• love
  • 2015.06.13

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが四姉妹!鎌倉に暮らす新しい家族の物語『海街diary』

鎌倉に暮らす三姉妹のもとに、疎遠になっていた父の訃報が届く。葬儀で初めて対面した腹違いの妹は身寄りをなくすが、長女の提案で一緒に暮らすことになる——吉田秋生の人気同名コミックを是枝裕和監督が映画化

 父は一人で、母は一人だ。すべての人に共通するのは、生物学的な父も母もこの世にたった一つだけの存在であること。
でも、家族は? 時と場合によって形を変え、数を増やしていく。膨らんでいくものもあれば、消えて無くなるものもある。

 この家族は食卓を囲み、苦楽を共にし、互いに衝突する。そこに親がいなくても“新しい家族”を作る。そんな鎌倉で暮らす四姉妹のお話です。

『誰も知らない』『そして父になる』など国内のみならず国際的な評価が高い是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。

 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずといった“奇跡のDNA”を持つ、今をときめく錚々たる顔ぶれが四姉妹を演じ、女性陣に限らず加瀬亮、リリー・フランキー、鈴木亮平、池田貴史といったバラエティに富んだ男性陣キャストがいい味を出しています。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 海街diary 離婚 離縁 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず
(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

 淡い色彩と光に溢れた鎌倉の風景がなぜか懐かしい。
是枝監督らしく、豪華キャストなのに全員が素朴に思える自然な描写に満ちた作品に仕上がっています。

【簡単なあらすじ】

 鎌倉に暮らす長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)のもとに、15年前に家を出て以来疎遠の父の訃報が届く。
葬儀に出席するために山形へ向かった3人は、腹違いの妹・すず(広瀬すず)と初めて対面する。

 まだ14歳ながら、葬儀で気丈に振る舞うすず。その姿を見た幸は彼女を放っておけず、「一緒に暮らさない?」と声をかける。
やがて鎌倉に引っ越してきたすずとの共同生活が始まり、一年を通して4人が“新しい家族”を築き上げていくーー。

生々しく映る四姉妹と食べ物と、“姉妹あるある”


 春は桜が美しく、夏は汗で顔がテカり、秋は過ぎ行く季節を感じ、冬は寒さに互いに身を寄せる。
一年で食べ物も景色も変わり、ここが日本であることを肌で感じさせてくれる。

 生真面目でお母さん的存在の幸、自由奔放でだらしない佳乃、マイペースな千佳、素直で優しいすず。四姉妹それぞれのキャラクターが個性豊かで、人間味に溢れている。

 4人が畳の上でご飯を食べる、ごくありふれた“家族”の風景。豪華キャストであるが、そこにファッション雑誌の表紙を飾るような面影は薄く、現代に生きる等身大の女性像が浮かび上がる。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 海街diary 離婚 離縁 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず
(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

 すべてに体温を感じる。肌ツヤがフィルムで撮られたせいか生々しく、実在するかのように自然な出で立ちがそこにある。
そのため、出てくる食べ物がすべて美味しそうで、食卓に並べられた味噌汁、しらす、カレーが飯テロ並みに匂いまで漂ってくる。

 勝手に互いの服を着て言い争いになったり、長女が命令したことを次女が三女に命令したり、“姉妹あるある”が笑いを誘う。
三姉妹と、腹違いの妹の生活だが、そこで描かれる人間関係はどこにでもある。そのバランスがとても美しいのです。


父の「弱さ」をいつか許せる日が来るまで


 両親をいまだ許せない長女と、姉が幸せになってほしいと願う次女、父を知らない三女と、自分の存在に疑問を持つ四女。
彼女たちの亡き父は、劇中で一切姿を見せない。そのため、存在感が逆にとてつもなく大きく、四姉妹の葛藤がより浮き彫りになっています。

 特に、長女・幸の中で、父の存在は大きいかもしれない。
幸は母と険悪な関係でありながら、まるで父の幻影を追うように不倫愛で恋人に寄り添う。

 誰にでも優しくする性格が災いし、家族を幾つも作ってしまった父。「優しくてダメな人だったのよ」と幸も形容するように、彼の優しさは弱さだったのだろうか。
彼が残した四姉妹が“新しい家族”を作っていく過程がたくましく、最終的に父の「弱さ」を許すことで救われるのかも知れない。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 海街diary 離婚 離縁 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず
(C)2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

 是枝裕和監督の演出は、いつも日常を尊重する。
彼の日本の四季が美しく切り取られた映像や、穏やかな登場人物たちのおかげで、私たちの日常が映画の延長線上にあるようで、この世界が愛おしく思えてしまうことでしょう。

 是枝監督の作品名を借りるなら、まだ「誰にも知られていない」四姉妹が、「そして家族になる」までを描いた素朴ながらも力強い作品です。
四者四様が自身の答えを導き出していく姿は、すべての女性に生きるヒントを与えてくれるかも知れません。


     

6月13日(土)、全国ロードショー

監督・脚本:是枝裕和
キャスト:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、鈴木亮平、池田貴史
配給:東宝=ギャガ
2015年/日本映画/126分
( c )2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

Text/たけうちんぐ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話