• love
  • 2013.04.13

リリー・フランキーとみうらじゅんが語る妄想をかきたてる美女『女体の森』

女体の森 みうらじゅん リリー・フランキー 扶桑社
By Robynlou8

 

 本書は、雑誌『週刊SPA!』で連載されたみうらじゅんさんとリリー・フランキーさんの対談をまとめたものです。

 約7年間に渡って、グラビアアイドルをテーマに美女の定義について語り合い、名前が挙げられたグラビアアイドルは述べ300人。 グラビアをこよなく愛する2人ならではの、男性の本音がビッシリ収録されています。

 例えば、2012年にイケメン会社員とできちゃった結婚し、第一子を出産。
すっかりママキャラが浸透している熊田曜子のグラビア全盛のころについて。
みうら氏は「2000年代のグラビアは熊田曜子がリードしていると思う」と語り、彼女の良さは海女的な磯の香りだったと分析しています。
一方、リリー氏は「サザエの壺焼きの奥のほう」と表現。大人しかわからない苦味、磯っぽさが彼女の魅力だったと説明。
今の女性には磯っぽさが足りないのだとか。

 独特の視点から語られる、妄想エロトーク。
男性の妄想をふくらます現代の美女とはどんな人?
男性はもちろん、女性も笑えて楽しめる1冊です。

女体の森 みうらじゅん リリー・フランキー 扶桑社

書名:『女体の森』
著者:みうらじゅん リリー・フランキー
発行:扶桑社
価格:¥1,260(税込)

Text/Yuuko Ujiie

今月の特集

AMのこぼれ話