• love
  • 2012.09.15

84歳の元大学教授が、亡き妻に似た女子大生に恋をした『ライク・サムワン・イン・ラブ』

ライク・サムワン・イン・ラブ ユーロスペース アッバス・キアロスタミ 奥野匡 高梨臨 加瀬亮 でんでん 森レイ子
©mk2/Eurospace

 独特な味わい深いタッチで世界中を魅了し、『桜桃の味』でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したアッバス・キアロスタミ監督の最新作です。
主演は『ディア・ドクター』の奥野匡。女子大生の明子役に高梨臨、その恋人役を加瀬亮が演じます。彼らはその日ごとの台本しか渡されず、誰も映画の結末を知らずに撮影は進んだといいます。老人と女子大生のかりそめの恋が、切なく、そしてロマンチックに描かれています。

 現役を引退した84歳の元大学教授・タカシ(奥野匡)は、女子大生・明子(高梨臨)とデートクラブで出会う。明子に亡き妻の面影を見たタカシは彼女を家に招くが、タカシが用意した食事も手につけず、眠ってしまう。翌朝、タカシが明子を大学まで車で送っていると、明子の婚約者・ノリアキ(加瀬亮)が現れる。
ノリアキはタカシを明子の祖母だと勘違いし、3人の複雑に絡み合う関係は、それぞれの運命の歯車を狂わせていく――。

 一方的な愛と、見え隠れするウソとホント。
キアロスタミ監督は本作を「私の映画は始まりがなく、終わりもない」と語ったように、恋と愛には始まりも終わりもないかも知れません。 まるで日本とは思えない、異国情緒溢れる世界観。このムード感たっぷりの演出に、あなたも酔いしれてみませんか。
大切なひとと一緒に観ると、かりそめの恋なんかじゃ満足できないはずです。

ライク・サムワン・イン・ラブ ユーロスペース アッバス・キアロスタミ 奥野匡 高梨臨 加瀬亮 でんでん 森レイ子
©mk2/Eurospace


9月15日(土)より渋谷・ユーロスペースにてロードショー 他全国順次公開

監督・脚本:アッバス・キアロスタミ
キャスト:奥野匡、高梨臨、加瀬亮、でんでん、森レイ子
配給:ユーロスペース
原題:Like Someone in Love/2012年/日本=フランス映画/109分
URL:映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』公式サイト



Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話