• love
  • 2015.12.04

ハンガリー×昭和歌謡!?日本人歌手のユーレイが誘う奇想天外なおとぎ話『リザとキツネと恋する死者たち』

元日本大使未亡人の看護師として働くリザの唯一の心の拠り所は、日本の恋愛小説と彼女にしか見えないユーレイの日本人歌手・トミー谷。やがて恋をしようと外の世界に飛び出すと、なぜか彼女が恋した男が次々と殺される——?日本のヘンテコ昭和歌謡が鳴り続けるハンガリー発のブラック・ファンタジー。

たけうちんぐ 映画 リザとキツネと恋する死者たち
©Péter Szatmári

 毎日労働に暮れ、景色に飽き、疲労に倒れる。こんな日々の憂鬱を凌ぐために、誰もが心の拠り所を探している。映画も音楽も、スポーツもアイドルも、ストレス社会に生きる現代人にとって必要不可欠だ。

 ハンガリーに住む30歳独身リザの場合、これが他の人とはちょっと違っている。日本人歌手が心の拠り所。しかもユーレイ。やたらと歌って踊る。胡散臭いメガネをかけてる。そして怪しい。その名はトミー谷。とにかく胡散臭い。色々とおかしな話だけど、リザにとって彼が欠かせない存在であることは間違いない。

 この時点でもうヤバいでしょ。油断していると置いてけぼりになる。ハンガリー独身女と日本人歌手が織りなす、ヘンテコな昭和歌謡溢れるブラック・ファンタジーに。


ハンガリーでハリウッド映画を凌ぐ異例の大ヒット!


 ハンガリーで超売れっ子のCMディレクター、ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督の長編デビュー作品。栃木県・那須に伝わる『九尾の狐伝説』をモチーフに、今までに観たことのないタイプのファンタジーを生み出す。
第35回ポルト国際映画祭でグランプリに輝き、観る者を面食らわす異質な作品ながら(だから?)きちんと評価されている。

 ユーレイの日本人歌手・トミー谷を演じるのは日本人とデンマーク人のハーフであるアクション俳優、デビッド・サクライ。ハンガリー国内の作品に多数出演するリザ役のモーニカ・バルシャイとの国境と現実を超えたコラボレーションが奇妙すぎて、トミー谷の意外に流暢ではない日本語にもツボに入ります。


トミー谷って一体何者?


たけうちんぐ 映画 リザとキツネと恋する死者たち
©Péter Szatmári

 日本人ならまず誰もが“トミー谷”に釘付けになる。エメラルド色のスーツに身を包み、インテリ風メガネをかけ、ユーレイなのにマイクを掴む。生きてる人間以上に生を感じるパワフルな歌とダンスで、リザにうざいくらい付きまとっている。

 これがリザの理想の男性像なのか知らないが、常に彼女にとって都合のいい笑顔を振りまくのが鬱陶しくてたまらない。優男かと思いきや、突然悪魔のような目でリザに近寄る男の邪魔をする。不気味な一面を匂わすところも魅力的。観終わってもしばらくトミー谷の残像が目に焼き付いて離れない、トラウマレベルの存在感です。
1970年代のブダペストの風景に日本の昭和歌謡が鳴り続ける異質感と、蛍光色を振り撒きハイテンションで歌い続ける日本人。食あたりを起こしそうなこの組み合わせがシュール。

 リザが恋する男が登場するといきなり“死者”の大きなテロップが出て、死ぬとそのシルエットがずっとマーキングしてくる。物語に入り込む前から気になる部分が多々ある。ここはウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督がCM界のカリスマだけあってか、各シチュエーションの短い時間の中で心に引っかかる要素を詰め込むのが上手い。名前は長いのに。


サスペンス×ファンタジーの異質な組み合わせ


たけうちんぐ 映画 リザとキツネと恋する死者たち
©Péter Szatmári

 那須と見られる自然の景色(が、明らかに日本でロケしてない)や、そこに降り立つ舞妓さんの格好をしたリザ(日本語があまり上手くなくてちょっと可愛い)。黒澤明監督の映画や芥川龍之介の小説など日本文化に親しんできたというウッイ監督。いくら日本好きとはいえ海外の作品によくある“ズレた日本像”が満載で、日本人には逆に新鮮で笑える。

 ハンガリーの俳優ですら大事なシーンで突然日本語を話し始める。トミー谷の笑顔と同じくらい鬱陶しい監督の日本愛は、なんとゾルタン刑事の後頭部の血の跡にも反映されている。白いガーゼの中央に丸い形で滲む赤い血。すなわち日の丸。とにかく鬱陶しいです。

 軽快で楽しい雰囲気ながら、人がたくさん死ぬ。誰が殺したのか?の視点で見るとサスペンス調になるが、リザの脳内では常にトミー谷が歌って踊っている。そのギャップが逆に恐ろしくも可愛くも感じ、全く別のジャンルとして楽しめます。
嫉妬に狂う男は怖く、愛をまっすぐに受け入れる男は愛くるしい。トミー谷の正体が明るみになるクライマックスと、彼のカタコトな日本語は必見・必聴です。

 最後に一つ断言できるのは、この映画に似た作品は絶対に存在しない。と、オリジナリティに満ち溢れた作品だけど、これが一応クリスマスシーズンに公開なんだから徹底した異質な存在(作品)。サンタクロースの代わりに、あなたのそばにもトミー谷を。


あらすじ

 1970年代のブダペスト。30歳で独身のリザ(モーニカ・バルシャイ)は日本大使未亡人の看護師として住み込みで働く。彼女にとって心の拠り所は日本の恋愛小説と、自分にしか見えない幽霊の日本人歌手・トミー谷(デビッド・サクライ)だった。
小説のような恋をしようと外の世界に飛び出すと、その隙に何者かによって未亡人が殺されてしまう。やがてリザが恋をする男たちが次々と殺害され“死者”となり、警察は当然のごとく彼女を怪しむ。しかしリザが言うには「これはキツネの呪いです……」と打ち明ける。困惑する警察は刑事・ゾルタンを雇い、下宿人を装ってリザと同居させる。
はたして殺人事件の真犯人と、リザの近くでいつも歌い続けるトミー谷の正体とは?

12月19日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開

監督:ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
キャスト:モーニカ・ヴァルシャイ、デヴィッド・サクライ
配給:33 BLOCKS
原題:Liza, The Fox-Fairy/2014年/ハンガリー映画/98分
URL:『リザとキツネと恋する死者たち』

Text/たけうちんぐ

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話