• love
  • 2012.05.23

引き込まれる、官能の世界『メゾン ある娼館の記憶』

メゾン ある娼館の記憶
©Les films du lendemain,My new Picture

 いつも暴力や病気と隣り合わせ。そんな過酷な運命を生きる高級娼婦たちの様々な表情を、見事な映像美で描いた群像劇です。
出演は、『キングス&クイーン』のノエミ・ルボフスキーや『息子の部屋』のジャスミン・トリンカら。
『ティレジア』に続き、本作でもカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選ばれたベルトラン・ボネロ監督は、クラシック音楽家という一面も持ちます。
華麗な音楽と、絵画を思わせる芸術的映像により、20世紀初頭パリの優雅かつデカダンスな娼館を美しく再現しています。


メゾン ある娼館の記憶
©Les films du lendemain,My new Picture

20世紀初頭パリの夕暮れ。起き出した高級娼館”アポロニド”の女たちは、美しいドレスと宝石で身をかざり、今日も男たちの欲望を満たす。しかし、美しく華やかな表舞台とは裏腹に、そこでは孤独、苦悩、不安、痛み、様々な女たちの暗く、深い感情が渦巻いていた。
マドレーヌ(アリス・バルノル)は娼館一の美人だったが、客の男に騙されて、顔に傷を負ってしまう。
そして、常客に本気で恋をし、いつか彼が娼館から連れ出してくれることを信じるジュリー(ジャスミン・トリンカ)、若いときから12年間も娼館で働き、先が見えないレア(アデル・エネル)、華やかな世界に憧れてやってきた16歳の新人ポーリーン(イリアナ・ザベット)。
彼女たちは仲睦まじく、互いに支えあう関係だった。ただ、家主マリー・フランス(ノエミ・ルボフスキー)は女たちに金を貸し、彼女らを決して手放さなかった。
しかし、娼館と女たちを取り巻く状況が次第に変わっていく。やがて閉館を余儀なくされる彼女たちの運命は、いかに――。

メゾン ある娼館の記憶
©Les films du lendemain,My new Picture

 恐ろいほど美しい映像に、きっと誰もが圧倒され、20世紀初頭のパリへ迷い込んだような気分になるでしょう。
高級娼婦の世界には、華やかさと退廃が入り混じった狂気がひそんでいます。
常に体を犠牲にして生きる女性たち。しかしその裸は決して汚れている訳ではなく、悲しげで儚く、うっとりするほど美しいです。
彼女たちと同じ経験をすることはなくとも、登場人物の女性たちの感情は不思議なほど静かにこちらに伝わってきます。
このような普通に生きている間にはわからないような世界にひたれることこそ、映画の醍醐味。ぜひ劇場で体験してみてください。

6月2日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー

監督:ベルトラン・ボネロ
キャスト:ノエミ・ルボフスキー、アフシア・エルジ、セリーヌ・サレット、ジャスミン・トリンカ、アデル・エネル
配給:アットエンタテインメント
原題:House of Tolerance/2011年/フランス映画/125分

Text/Michihiro Takeuchi

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話