• love
  • 2012.11.15

この穴には、いったいなにが潜んでいるのだろう『女の穴』

女の穴 ふみふみこ 徳間書店
By Mysi

 主人公は地球人の体を借りているという女子高生、鈴木幸子。地球人の子供をつくるように命令を受けているという幸子は、担任教師に性行為を求め続けます。無感情に……。教師がそこに感じたのは深く、暗い、なにがあるのかわからない“穴”でした。
 本書は、表題「女の穴」を含んだ全4編の短編集です。ほかに、死んだ兄を人面瘡として後頭部に宿し続ける妹、兄妹の愛情を不気味にそして純粋に描いた「女の頭」。」クラスの美少年に恋するホモ教師を豚扱いしていたぶる女子高生のいびつな片思い「女の豚」。「女の豚」を別の視点から書き下ろした「女の鬼」で構成されています。

 2006年に4コマ漫画『ふんだりけったり』で講談社「Kiss」第11回ショートマンガ大賞・佳作を受賞。近著では、女装癖のある中学生男子3人のラブストーリー『ぼくらの変態』を連載中の期待の新鋭・ふみふみこの処女作。

 女は怖い? それとも優しくて愛情深い? 読み手が置かれている状況によっても感じ方が変わるようなシュールで独特な世界観。さあ、あなたは穴の向こう側でなにを思う?

女の穴 ふみふみこ 徳間書店

書名:『女の穴』
著者:ふみふみこ
発行:徳間書店
価格:¥650(税込)

Text/Yuuko Ujiie

関連キーワード