• love
  • 2015.04.29

視覚障害者の男女が“音”を通じて惹かれ合う『イマジン』が教える大切なこと

視覚障害者施設に教師として訪れたイアンは、引きこもりがちだった目の見えない女性・エヴァを連れて街に出かける。そこで二人が耳にし、感じたものとは一体何か——。ポーランド映画祭2014で支持を集めた“聴覚”を研ぎ澄ます恋愛映画。

  恋をするときに重要な要素って何でしょう?
顔か、性格か。目か、声か。
顔に惹かれ、目で見つめ合うことのできない男女は、どこに惹かれ合って距離を縮めるのか。

 リスボンの視覚障害者の施設で出会った二人は、“音”だけで距離を縮めていく。それは一体、どういうことなのか。
観る者の“聴覚”を刺激する、全く新しいラブ・ストーリーが誕生しました。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと マシュー・ウォーチャス ビル・ナイ イメルダ・スタウントン アンドリュー・スコット ドミニク・ウェスト パディ・コンシダイン ジョージ・マッケイ セテラ・インターナショナル パレードへようこそ 炭坑労働者 同性愛者 LGSM パレード プライド
Ⓒ ZAiR

 ポーランド出身のアンジェイ・ヤキモフスキが監督・脚本を手がけた本作は、ポーランド映画祭2014でも観客から圧倒的な支持を得ました。

 視覚障害者施設の教師・イアンを演じるのはエドワード・ホッグ。一見アウトローだが、どこか人懐っこい雰囲気を見せる。 イケメン英国俳優の系譜に並びそうなルックスで、今後注目が予想されます。
その相手役、視覚障害者の教え子・エヴァを『ラッシュ/プライドと友情』のアレクサンドラ・マリア・ララが演じ、目には見えない淡い恋心を繊細に表現しています。


目に見えない淡い恋は“イマジン”することで伝わる


【簡単なあらすじ】
 リスボンの視覚障害者施設にやって来た教師・イアン(エドワード・ホッグ)は目が見えないが、白い杖を使わずに歩くことができる。音の反響を利用したテクニックを子どもたちに伝授し、外の世界に出ることの素晴らしさを説く。

 ある日、自室に引きこもりがちだった教え子・エヴァ(アレクサンドラ・マリア・ララ)がイアンに興味を持ち始め、彼女は彼のテクニックを学ぼうと二人でリスボンの街へ出ていく。
車、通行人、海。決して目で見ることのない世界で、二人が耳にしたものとは――。


「反響定位」で聞こえるのは、胸の鼓動なのか


  自然光を利用した映像美と、立体的に反響するサウンド。全編、音響設計がとにかく見事。 右から左、上から下へと立体的に作り上げられたサウンドが本作の特徴であり、映画が映像だけでなく音で構築された芸術であることに、改めて気付かされます。

 本作には 「反響定位」 という手法を教える描写がある。それは音の反響を使って、周囲にある物の位置、距離、大きさを知る方法。実際にこのノウハウを身につけて、健常者の人たちと変わらない生活を送っている盲目の少年がいる。

     
たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと マシュー・ウォーチャス ビル・ナイ イメルダ・スタウントン アンドリュー・スコット ドミニク・ウェスト パディ・コンシダイン ジョージ・マッケイ セテラ・インターナショナル パレードへようこそ 炭坑労働者 同性愛者 LGSM パレード プライド
Ⓒ ZAiR

 イアンはこの手法を用いて、初めてエヴァを連れて外の街に出る。目の前を通る車、通行人を避けながら歩く二人の姿はスリリングだ。
目が見えない分、身体を寄せ合い、肩を掴む。全て耳を頼りにしているため、互いの聴覚が研ぎ澄まされていく。
恋愛映画の描き方として斬新で、人と人との距離、その物の大きさを知る過程は哲学的にも思えてくる。


感情は最も目に見えなくて透明なもの?


 視覚を失った者同士、心を通わせるには耳を澄ますこと。
サングラスをかけて歩く二人は、互いに表情を掴むことができない。目の動きがないため、観客にも分かりづらい。 二人が言葉で、態度で、互いを知り合うしかないように、こちらも二人の感情を探り、想像する時間が多い。

 映画の世界から離れてみて、私たちはどこで相手の感情を探っているのだろうとふと振り返る。思わず目を閉じて、エヴァの感じている世界に寄り添いたくなる。そこで聞こえる“音”に耳を傾ける。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと マシュー・ウォーチャス ビル・ナイ イメルダ・スタウントン アンドリュー・スコット ドミニク・ウェスト パディ・コンシダイン ジョージ・マッケイ セテラ・インターナショナル パレードへようこそ 炭坑労働者 同性愛者 LGSM パレード プライド
Ⓒ ZAiR

 ここまで聴覚を意識する作品は見当たらない。映画は視覚的なものと思っていたが、どうもそうではないらしい。太陽を暖かさで感じ、雲を空気の重さで知り、恋愛を相手の息遣いで触れる。

 反響音で街を歩くイアンをまるで超能力者のように感じるが、もっと目に見えないものに注目したい。それは感情そのものである。
透明な感情を追いかけて、二人は港を目掛けてリスボンの街を歩いていく。それがまるで、恋愛の本質を探る旅にすら見えてしまうのです。


"イマジン”は相手の感情を深く知ること


 イアンとエヴァの掛け合いに、この目が、耳が、一体何のためにあるのかを知る。改めて、視覚と聴覚を意識させられる作品になるはずです。
  目に見えるものが全てではない。“イマジン”することで、相手の感情をより深く知ることができるのでしょう。


絶賛公開中!

監督・脚本:アンジェイ・ヤキモフスキ
キャスト:エドワード・ホッグ、アレクサンドラ・マリア・ララ
配給:マーメイドフィルム
原題:Imagine/2012年/ポーランド・ポルトガル・フランス・イギリス合作映画/105分
URL:映画『イマジン』公式サイト

Text/たけうちんぐ

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話