• love
  • 2012.03.07

恋とオシャレの関係『されど“服”で人生は変わる』

clothes
clothes By Thing Three

 服が女性の人生や恋愛に与えるパワーについて語られた、ファッション・エッセイ。
齋藤氏は男性は本命の彼女には必ず“頭のよさ”を求めているといいます。
勉強ができるということではなく、知性。
そして、それを判断されるのはほとんど「“会話”と“見た目”」のみ。
そのためには、愛され服とは決してふりふりのものではなく、「頭がよさそうなコーディネート」を指すというのです。
知性=クールな服ではなく、もちろん可愛さも絶妙にブレンドされている服。
今度好きな人に会う時に着る服を決めるのが、楽しくなりそうな提案ですね。
 また、齋藤氏は彼との相性が一番わかるのは、「カジュアル服の相性だ」といいます。
カジュアルこそ、日ごろの充実や、生き方が現れる。
そこが合わなければ相性は残念ながら悪いといえるのだとか。
もし、休日デートの服装が今いち彼とちぐはぐだな、と感じたらぜひあなたから彼に合わせてみて。
コツは彼のボトムアイテムを真似ることだそう。
 恋愛に関することだけでなく、自分に合う服の見つけ方や黒の着こなし方まで、ファッションに関わることならなんでも掲載している本書。
デートや飲み会など、気合を入れる前日に読むと、一気に女性としての気分がアップしますよ♪


されど服で人生は変わる

書名:されど“服”で人生は変わる
著者:齋藤薫
発行:講談社
価格:¥1,575(税込)





Text/AM編集部

関連キーワード