• love
  • 2013.01.31

ときめきを探してパートに出た妻の行く末は?『女子虫』

女子虫 宮崎誉子 幻冬舎
By the cardinal de la ville

 自分のことをかわいいと思ってうぬぼれている新人教師。小学生のくせに大人びた眼差しで見つめてくる生徒。月に2回は仮病をつかう妻。自分を取り囲む女性の様子を静かに受け止める小学校教師の東。

 子供はいない。夫は自分には無関心。韓流グループに情熱を注ぐことにだけ費やされる毎日。思い描いていた40歳とは違う日々を送る東サユリは、ときめきを求めてパートに出ることを決意する‥‥‥。

 本書は、小学校教師の東『自慢の娘』『男子、一生の仕事』、東の妻サユリ『女子虫』、東の教え子のアヤメ『人間姫』という4つの視点で構成された連作小説です。独特な会話を中心に女性の生態を細かく描いています。

 『世界の終わり』で第3回リトルモア・ストリートノベル大賞を受賞し小説家デビューした著者による切なくもおかしい女性たちの生き方。

女子虫 宮崎誉子 幻冬舎

書名:『女子虫』
著者:宮崎誉子
発行:幻冬舎
価格:¥1,470(税込)

Text/Yuuko Ujiie

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話