• love
  • 2016.07.08

奴らは観光名所を狙ってくる!世界的メガヒット作20年ぶりの続編『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

30億人の尊い命を奪った侵略者が、また新たな巨大宇宙船で攻めてくる。20年前に地球に残した宇宙船からのSOS信号が、人類に対して悪夢を蘇らせる——。すべてがグレードアップした、ローランド・エメリッヒ監督の超大作続編。

たけうちんぐ インデペンデンス・デイ:リサージェンス エメリッヒ ディザスター 映画
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 20年前、あなたは何をしていましたか?
「鬼ごっこを極めた」「テストで100点取った」「初恋の人ができた」など、黒歴史・白歴史含めて色んな思い出があると思います。
でも、「宇宙人と戦っていた」はない。
「あらあら、こんなに大きくなって〜」10数年ぶりに親戚や祖父母の家を訪ねると、こんな感じで声をかけられたことは誰にだってあると思う。
でも、ロシア全土がすっぽり覆い尽くされるサイズではない。しかも、以前より4倍の大きさになっている。

 20年前に世界的にメガヒットを飛ばした前作『インデペンデンス・デイ』に引き続き、ローランド・エメリッヒ監督がジェフ・ゴールドブラムとビル・プルマンと再び手を組む。リアム・ヘムズワースら新キャストを織り交ぜ、最新のVFXを味方につけて全長4,800km(!)の宇宙船と大接戦を巻き起こす。

やっぱり奴らは観光名所を狙ってくる

たけうちんぐ インデペンデンス・デイ:リサージェンス エメリッヒ ディザスター 映画
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 とにかくデカい。まるで一つの大陸並の宇宙船の登場に思わず笑ってしまう。勝ち目がない。助かる見込みはない。それでも希望を捨てず、人類は史上最大の侵略者と戦っていく。

 旧キャストと新キャストの二世帯住宅は住み心地よく、前作を知る世代も知らない世代も両方が温度差なく楽しめる。前作で自ら戦闘機に乗ったホイットモア大統領もいれば、恋に落ちる若き戦闘機パイロット・ジェイクとパトリシアもいる。ディザスター映画でありながら、きちんと新たな世代へ受け継がれていく物語として成立している。世界各所であらゆる人物が侵略行為と向き合い、それぞれ距離が離れていながらも気持ちを一つにしていく群像劇でもある。

 エイリアンはやたらと観光名所ばかりを狙ってくる。ロンドンのタワーブリッジ、シンガポールのマリナ・ベイサンズ、マレーシアのペトロナス・ツインタワーなどがピンポイントで破壊される。宇宙人はJTBか何かで予習でもしたのか。
こうしたベタな“ディザスター映画あるある”も魅力の一つ。重力を操る宇宙船があらゆる建造物を「持ち上げて、落とす」。それをくぐり抜けるジェイクらの戦闘機。劇場内に破片が飛び散るかのごとく、まるでアトラクションのような迫力がある。壮大なスケールでありながら、あたかもそこに居るかのような臨場感が描かれている。

エイリアンのおかげで世界が一つに?

たけうちんぐ インデペンデンス・デイ:リサージェンス エメリッヒ ディザスター 映画
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

 本作のシリーズが一貫しているのは、絶対悪を描くことで世界が一つに結ばれることだ。エイリアンが侵略したことで国家間の紛争がなくなり、歴史上前例のない国際協調体制が実現している。現実ではあり得ないが、この作品の世界では新たな侵略が始まるまでの20年間はずっと平和だったのだ。
地球が滅亡の危機に晒される中、人間の小さな悩みも大きな争いも全部がすっ飛ぶ。そりゃそうだ。大災害の時、顔にできた吹き出を気にする人なんていないだろう。ちっぽけな問題もすべて、巨大宇宙船が覆い尽くしてくれるかのように。

 でも、今現実で4,800kmの巨大宇宙船が地球に攻めてきたら世界は団結するのだろうか。大統領自らが戦闘機に乗るはずがないし、メインキャストのほとんどが生還するはずがない。ある意味希望に満ちている。破壊的な映像が続くにも関わらず、今の世界に対して「こうなったらいいのに」的な完全なるフィクションに心が癒されてしまう。
当たり前のごとくアメリカ中心で、何の説明もなくとにかくアメリカが最前線に立つ。紛れもない「アメリカ万歳!」が詰まった作品は、一切の葛藤が見えなくて逆に清々しい。ここに近年はなかなか観られない、古き良きハリウッド大作のメンタリティが残っているようで懐かしい気分になる。あの頃から成長して「あらあら、こんなに大きくなって〜」と親戚の子どもに話しかけるように、久しぶりの再会を喜んでしまうのです。

〈悪〉の出現が人々の気持ちを一つにさせるのは、普段の職場でも生活でもあることかもしれない。その〈悪〉が何十億人の命を奪うエイリアンでもない限りは、なるべくこんなことで団結したくないところです。

ストーリー

 人類がエイリアンの侵略に打ち勝ってから、20年の月日が流れた。世界が一つに団結することで平和がもたらされたのも束の間、アフリカに残された宇宙船から仲間を呼び寄せるSOS信号が発される。より大きな宇宙船が月面基地を粉砕し、地球に攻めてくる。

 前回の戦闘で活躍したホイットモア大統領(ビル・プルマン)とESD〈地球宇宙防衛〉の部長ディビッド(ジェフ・ゴールドブラム)はいち早く危険を察知し、地球の防衛に乗り出す。大統領の娘・パトリシア(マイカ・モンロー)の恋人である、若き戦闘機パイロット・ジェイク(リアム・ヘムズワース)は仲間のディラン(ジェシー・アッシャー)らと巨大宇宙船に立ち向かう。
より科学を発達させたエイリアンの攻撃で防衛システムは無力化され、やがて人類は打つ手立てを失っててしまう。そこで宇宙から飛来した、ある“モノ”が唯一の可能性を提示する――。

7月9日(土)、TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー

監督:ローランド・エメリッヒ
キャスト:ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、リアム・ヘムズワース、マイカ・モンロー、ジェシー・アッシャー
配給:20世紀フォックス映画
原題:INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE/2016年/アメリカ映画/120分
URL:『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』公式サイト 前売り券
Text/たけうちんぐ

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者に聞く!恋愛以外で今ハマっているもの調査2016

音楽、アイドル、本、映画…みなさんは恋愛以外でどのようなことに今、ハマっていますか? AMをより楽しいサイトに改善するため、ぜひご意見お聞かせください!

アンケートはこちら