• love
  • 2012.02.24

落ち込んだ時に読みたい『ファム femme 女として女優として』

jane-birkin By jerine
jane-birkin By jerine

 恋がうまくいかない時、仕事で行き詰まりを感じた時。友達にすべて打ち明けるほどではないけど、誰かの助言がほしい。
そんなときに読みたいのが今回ご紹介する『ファム femme女として女優として』。
 『ファム femme』は、ジェーン・バーキン、オードリー・ヘップバーンら往年の女優から、 アンジェリーナ・ジョリー、シャーリーズ・セロンなど現在華々しく活躍する女優まで、 彼女たちの名言や生き様を美しい写真と共に紹介する大変人気のあるシリーズです。
『ファム femme 女として女優として』はシリーズ第一作目で、60's~70'sに活躍した女優たちのライフスタイルと名言をメインに掲載しています。

 ジェーン・バーキンは、若いときから子供を産みたいという思いが強く、 3人の男性との間に3人の女の子を授かりました。
自分の経歴を輝かせることよりも、家族を愛し自然体でいることを選択した彼女。
どんなに有名になっても、自分が一番大切にしているものを最優先にする生き方は譲りませんでした。

 また7人の男性と8回の結婚、離婚を繰り返した、エリザベス・テーラー。
彼女は「私って野心的なの。ドアの向こうに何が待っていようが怖くないもの」
「家庭の主婦のふりをしようなんて思っちゃいないわ」など、女優らしい激しい名言を残しています。
時には、彼女のように強気でいってみるのもいいかもしれません。

 女性には、母、妻、恋人、またキャリアウーマンまで、たくさんの顔があります。
そしてそのどの顔にも周囲を明るく照らし出すような輝きが備わっているのです。
悩んだときは、本書のようなそれぞれの女性たちの姿を参考に、あなただけの輝きを見出してみてください。


ファム

書名:『ファム femme 女として女優として』
発行:二見書房
価格:¥1,050(税込)






Text/AM編集部

関連キーワード