• love
  • 2012.10.03

由緒正しき女子大を舞台にした女子3人の物語『けむたい後輩』

けむたい後輩 柚木麻子 幻冬舎
©Late night By reverses

 小さいころから体が弱く、1人娘として親から過保護に育てられてきた真美子。中学生の頃に入院していた際に読んだ詩集『けむり』に感銘を受け、その著者・栞子が通う由緒正しい女子大“フェリシモ大学”に入学しました。
ある日、真美子は栞子が教授室で史学部教授の蓮見先生といちゃついている姿を目撃してしまいます。憧れの詩人との出会いに酔いしれていく真美子。一方、真美子の親友である美里は、この出来事を面白くないと感じています。さらには、蓮見先生が美里に心を奪われるという出来事まで‥‥‥。

 著者は、女子校の出来事を描いた短編小説集『終点のあの子』でデビューし、女性目線の小説を書き続けてきた柚木麻子さん。本書に登場する栞子は『終点のあの子』に登場する自意識過剰なキャラクター・朱里のもう1つの姿だといいます。

 お嬢様学校を舞台に繰り広げられる物語。タイプの違う女子3人の、自尊心と劣等感を痛切に描いた泥沼の群像劇です。

 あなたは、自分勝手な栞子タイプ? それとも、世間知らずのお嬢様である真美子? 美しい容姿を持ちながらも努力家である美里? 三者三様の気持ちがぶつかり合う、女性なら誰もが心を揺さぶられる1冊です。

けむたい後輩 柚木麻子 幻冬舎

書名:『けむたい後輩』
著者:柚木麻子
発行:幻冬舎
価格:¥1,575(税込)

Text/Yuuko Ujiie

関連キーワード