• love
  • 2012.09.13

孤独なドライバーが愛したのは、家庭をもつ女性だった『ドライヴ』

ドライヴ ニコラス・ウィンディング・レフン ライアン・ゴズリング キャリー・マリガン ブライアン・クランストン クリスティーナ・ヘンドリックス ロン・パールマン
©2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

 一級のクライム・サスペンスでありながら、孤独な男の切ないラブ・ストーリーの側面を持つ、あらゆる魅力が詰まった心を揺さぶる作品です。
『きみに読む物語』『ブルー・バレンタイン』のライアン・ゴズリングと、『17歳の肖像』のキャリー・マリガンの演技派二人が主演。監督のニコラス・ウィンディング・レフンは本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞しただけあり、緊張感たっぷりの展開と、初恋のような甘酸っぱい愛の物語との絶妙な融合がたまりません。

 天才的なドライビングテクニックを持つ”ドライバー”(ライアン・ゴズリング)は、家族も友人もいない孤独な男。常に寡黙な彼は、同じアパートに住む子持ちの母・アイリーン(キャリー・マリガン)と偶然エレベーターで出会い、恋に落ちる。
不器用ながらも次第に仲を深めていく二人だったが、アイリーンの夫・スタンダード(オスカー・アイザック)が刑務所から戻ってくる。裏社会の抗争に巻き込まれたスタンダードをドライバーは守ろうとするが、彼自身も危険にさらされてしまう。やがてドライバーは愛する人を守るため、無謀な闘いに挑んでいく――。

 命を懸けてアイリーンを守ろうとするドライバーの寡黙な愛……あなたならどう受け入れるでしょうか。
夫がいながらも、一途に愛してくれるドライバーに心を残してしまうアイリーンの気持ちに誰もが共感してしまうはず。
この助手席に、あなたも乗ってみたくなるかも?
恋はいつも安全運転だけじゃなく、たまにはキケンな逃避行もいいかもしれませんね。

ドライヴ ニコラス・ウィンディング・レフン ライアン・ゴズリング キャリー・マリガン ブライアン・クランストン クリスティーナ・ヘンドリックス ロン・パールマン

9月19日(水)よりDVD&Blu-ray発売・レンタル開始 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン キャスト:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン 発売元・販売元:バップ URL:映画『ドライヴ』公式サイト


Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話