• love
  • 2015.06.12

男子禁制のガールズムービー!アカペラ部のキャラが濃すぎてテンションぶち上げの『ピッチ・パーフェクト』

音楽プロデューサーになる夢に持つベッカがその歌の才能によりアカペラ部「バーデン・ベラーズ」に引き抜かれ、個性豊かな女子たちとともに音楽プロデューサーになる夢に持つベッカがその歌の才能によりアカペラ部「バーデン・ベラーズ」に引き抜かれ、個性豊かな女子たちとともに全国大会で優勝を目指す——全米の女子に絶大な支持を受けるガールズムービー!

 「ビッチ・パーフェクト」ではありません。
確かに、ビッチのキャラクターも少なくはない。でも、彼女たちが上げていくのはピッチ。それもパーフェクトに披露し、全米の女子を共感と熱狂の渦に巻き込んでいったのです。

 もちろん、その渦に女子以外が入る隙間一切なし。男子禁制のガールズアカペラ部が華麗に歌い上げる、テンションぶち上げのガールズムービーです。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 原田眞人 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 松竹 駆込み女と駆出し男 縁切り寺 離婚 離縁
© 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

 今年、早くも『ピッチ・パーフェクト2』の日本での公開が決定している。その人気の秘訣は本作を観れば一目瞭然。そんなハイテンションムービーの監督を手がけたのは、本作でデビューした、ジェイソン・ムーア。

 主演のベッカを演じるのは、『トワイライト』シリーズや最近では『イントゥ・ザ・ウッズ』でのシンデレラ役が記憶に新しい、アナ・ケンドリック。他にもスカイラー・アスティン、レベル・ウィルソン、アダム・ディバイン、アンナ・キャンプといった個性豊かな女子たちが名を連ね、彼女たちのハーモニーに心を奪われること間違いなしです。

強烈な個性を持った女子たちのアカペラ部が全国大会で優勝を目指す!

【簡単なあらすじ】
 親の勧めで仕方なく大学に入学したベッカ(アナ・ケンドリック)は、DJを仕事にする夢を持つ。興味のないアカペラ部に誘われても断っていたが、シャワー中の歌声を部員のクロエ(ブリタニー・スノウ)に聴かれ、その才能を引き抜かれる。

 彼女が入部した「バーデン・ベラーズ」は以前、オーブリー(アンナ・キャンプ)が緊張のあまりゲロを吐いたことで“汚名”たっぷりのアカペラグループ。そこに集まるのは強烈な個性を持った女子たち。

 ベラーズは、ベッカに気のあるジェシー(スカイラー・アスティン)が入部する男子アカペラグループ「トレブルメーカーズ」をライバルに、全国大会に向けて猛特訓するが……。

「太っちょエイミー」、緊張するとゲロを履く女…個性豊かなサブキャラがたまらない!


 テンションが最後まで全然収まらない。女子たちが全国大会を目指し、衝突を幾度となく重ねながら、団結していく様子がかっこよすぎる。

 アカペラはヒューマン・ビートボックスやボイス・パーカッションを使ってロックからR&B、ジャズやヒップホップまで幅広いジャンルの音楽をアレンジし、オリジナル曲とはまた違う魅力を引き出し表現していく。こう書くと一見地味に思えるが、絶対にそうはならないくらい女子メンバーが皆個性豊かで派手なのだ。

 まず、誰もがレベル・ウィルソン演じる“太っちょ”エイミーが気になって仕方ないでしょう。「陰で“太っちょ”って言われたくないから、自分から名乗ってる」と自らデブを認め、その率直すぎる性格ゆえにコメントの一つ一つが笑いのツボを刺激する。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 原田眞人 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 松竹 駆込み女と駆出し男 縁切り寺 離婚 離縁
© 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

 また、大会の解説者二人の微妙にエロネタを仕込んでくるトークも見逃せない。生真面目で厳しいが、大事な時にゲロを吐いてしまうオーブリーなどのメインキャストのみならず、男子とロマンチックな雰囲気で「放火が趣味なの」となぜか告白するリリーなど、サブキャラがいちいち面白いのです。

ハッピーエンドの結末ってわかるけど、そんなことは関係ない!
この映画は結末に至るまでの過程が面白い!

 「女の子たちが力を合わせて一つに」なんて映画は、今までに何本も作られてきていて。ただ、アカペラでまるでミュージカルのように歌声を重ねて、それぞれのキャラクターがユーモアたっぷりに物語を進めていく映画は珍しいのかもしれない。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと 原田眞人 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 松竹 駆込み女と駆出し男 縁切り寺 離婚 離縁
© 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

 ベッカがジェシーと親交を深めていく過程で、映画が好きではないと告げる。理由は「結末が分かってしまうから」。
いわば本作なんてその典型的なもので、数多くあるサクセスストーリーの中の一作。なのに、それが全米でウケている。その理由はただ一つ、結末に至るまでのその過程がものすごく面白いから。

最初から最後までアクセル全開!


 映画のとびっきりハッピーな結末に至るまで、ベッカが何を乗り越え、誰と恋を育み、オーブリーが何度ゲロを吐くか。
テンションが最初から最後までブチアゲ状態で、気後れする間もなく女子たちがアクセルを踏んでいく。

 最後は「映画ってやっぱり面白い!」とベッカが平謝りするくらいの展開が待ち構えていて、清々しい気分で劇場を後にすることでしょう。

2015年5月29日(金) TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国ロードショー

監督:ジェイソン・ムーア
キャスト:アナ・ケンドリック、スカイラー・アスティン、レベル・ウィルソン、アダム・ディバイン、アンナ・キャンプ
配給:武蔵野エンタテインメント
原題:PITCH PERFECT/2012年/アメリカ映画/112分
( c )2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
URL:映画『ピッチ・パーフェクト』公式サイト

Text/たけうちんぐ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話