• love
  • 2014.10.01

新婚以来の旅行で気づく夫婦の真髄『ウィークエンドはパリで』

 付き合っても3ヶ月で感情は薄れる。結婚しても3年で愛は薄れる。
……そんな世間のジンクスが頭の片隅にある。それでなんとなく、30年間夫婦を続けてきた。
そんな熟年夫婦がフランスに向かいました。

 互いに不満たっぷりなので、ちょっとしたことでケンカして、何度も険悪ムードに。これが30年間の集大成なのか。夫婦はやがてこうなるのか。
思わず溜め息をつく。でも、それが深呼吸にもなる。
パリの街並を眺めながら一息入れて、すぐ傍にある愛を見つめ直す。そんな一時はいかがでしょうか。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと パリ 夫婦 熟年
© 2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four Television Corporation.

『ノッティングヒルの恋人』『私が愛した大統領』のロジャー・ミッチェル監督が、新婚旅行のパリに再び訪れた熟年夫婦の絆を描く。
絆といっても互いに毒を吐き、衝突が絶えない。そんな夫婦を演じるのは『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のジム・ブロードベントと、『トスカーナの休日』のリンゼイ・ダンカン。

 本国イギリスで22週に渡るロングランヒットを記録し、パートナーを持つ誰もが共感を覚えたといいます。これは“男と女”という永遠のテーマに挑む映画でもある。
長く愛し合うためにどうすればいいか、そのヒントが多く隠されているのです。


先輩カップルが教えてくれる“夫婦のあり方”


 【簡単なあらすじ】
 結婚30年目の熟年カップルの夫・ニック(ジム・ブロードベント)と妻・メグ(リンゼイ・ダンカン)は、新婚旅行以来のパリへとやって来た。
ブレア首相も滞在していたという最高級スイートにチェックインし、凱旋門や美術館を巡り、フランス料理と旅を満喫する二人だが、ニックが「仕事を解雇された」と告白したことをきっかけに、お互い長年の不満をぶつけ合うことに。

 やがて街でニックの大学時代の友人・モーガン(ジェフ・ゴールドブラム)と再会し、二人は彼のパーティーに出席する。人気作家として名誉と富を得たモーガンと彼の知識豊富な友人たちに囲まれ、ニックは懐かしさと劣等感で心が引き裂かれてしまう。
窮地に立たされたニックのためにメグが告白する、彼への本当の想いとは——。

     

不満を漏らしながら、どこかしら絆を感じる二人


 口を開くと不満ばかり。言い返すとケンカ。我慢してもいつか爆発するから、もうどうしようもない。そんなニックとメグはどこにでもいる夫婦。

 オープニング、週末の混み合った電車の中でゆっくりカメラが引いていき、ニックとメグをさりげなく映し出す。
イギリスに限らず、日本の電車内でもよく見かける幸せそうな熟年夫婦だが、その映し方は普遍的な夫婦の不満と、そこに隠された絆を描いているのです。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと パリ 夫婦 熟年
© 2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four Television Corporation.

 二人とも、とにかく口が悪い。10年以上セックスレスであることについて語れば、「フニャチン見るよりエッフェル塔を見たほうがマシ」だなんて奥さん言い過ぎですよ。
こんな様子で毒を吐きながら、美しいフランスの街並を眺めるギャップ。レストランを決めるのにも、「モダンすぎる」「客がいない」「観光客だらけ」「英語のメニュー」とダメ出し続きで、なかなか決められない。

 互いに不満は積もりに積もる。とはいえ、ニックが道で転んでしまった時に見せるメグの優しさにドキッとする。
どこかで助け合い、絆を深め合う旅になっている。それを感じた時の安心感は計り知れないです。


30年の月日が経つ前に、映画で旅ができる


 とにかく、パリを堪能できる映画です。
凱旋門を始めとした観光地が一気に楽しめる。オペラガルニエ、プラザアテネ、モンマルトルの丘、ロダン美術館、ポン・デ・ザール橋、エッフェル塔……まるでニックとメグとともに旅をしているような錯覚を覚えます。

 特に、モーガンのパーティーを抜け出して二人が仲直りをするポン・デ・ザール橋のロケーションといったら…。
セーヌ川が流れて、その上でニックとメグは絆を深め合う。毒を吐き続ける二人だからこそ、時に甘い言葉を呟いてしまったら心が溶けてしまいそう。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと パリ 夫婦 熟年
© 2013 Free Range Films Limited/ The British Film Institute / Curzon Film Rights 2 and Channel Four Television Corporation.

 熟年夫婦であることを忘れて、30年前の新婚旅行を匂わせる描写がところどころ散りばめられる。その度に、結婚っていいなって思えてしまう。
この歳になったら喘ぎ声なんて階段を昇る時にしか出さないけど、二人でパリ中を歩いて息を荒げることこそが“夫婦”そのものなのでしょう。

     

夫婦の30年後の姿


 ニックとメグはどこかで見た夫婦、あるいはこれから見る夫婦の姿なのかもしれません。
日常から遠く離れて、異国の地で新しい風に吹かれる夫婦の旅。
30年の月日が経つ前に味わえるのは、かなり得した気分?


   

シネスイッチ銀座ほか全国公開中!

監督:ロジャー・ミッシェル
キャスト:ジム・ブロードベント、リンゼイ・ダンカン、ジェフ・ゴールドブラム
配給:キノフィルムズ
原題:Le Week-End/2013年/イギリス映画/93分
URL:映画『ウィークエンドはパリで』公式サイト

Text/たけうちんぐ

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら