• love
  • 2012.07.10

陽気なメイドが教えてくれる、本当の幸せとは『屋根裏部屋のマリアたち』

 フランスで220万人を動員し大ヒットした、スペイン人メイドとブルジョワ階級の男の心のふれあいを描いた本作が日本にやって来ました。
60年代のパリの活気溢れる風景を再現したのは、フランスの新進気鋭の監督フィリップ・ル・ゲイ。
自身もブルジョワ階級の出身であることから、実際の幼少期の思い出を題材に本作の脚本を書き下ろしたそうです。
主人公ジャン=ルイを演じるのは、『しあわせの雨傘』などのフランスが誇る名優ファブリス・ルキーニ。
メイドのマリア役をスペインの新星ナタリア・ベルベケが演じ、主人公の退屈で味気ない毎日を華やかに彩っていきます。

屋根裏部屋のマリアたち
©Vendome Production - France 2 Cinema - SND All rights reserved.

1962年のパリ。株式仲介人のジャン=ルイ(ファブリス・ルキーニ)は、妻シュザンヌ(サンドリーヌ・キベルラン)と子どもと何不自由ない生活を送っていたが、毎日に退屈を感じていた。
そんな中、軍事政権が支配下の故郷スペインを離れたメイドのマリア(ナタリア・ベルベケ)が、仲間のメイドたちと共に屋根裏部屋に引っ越してくる。やがてジャン=ルイは、懸命に働き、美しくユーモアに溢れたマリアに惹かれていく。
しかし、ある時シュザンヌはジャン=ルイと顧客の未亡人との浮気を疑い、彼を部屋から追い出してしまう。
その日からジャン=ルイはメイドたちと屋根裏で一緒に暮らし始め、過去に味わったことのない自由を手に入れ、人生を満喫させていく――。

屋根裏部屋のマリアたち
屋根裏部屋のマリアたち
©Vendome Production - France 2 Cinema - SND All rights reserved.

 たとえ豊かでなくても、どこでも幸せは見つけられる――。
そんな希望に満ちるスペインのメイドたちは、女性のたくましさ、気高さを兼ねそろえており、女性として生きることへの刺激になります。
せっかく女として生まれたのならマリアのように誰かの人生に潤いを与え、いつだって陽気な歌声を響かせていたいですよね。
毎日の仕事や恋に疲れてしまったあなたも、この映画のメイドたちに出会えば、きっとポジティブなオーラに包み込まれるはずですよ。

7月21日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー

監督・脚本:フィリップ・ル・ゲイ
キャスト:ファブリス・ルキーニ、サンドリーヌ・キベルラン、ナタリア・ベルベケ、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス 配給:アルバトロス・フィルム
原題:Les femmes du 6eme etage/2010年/フランス映画/106分
URL:http://yaneura-maria.com/pc/

Text/Michihiro Takeuchi


関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話