• love
  • 2014.09.24

一回目の結婚は失敗する!呪いのジンクス回避のため当て馬となる男を誘惑するが…『バツイチは恋のはじまり』

 指輪をプレゼントしてくれたのは、理想の結婚相手。
イケメン歯科医の彼なら、幸せで安定した生活が約束される。行きつけの美味しいレストランで食事を取り、ボーリングをして、毎週金曜日は部屋の明かりを消して愛し合う。 待ったなしで、さあ結婚!

 ……といきたいところなのに、どうして今ケニアで他の男と荒野を歩いているの?
しかも、なんで結婚を申し込んでいるの?
これは、幸せな結婚を前にバツイチになろうとする女の物語です。

 
たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと バツイチは恋のはじまり 結婚 離婚 バツイチ ファントム・フィルム フランス
©2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN

 結婚相手の前に離婚相手を探すという破天荒なストーリーは、フランスで生まれました。
『ハートブレイカー』のパスカル・ショメイユ監督が手掛けるのは、フランス映画祭2014で観客賞(最高賞)を受賞したロマンチック・ラブコメディ。世界中で絶賛を浴びた『最高のふたり』製作陣が贈る、美女と野獣のちょっとおかしな物語です。

 ジンクスを恐れてバツイチになろうとする主人公・イザベルを『ナショナル・トレジャー』『イングロリアス・バスターズなどの国際派女優のダイアン・クルーガーが演じ、彼女に“離婚相手”の標的にされて本気で恋をしてしまう悲しい男・ジャン=イヴを『ミックマック』などのダニー・ブーンが演じます。
騙す方と騙される方の駆け引き。笑いと驚きに満ち溢れたストーリーは一瞬の隙もなく、イザベルの結婚の行方に目が離せません。


幸せの条件、それは“離婚”すること!


 【簡単なあらすじ】
 イケメン歯科医の彼氏とパリで同棲中のイザベル(ダイアン・クルーガー)は、幸せ街道まっしぐら。何の障害もなく結婚秒読みの彼女だが、大きな不安を抱えていた。 それは「一度目の結婚は必ず失敗する」というイザベル家に代々伝わる、呪いのようなジンクス。

 彼氏との結婚を数ヶ月後に控えたイザベルは、その結婚を「二度目」にしようと企む。急いでもう一人の結婚相手を見つけ出し、数ヶ月の間で離婚をする。バツイチになれば彼氏との結婚は上手くいく。そう思い込んだ彼女は空港で偶然出会ったジャン=イヴ(ダニー・ブーン)をあの手この手で魅了し、彼の世界半周旅行に同行することに。

 旅先でライオンに追われ、車を盗まれ、なぜかマサイ族の結婚式に参加することになるイザベル。理想の彼氏とは正反対のジャンだが、どんなに悪態をついても彼は笑顔で許してくれる。
“離婚相手”のはずが、ジャンに惹かれ始めてしまう——。

           

幸せのために、そこまでする?


 これはもう、男にとって天敵以外の何者でもない。
自分の幸せのために「奇跡」「運命」「愛」という言葉を並べてジャンを誘惑し、“離婚相手”として標準を定めるイザベル。出会った時は「この男ウザい」って態度を見せていたのが、いざバツイチ相手に選ぶと色っぽい目つきで誘い、ソフトにボディタッチをして、セクシーな服に身を包む。全く、恐ろしい子です。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと バツイチは恋のはじまり 結婚 離婚 バツイチ ファントム・フィルム フランス
©2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN

 とはいえ、これもすべて本命の彼氏との生活のため。ジャンの聞きたくもない自己紹介に長時間付き合わせるイザベルの強引さも、微妙にかわされてしまう姿も憎めない。小悪魔になりきれない演技が愛らしいのです。

 偽りの婚活旅行がコンゴまで到達し、マサイ族が出てくる下りは笑いが止まりません。
バツイチになるために部族と関わり、一度目の結婚を取り付けるその行動力がなんとも滑稽で、幸せのためなら手段を選ばない女の狂気すら感じます。


安定した生活を望むか、冒険するか


 この映画が単なるロマンチック・ラブコメディに落ち着かないのは、人生の選択の岐路で迷う女性をきちんと描いているからです。
イケメン歯科医の彼氏と結婚すれば、安定した人生が約束されるでしょう。でも、ジャンと結婚すれば毎日アドベンチャーに似た刺激的な人生が待っている。イザベルの旅はただのバツイチ相手を探すものではなく、本当の意味で旅になったのです。

 毎日代わり映えのしない職場と家の往復。毎日同じように愛してくる彼氏。決められたレストランで食事を取り、決められた曜日にセックスする。それが幸せと言えるのか?
イザベルの心は呪いのジンクスを破るための一度目の結婚相手と、本命である二度目の結婚相手の狭間で揺れ動く。

たけうちんぐ 映画 死ぬまでには観ておきたい映画のこと バツイチは恋のはじまり 結婚 離婚 バツイチ ファントム・フィルム フランス
©2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN

 ジャンと結婚し、すぐさま離婚しようと奮闘するイザベル。いきなりビンタしたり、大事にしている棚を倒したり、パーティーで失礼な発言をしてみたり。それでも笑って許してくれるジャンの寛大さと、彼と一緒にいることで得られる刺激。まるで冒険のような彼との日々に、イザベルは離れることできなくなる。

 ウソがホントになっていく。演技が本心になった時、それは「一度目の結婚は失敗する」というジンクスだって軽く超えてしまうのかも知れません。

愛に満ちた男に惹かれないはずがない!


 イザベルとジャンの珍道中、本命の恋人がいることを隠すスリルと、離婚するために嫌われようとする仕草で終始笑いっぱなしです。

 どんなトラブルが起きても平然とするジャンはある意味最強。
イザベルが引くほど愛に溢れた男なので、彼女が次第に惹かれてしまうのも分かります。


 イザベルが選ぶのは、結局どちらの彼なのでしょうか。 あなたが下す決断は、どっち?



ヒューマントラストシネマ有楽町ほか公開中!

監督:パスカル・ショメイユ
キャスト:ダイアン・クルーガー、ダニー・ブーン、アリス・ポル、ロベール・プラニョル、ジョナタン・コアン
配給:ファントム・フィルム
原題:Un plan parfait/2012年/フランス映画/104分
URL:映画『バツイチは恋のはじまり』公式サイト

Text/たけうちんぐ

あわせて読みたい

新作映画
映画3選まとめ

関連キーワード

ライタープロフィール

たけうちんぐ
ライター/映像作家

今月の特集

AMのこぼれ話