• love
  • 2016.03.25

交際39年目の現実!同性婚カップルが直面した『人生は小説よりも奇なり』

画家のベンと音楽教師のジョージは交際39年目にしてようやく結婚し、周りからも祝福されて幸せの絶頂に。だが、彼らに現実問題が次々と立ちはだかり、ついには別居を余儀なくされる——。2011年に同性婚が合法となったニューヨークを舞台に描く、おじさん二人のラブストーリー。

たけうちんぐ 映画 人生は小説よりも奇なり 同性婚 結婚 ゲイカップル ラブストーリー
©Love is Strange, LLD

 ラブストーリーと聞くと、最近よくある人気少女コミックの美男美女カップルによる恋愛映画が目に浮かぶあなた。
いやいやいや、あんなのはファンタジーでしかない。まずありえない。夢を見させられた分、後で現実に蝕まれて苦しむ。それより、現実を思い知った後に、夢を抱ける映画のほうがよっぽど実用的です。
ファンタジーのような恋愛は、現実を通り過ぎた後にこそ育まれるもの。それに気づかせてくれる、ベンとジョージのゲイカップルが主人公の作品です。

 全編、ショパンやベートーベンといったクラシックの名曲が静かなピアノで鳴り響く。画家のベン役に『愛と追憶の日々』のジョン・リスゴー、その相手・音楽教師のジョージ役に『スパイダーマン2』のアルフレッド・モリーナ、ベンの親戚の女流小説家に『いとこのビニー』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたマリサ・トメイと、実力派の名優が名を連ねる。
『あぁ、結婚生活』のアイラ・サックス監督が洗練された演出で、彼らのドラマを優しく丁寧に紡ぎ出します。

年輩の二人から学ぶ“愛の教科書”

たけうちんぐ 映画 人生は小説よりも奇なり 同性婚 結婚 ゲイカップル ラブストーリー
©Love is Strange, LLD

 交際39年目にしてようやく結婚。幾多のハードルを乗り越えた同性婚の成就は、祝福するように美しいオーケストラが流れ、ハッピーエンドで幕を閉じる。
……よくある映画ならこうだろう。でも、本作が面白いのはこれがオープニングでしかなく、本編はその先を描いているところだ。

 二人の愛は認められても、生活も認められるわけではない。ジョージは同性婚を理由に職を失い、保険、年金、不動産といった現実問題が次々と押し寄せる。幸せの絶頂も束の間、別居を余儀なくされる“ハッピーエンドの後”を容赦なく描いている。

 ベンは居候先の親戚宅で邪魔者扱いされ、そこの子どものジョーイにも蔑まされる。白髪が混じる二人の人生はそう長くない。まして、ファンタジー要素の欠片もない。極めて現実的だ。
ただ、不幸な境遇を並べるだけの作品ではない。愛は揃っているし、ここにある。だが、そこからどう生きていけばいいのか。
年輩の二人が試行錯誤する姿は、小説より奇妙な“愛の教科書”として描かれている。

愛を感じたことはあるか?

たけうちんぐ 映画 人生は小説よりも奇なり 同性婚 結婚 ゲイカップル ラブストーリー
©Love is Strange, LLD

 本作の原題は“LOVE IS STRANGE”。その名の通り、愛は時折歪な形になるかもしれない。奇妙にも思われたり、偏見を持たれることもある。
だが、ベンとジョージはいたって普通の人々だ。普通だからこそ、人生の岐路に立つと迷い、パートナーに寄りかかり、泣き崩れることだってある。どこにでもいる弱くて脆い人だ。その身近なキャラクターが親近感を持って観る者に問いかけてくる。

「愛を感じたことはあるか?」

 この問いかけの答えを担うのがジョーイ。友達作りが下手で、愛情表現を苦手とする彼は、ベンからこう尋ねられた時はっきりと答えられなかった。だが、スケートボードに乗って颯爽と町を駆け抜けていくジョーイの姿から希望が見えてくる。

 本作で結婚をハッピーエンドに描かなかった理由は、このラストシーンに込められているのだろう。ジョーンが光の中へ消えていく姿は眩しく、限りない未来へ突き進んでいくように見えるからだ。
愛について本当に大切なものは何か。それをショパンの音楽に乗せて、静かに訴えかけてくるのです。

 若い頃は何でも許されてきただろう。夢を見ても誰に責められることはないが、やがてみんな歳を取る。現実と向き合うことになる。
そんなとき、ベンとジョージが二人並んで歩いていく姿を思い出せば、どこか肩の荷が降りて、励まされるかもしれません。
年齢を重ねないと決して記せない、交際39年目の“愛の教科書”に勇気をもらえるはずです。

あらすじ

 ニューヨークのマンハッタン。39年間連れ添ってきた画家のベン(ジョン・リスゴー)と音楽教師のジョージ(アルフレッド・モリーナ)は念願叶って結婚した。周囲から祝福され、二人の幸せな生活は順風満帆にスタートするはずだったが……。
同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビになり、住む家を失った二人は別居することになる。ベンは親戚の家に移り住むことになり、肩身の狭い居候生活を余儀なくされる。
年老いた二人に現実問題が次々と容赦なく降りかかってくるが、ベンとジョージは互いに理解し、ありのままの自分を愛してくれる人の存在に改めて幸せを感じるのだった――。

全国公開中!

監督:マイラ・サックス
キャスト:ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリーナ、マリサ・トメイ、ダーレン・バローズ
コムストック・グループ (配給協力:クロックワークス)
原題:LOVE IS STRANGE/2014年/アメリカ映画/95分
公式サイト:『人生は小説よりも奇なり』

Text/たけうちんぐ

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM調べ!全国の恋愛を大調査!!

皆さん、いま世の中の女性はどんな気持ちで恋愛しているのか、自分と同じ考えの人ってどれくらいいるのか考えたことありますか? そんな疑問に答えるため世の中の恋愛事情・セックス事情などがどうなっているか大調査を実施中。 素敵なプレゼントも差し上げているのでぜひアンケートに回答してください。

アンケートはこちら