添いたい人がいる

中年女性が美少年に出会い、禁断の恋に落ちていく──『菖蒲』

菖蒲 映画
©Akson studio, Telewizja Polska S.A, Agencja Media Plus

ポーランドの小さい街で暮らすマルタ(クリスティナ・ヤンダ)は二人の息子を亡くして以来、医者の夫と距離が生まれていた。夫はマルタが不治の病に冒されていることに気づくが、マルタに言い出せないでいる。亡き息子が忘れられないマルタは、ある日川辺のカフェで美しい少年ボグシ(パベル・シャイダ)と出会う。強く惹かれ、川辺で逢引を繰り返すマルタだが、ボグシが菖蒲の根に足を引っ掛けて溺死してしまう――。(記事本文より)

 重篤な病に侵された人妻マルタが恋心を抱いたのは、突然川辺に現れた美しい少年。逢引を繰り返す内に、再び自分の中の「女」を目覚めさせられるも、年齢を重ねた「老い」への哀しさ・虚しさがつのる。長きに渡って生涯を共にした夫か、それとも心ときめく少年か。遅すぎる恋と死を目前にしたマルタの姿は、あなたの心にどう響く?
10月20日(土)より岩波ホールにて公開

変態的でかなりキケンな恋の妄想を覗きたい

好きな人とアソコが入れ替わってしまった!?『恋に至る病』

恋に至る病 映画
©PFFパートナーズ

高校の生物教師・マドカ(斉藤陽一郎)を、うっとりとした表情で見つめるツブラ(我妻三輪子)。ツブラはマドカと自分の性器が入れ替わる妄想に耽る日々。ある日、マドカはツブラにセックスを強要され、その拍子に妄想が現実になってしまう…。パニックに陥ったマドカはツブラを連れ、誰もいない実家へ逃げ込み、そこへクラスメイトのエン(佐津川愛美)、彼女を追ってきたマル(染谷将太)が駆けつける。4人の複雑な恋の行方はいかに――?(記事本文より)

 ありえない突然変異的恋愛の設定には、幼い頃から漫画が好きだった木村承子監督ならではの発想。好きな人とひとつになりたい、とけてひとつになれば離れることなんてないのに……。人が人を求める寂しさや葛藤には、人それぞれの愛のカタチがある。恋とセックスの根源的な問題に問いかけ、「欲しいものは体以上に、心であること」を描いた本作は、変態かつ危険なニオイとは少し違った、キュートな彼らの姿が見られるかも。
10月13日よりユーロスペース他全国順次公開

女性にとっての”幸せ”について真剣に考えたい

「食べるラー油」ブームの基は、夫婦の愛!?『ペンギン夫婦の作りかた』

ペンギン夫婦の作りかた 映画
©2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

フリーライターの歩美(小池栄子)は、中国で出会ったカメラマン・ギョウコウ(ワン・チュアンイー)と国際結婚する。その後、ギョウコウの会社が倒産したことをきっかけに石垣島へ移住する二人。そこに待ち構えていたのは大自然と、温かい人々、そして素晴らしい食材。共に料理が趣味の二人は、石垣島の食材を使ったラー油作りを始める。一つも売れず、苦労を伴うラー油作り。それでも常にポジティブな二人に、やがて良い知らせが舞い込んでくる――。(記事本文より)

 本作は、「食べるラー油」の先駆けとなる「石垣ラー油」を開発した夫婦の実話。極めて不安定な生活を送るふたりの再出発先となった石垣島。そこに住む人々との温かい交流や美しい自然に、ほっこりした気持ちになれそう。「自分が幸せじゃないと誰も幸せにできない」と語るペンギン夫婦の名の由来、国際結婚や、帰化問題などを超え、夫婦の愛を確かめ合う姿に、大切な人に会いたい、人生をともに過ごしたいという結婚願望が高まること間違いなし!
10月20日(土)よりユナイテッド・シネマほか全国ロードショー

 いつの時代も、映画は恋愛の教科書。それぞれの登場人物が抱く恋心や葛藤に、あなたならどんな選択肢を選ぶ?
彼と意見を交わしながら、あなたが本当に幸せになる恋愛を見出してみて。
きっと、あなたなりの答えにたどり着けるはず。

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話