• love
  • 2012.09.16

前田敦子のスキャンダルが記憶に新しいAKB48から現代を読み解く『AKB48白熱論争』

AKB48白熱論争 小林よしのり 中森明夫 宇野常寛 濱野智史 幻冬舎
©Chinese cute girl by Mr.nomind

 先日、AKB48を卒業したばかりの前田敦子がお酒に酔って俳優の佐藤健にお姫様だっこをされておしり丸出しで帰宅する様子が週刊文春によってスクープされました。AKB48といえば、恋愛ご法度がルールなのは周知の事実。この出来事が起こったのは、卒業後に初めて行われたイベントで「恋はしたいです」と宣言した直後のことでした。

 本書は、『ゴーマニズム宣言』などの作品で知られるAKBの熱心なファンの1人小林よしのり氏が自ら責任編集を務める雑誌『わしズム』のなかで、ファン3人と語りあった座談会を一冊の本にまとめたものです。
ちなみに、小林氏は前出の出来ごとが起きたあとブログで「だらしねえ!だらしねえんだよ!あまりにも早くだらしねえんだよーーーーーーーっ!敦子、恋愛するなら『マジ』でやれよーーーーーーーっ」と心の叫びを訴えていました。
まさか前田敦子がこんなことになるとは…著者たちの悲しみは計り知れません。

 総選挙という切り口でメディアからの脚光を浴び続けているAKB48。AKB48の魅力と、現象を通して分析する現代文明論。さて、日本男児がここまでAKB48に入れ込む理由とは?
恋愛できないアイドルたちの姿が彼らにはどう映っているのでしょうか。

AKB48白熱論争 小林よしのり 中森明夫 宇野常寛 濱野智史 幻冬舎

書名:『AKB48白熱論争』
著者:小林よしのり、中森明夫、宇野常寛、濱野智史
発行:幻冬舎
価格:¥882(税込)




Text/Yuuko Ujiie

関連キーワード